CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

JeffBeckが好き・・・ブログ!

アコギとエレキのギターが大好きで正体バレバレの怪しい初老おやじのブログです。
ワシは頚椎ヘルニアに悩み、半ば家族にも見捨てられながらも必死に己の趣味の世界に没頭するのです。
さぁあなたも一緒に填まりましょう。
人生最後の新車?レポート

JUGEMテーマ:車/バイク

今年の8月末に8年乗ったHONDAのAIRWAVEを下取りに出し、HONDAのSHUTTLEを購入した。

以前にシビックシャトルというアウトドア向けな車も80年代にあったと思うが、FITのSHUTTLEシリーズから独立した車名となった。
AIRWAVEを購入した基準は荷台の広さ。そしてある程度の燃費。
2008年に購入したとは言え、デザインも性能も2004年ころから開発され市場に出回ったのは2005年頃か。
購入した時は全てが快適であったが、14-15Kmがせいぜいの街乗りの燃費と乗り心地、そして静粛性でも200Km走るとそこそこ首や腰に疲れが来る。
そうして高速道路を最初の2年は毎週走るため、冬場の塩化カリウムに下回り、タイヤハウス、フェンダーの裏までサビが上がってきたのが乗り換えの一番の理由だ。
代わりの車をあれこれ半年近く調べていましたが、.魯ぅ屮螢奪鉢■WD2拌罎旅さぞ茲蠖潅廊デ拡餃イ手頃価格?Ρ薪召楽しい
などの条件をすべてクリアするのは今の日本車ではSHUTTLEしかなかった。
本当はスバルのレガシーが欲しかったが、ハイブリッドや燃費と価格で断念。
以前のAIRWAVEと色も形も同様なステーションワゴンで、ご近所からも乗り換えたのを気づかれていない。

 

実際に車を走らせてみて3か月で2000Km走ってみたので今日はレポートを少し。

まず最上位のZというシリーズを購入した。

しかしマイナーチェンジ直前の在庫車があったので値引きの厳しいハイブリットはここを狙った。
5万円引きが15万円引きになったりするので、シリーズの最終型はクレームも少なくかえって好都合なのだ。

 

そして今回は人生最後の新車とうたい、付けれるオプションは何でも付けた。

もちろんカーナビもフルセグで荷台にはゴムマットのラバーを純正オプション品の中からチョイスした。
まだ慣れないがバックカメラをモニターで見ることが出来て、更にドライブレコーダーも装備。
タイヤも夏冬アルミホイル付きとし、後付けでレーダー探知機も高性能なものを設置した。
これでPA機材のスピーカー、スタンド、エレキとアコギとエフェクターとアンプまで何でも積み込むことが出来る。
また60歳になったら還暦旅行に車で出かけようと思っているので、荷台で寝れるスペースも何とかある。
道の駅などで宿泊しながら九州までいってみたいと思っている。(あと2年か?(笑))

 

シートは猫の毛が挟まりやすい生地から素材も変わり感じが良い。

また首と腰のサポートがそこそこあり、先日は日帰りで660Kmを走破したが何とか持ちこたえた。

HONDA車は悪路に弱くオンロード専用な感じがあり、また高速も橋の継ぎ目をバタンバタンと拾いやすかったがこのSHUTTLEは違った。

レガシーまでとはいかなくとも車体の剛性感が向上しているのが解る。

 

燃費も街乗りで17-18Km、遠乗りで最高20Kmくらいは行きそうで大変満足している。

エンジンもEVのモーターで動きだし滑らかに加速する。

1500CCにモーターな訳ですが、Sモードに切り替えた直後の馬力は2300CCくらいのトルクを感じる。
20代で乗っていたTOYOTAの2TGを思い起こす吸気音が、ワシの右足を力強く踏ませてしまう快感がある。
そしておそらく実測も当時のセリカ・トレノ・レビン・カリーナなどのGTをしのぐのであろう。
追い越しの機敏さも圧巻だ。楽に加速が出来るのでハラハラしないですむ。
ZとXシリーズ以上に装備されるパドルシフトはF1のようにシフトダウン・アップが出来るもの。
これを触り始めるとまた楽しくてしかたがない。
エンジンブレーキはLモードにすると強烈にかかるが、軽い下り道などはパドルシフトダウンすればOKだ。
ハンドルに付いたオーディオのリソースの切り替え、音量の上下、ipodの曲の早送り、戻し、スキップなど楽ちんであるし、電話がスマホからブルートゥースで応答できハンドルのマイクで声を拾ってもらえる。
この5年以内に車を購入した人は当たり前なことでしょうけど、相当に快適で安全なものになっています。
これ以上ない満足感で、この先10年は乗っていけるものと信じている。
ハイブリッドを買おうと思っているなら、減税の補助がある今はやはり替え時なんだと思うし、燃費は早く改善した方が良い。
自動車保険も安く済むので良いことづくめだ。
最後にここには書き切れない良い所も沢山あるし、気になるところが無い訳でもないが、北国でスキーが大好きな人、アンプや鍵盤、ドラムセットなどを運搬する人、家族でキャンプが好きな人、ゴルフへ4人でバッグを積んで行く人などには重宝する車であることには間違いない。
| | 21:03 | comments(0) | - | pookmark |
しようがない。
JUGEMテーマ:車/バイクうちには今まで車が一台しか無かったが、昨年息子が、そして今年は娘が就職に備え自動車運転免許を取得した。
息子は判断が鈍く、常に指示を出さないと運転はまだ危ないので、ワシの同乗が必要だった。
娘はそこそこ度胸があるのだが、いずれにしても二人ともバックが超苦手である。
とにかく練習もしないのだから上手くなるはずもない。バックさえできれば二人とも多分ある程度、運転できるだろう。

そして3月12日から娘は勤務を始めた。本格的には4/1付けだが、その準備もありある大手の旅行会社の100%出資の子会社が、新聞に1月頃掲載されており、ワシが軽い気持ちで「姉ちゃん、受けてみたらいいべや?」と話したのがきっかけだった。
正社員ではないものの、今後試験を受けると正社員化もありうることと、大手の名前に引かれたこともある。
また皆が、同期入社となり年齢も上の人もいるが、出向社員以外は全員が平等なスタートラインに付き、変な伝統が無いこともあるのだろう。

ま、好きにやらせるのですが、車の運転をしないと二人ともペーパードライバーになってしまうので、土日だけでも専用車で運転できるように中古の車を昨年あたりから考えていた。

年式は古いがたまたま新車に買い換える人が回りにおり、これを譲ってもらった。凹みも少しあるが、そんなのは関係ない。
運転を覚えることが出来、車体も良く整備され、まだまだ4万〜5万Kmは乗れる車である。
エンジンの排気量はワシの車と同等であるが、ボディが短く軽いためかキビキビと走ってくれるようだ。

カーナビは付属せず、MDとCDとラジオのみのシンプルなインパネ。
しっかりとホールドするスポーティーなシートは、ワシの車よりも遥かに運転していて楽しいかもしれない。
その車の保険の手続きを21歳以上で限定して新規契約をして、まずは親がレールを引いてやる事にする。

後の手続きは名義変更だ。前の所有者はディーラーになっているので、譲渡関係の書類は揃っている。昨日、印鑑証明書も取った。
本日、車庫証明書を取るため、半日お休みを取り、警察署へ行った。
昨日の男性の案内の方は実に丁寧に説明してくれたので安心して署に向かったのだ。

だが、窓口は女性で、びしっと気合が入っている。
どこかツンツンした命令口調が、交通違反でもしているもののように言われ気に入らない。
しかも記入例のコピーは、何度も繰り返されているのか、まるで昭和の資料をそのままコピーして使っているように見辛かった。

「車名」という記入欄があり、車検証をみると、大手車メーカーの企業名しか記載されていない。
「車名」とはなんぞや?普通は「(例)ニッサン スカイライン」とか、記入するのではないのか?
そう、思い親切に書いて4連紙の記入と車庫の配置図などが完成した。

その車庫証明のチェックする女性は「車検証の車名にそうんな風には書いていないでしょう?メーカー名だけで良いのです。訂正し訂正印をついてください。」
と云われたので「(例)ニッサン」と「(例)スカイライン」の両方を訂正し、訂正印を押印した。

すると「(例)ニッサン」だけは残して「(例)スカイライン」だけを消してくれれば良かったんです。
「(しようがないわねという顔をして)もう一部、4連紙をあげますので、最初から記入をやり直してください。これ2度の訂正は出来ないことになっています」
と、またビシっと云われてしまった。

とほほほ、こういう所では、年齢も性別も仕事も人柄も何も関係ない。
淡々とルールにそった手続きを取ってもらい、変に親切心なんか持っていても、どうにもならないのかもしれません。

しかし、一言「こっちだけ訂正すればいいですからね」って云ってくれればいいのに。
そう思うと、ワシはプリプリと腹が立って、シャカシャカとボールペンを走らせ、もう一度チェックして提出した。

それを息子は黙ってみていた。ワシが怒っているのは解ったようだが、怒っている理由は見ていても解らないみたいだった。
そんなことは、もういい。明日にでも車庫証明が取れると思ったら、明後日29日の発行になるとのこと。

しようがない。明後日は一日休みを取って朝から陸運局に行く予定だったが、一度警察署へ寄ってからの出発になる。
年度末で相当に混むとの話もあり、気も重いが個々まできたら、自力で手続きを負え、3万円の経費を3千円で済ませたいところだ。

どうして、こんなにしようがないことが、世の中、多いのだろう。みんな車業界の人は、こうやって我慢しているんだろうなぁ。
やっぱりそれはしようがないことなのかなぁ。
| | 21:34 | comments(10) | - | pookmark |
乗りたくない?
JUGEMテーマ:車/バイク
 半年もかかってやっと、やっとでした。
かなり厳しかったようです。

勉強も技能も・・・。
たかがこんなものに半年もかかって・・・。

だから夏休みに取っておけば・・・。
と、ぶつぶついってましたが。

ワシは2か月くらいで取得したはず。
なんでうちの愚息は半年もかかっていたのか。

運動神経 ”0”
足首も関節も運動音痴で曲がらず固い。

もちろんエレクトリックな知識もないし。
ヒーターの調整すら出来ない。
あ、今はエアコンというのか・・・。

車は興味が無いがとにかく必要みたいだから取るか。
オートマチックでいいと思ったが父親がうるさいから
マニュアルにしただけのこと。

これが最終的に息子を苦しめたのです。
坂道発進。オートマなら確かに楽ちんです。

しかし将来運送業やタクシーの運転手など、マニュアルで無ければ
務まらない職種もあります。

学科も実習も、不器用で飲み込みも悪く、更に勉強もしないから
だらだらと半年もかかったのです。

苦労した分、しっかりと覚えることが出来たのか?
本免許も最終の学科試験(手稲運転試験場)も一発だったようで
心配はしていたのですが、相当に嬉しそうであります。

問題は、、、誰も一緒に乗ろうとしないことです。
まぁ普通は冗談じゃないと思うだけですが、家の者は口に出して
露骨に乗りたくないと言います。

最初は誰も信用できないと思うのでしょうが、ワシは明日から
助手席でウダウダいいながら、コーチングをするのでしょうか。

運転そのものよりも、車庫入れで車を擦りそうな厭な予感もします。
まぁ、頑張れ・・・。でもぶつけるな・・・。

ワシも思い当たるが、最初は擦るよなぁ〜。
やっと今年が初めての車検でまだまだ目立つところは無いんだが・・・。
しょうがないよな〜。とほほほ。
| | 22:17 | comments(8) | - | pookmark |
WONDER2(続き)
JUGEMテーマ:車/バイク
 昨日の続きです。カバンの中にもうひとつ、いやもう一台入ってました。

20110106-230748.jpg
TOYOTA2000GTです。
ワシが就職して間もなく、何にもない日本海沿いの町に就職したのですが、仕事中にお邪魔した実家が漁業で息子さんが大工をしているという家をお邪魔した際に、車庫に入っていた車がこれです。

20110106-230714.jpg
当時でも1000万円を超える価格で取引されていたというTOYOTA最高峰の名車スポーツカーです。
あの007のボンドカーにも採用されたという流れるような美しいフォルム。
そして実物は決して大きくないのにグラマスなボディに見えるのはやはりデザインの良さでしょう。

2000ccの6気筒エンジンは150psを誇り当時220km/hの最高速度でした。
プロトタイプが1965年に製作され1967年に市販されましたが価格は国内最高峰のクラウンの倍の価格238万円といった気が遠くなるような価格でしたので、これをポンと購入できる人は相当なお金持ちだったそうであります。

これまでの生涯で何度かしか走ったのを見たことがないですし北海道では雪も多いことから所有者は少なかったのではないでしょうか。


ところで、今日の悪天候、雪かきで大変だった人も多いと思います。
ワシは残業して地下鉄〜JRの経路で帰宅だったのですが、新札幌のホームで20分以上、突っ立っていたら相当に体が冷えました。
皆さん風邪を引かないように。明日がさらに寒気が入るようです。

連休の10日にもさらに荒れるそうですが、毎日予報が変わるので車やJR、飛行機など予報を注意する心構えが必要なようですね。
| | 23:24 | comments(4) | - | pookmark |
WONDER
JUGEMテーマ:車/バイク
 今、WONDER COFFEEを購入するともれなくおまけがついてくる。
おじさん心を揺らす素晴らしいものだ。

20110105-224424.jpg
アサヒ飲料の唐沢寿明部長が宣伝するあれだ。(笑)
宣伝部長がセレクトしたという、「蘇る名車コレクション」
どんなんかんなぁ〜。

20110105-224352.jpg
これはランボルギーニの三浦さんだ。いやミウラだ。
V12気筒の4000CCのエンジンを搭載している。当時250Psという化け物だった。

20110105-224320.jpg
ちょっとボケてしまった。ごめん。
TOYOTAのS800(SPORT800)であります。
1965年に大衆車のパブリカをベースに作られたスポーツカーだった。

20110105-224254.jpg
これもちょっとボケたが日産の初代シルビアでありんす。
1965年ダットサンフェアレディ1600のシャシーをベースに高級クーペとして発売された。
デザイナーにはドイツのアルプレヒト・ゲイツが関わっていたらしい。美しい車だった。

20110105-224225.jpg
出ました、ランチア・ストラトス。名前がエレキのストラトっぽくていいじゃないですか。
WRCラリー制覇のために作られたイタリアの名車だ。
1974-1976年の3年連続で優勝したという2.4LのV6エンジンで190psを誇った。

20110105-224153.jpg
最後はまたまた日産のスカイラインGT-Rでありんす。
羊の皮を被った狼の初代からエレガントな「ケンとメーリーのスカイライン」です。
6気筒エンジンに1気筒あたり4バルブ、合計24バルブと今となっては当たり前のスペックだが1972年の当時としては驚異的なものだった。
馬力こそ160馬力であったがウェーバーのキャブレターが空気をズボズボ吸い込む吸気音は豪快だった。
たった197台しか製作されなかった希少モデルのため中古車は当時でも500万円-700万円で取引されていた。
ワシが20歳頃助手席で乗った箱スカイラインですら1000万円。
もう二度と試走すら出来ないであろう。

古き良き時代を思い出させてくれるこのWONDER珈琲缶は弊社売店で100円で売られている。
ちなみにどれもチョロQなので立派にダッシュしますよ。
| | 23:12 | comments(8) | - | pookmark |
内緒だ
JUGEMテーマ:車/バイク
 今の車に乗って丸二年が経過した。新車だったんだがいつの間にか臭い車になっている。
ペットを連れて病院へ行くだけでも臭くなる。しゅーしゅーしても駄目だ。

単身赴任時代はあちこちの駐車場に停めていたのだが、いつの間にか小さな笑窪も・・・。
ガンメタリックに近い色なので埃も汚れも目立たない良い車だと思うが、いささか最近は非力さを感じてきた。
もっともレンタカーは1800ccなのだが例のよってレガシーの2500ccが借りれたりするもんだから、高速も一般道も楽で楽でやめられまへん。
もう単身赴任じゃないからもう少し馬力のある車も欲しいんだけど、まだまだ乗り潰さなきゃならないし。
で、昨日二回目の1年点検をやりました。オイルとデフオイルを無料で交換してもらえました。

で、デイラーさんにも中々聞きづらい話なんですがね。
前から車が渋滞してノロノロ走っている時なんか、DVDとか地デジを見たいとか思うわけなんですよね。
ワシが見なくても助手席から見れるといいなぁとか。

例えばナビで、信号待ちの間に目的の場所を設定中に信号が青になりあとワンタッチで設定完了するときとか・・・。
HDDに入っている曲をちょろっと検索したいなとか・・・。
特別に運転に余裕があるわけではないのですが・・・。
操作したり、見れたらいいなぁと、この2年我慢してきました。

で、ネットで自分のナビのメーカーや、カーオーディオやナビのページを探して、自分の車種とナビの型番で、何とか自分で出来ないか検討を進めてきました。

で、今日は会社の仕事は休暇を消化するため、在宅で2・3時間仕事をして、後は車イジリに精を出しました。
コンソールはこうやって外れるのか?

そしてHDDナビを外す方法を、写真や図解を見て考え、なるべく傷をつけないようマスキングテープで処理して外したりしました。
そんでもって、ネジの場所もいろいろ調べて、そのとおり外しました。

作業も大詰め。ある配線を、ニッパで切断し、それをあるところに皮剥きした芯線を撚りながら固定します。
この辺が企業秘密らしいですが、かなりネットに情報が落ちてまして、慎重に確認しながら作業をしました。

恐る恐るエンジンキーを回し、まずはカーナビやHDDに蓄えた300枚以上のCD音源を確認しまして、一安心。
次はテスト走行です。ゆっくり走って地デジが映るのを確認できました。
達成感もあり、直ぐに配線をテーピングして、コンソールを固定しビスで留めました。

でも、やはり、操作は停車中にするものなので、これはあまりイジらないほうが賢明ですよね。
判ってはいたのですが、はやり運転中に画面を凝視したり、操作するのはいけないことなんですよ。
何ですが、ちょっとキョロキョロしてみたいときもあるんです。

すんません。で、完成しました。使えることも大事ですが、この作業を自分ひとりで出来たことが、とても嬉しかったりするんですが、やっぱり嬉しさは半分かな。複雑なもんですね。
| | 23:04 | comments(4) | - | pookmark |
あなたは歌えますか?
JUGEMテーマ:音楽
えぇぇと音楽をやっている人で歌も好きな人は車で音楽を聴きますよね。
カーオーディオで聴いているのだと思うのですが・・・。

夜のドライブならその曲に合わせて歌ったりもすると思うのですが
昼間から歌いますかね?

ワシは誰かに見られると恥ずかしいので肘をついて手を口にあてたり
しています。

それでも歌っているのがバレないかと遠慮気味に歌うのですが
(いつもではないですよ・・・たまぁにです) 

今朝、地球岬を背にして会社へ向かう途中のB恋MSの前ですれ違った
車のお姉さまは、相当な音量で歌ってました。(想像ですが)

とにかく口の開き方が合唱団の方のように半端じゃなく大きく素晴らしい。
あのお方は相当にいい声をして更に発音も素晴らしいのはないかと
すれ違った瞬間に、ふと思ったわけです。

思わず追いかけてスカウトしたくなるくらい素晴らしい。
誰かに見られないかとオドオド歌うワシとは偉い違いな訳で・・・。

そんなお人達は、意外と沢山・・・。居るのでしょうか?
あなたは堂々と車に乗って昼間から歌えますか?

ワシは、ワシは・・・。「ぶぅぅ〜〜」
失格ですな。
| | 21:18 | comments(18) | - | pookmark |
懐かし過ぎるもの
久しぶりに車ネタを・・・。とは言っても今の車ではありません。
古き良き時代のものを・・・・。

今日は自宅で古いテープを聴いては捨てるものと残すものを
整理していました。ほとんどが1980-1996くらいのもの。
その後はMDやCDばかりになってしまいましたから・・・。

その中には娘の1歳頃の声や、懐かしい1976-1977年頃の
川上進一郎くんのデモ音源があったりして感慨深く聴いて
おりました。

川上君のは短めの試作曲が多くシンセサイザーのプログレっぽい
曲も録音してありました。良く聴いた昔が懐かしいです。
もちろんギターはMartinD-41とクラギ、マンドリン、笛、エレキも
入っておりました。
これらの音源は残念ながら了解が取れないから多分紹介できないなぁ。


で、本題に入ります。ワシは1978-1983まで道南最南端の城下町で
働いておりました。その頃、色々あって車が買えず2年くらい貯金し
やっとの思いで買ったのがTOYOTAのTA-27です。
TA27で解る人は歳がバレますが、初代セリカのリフトバックの
1600GTです。

これを親友に譲ってもらったのが最初の車になりました。
高校生の時に既にこの車に憧れていて、ずっと欲しかった車を
やっと購入できたときは本当に嬉しかったものです。

日本車離れしたまるでミニムスタングのようなスタイリング。
そして1600CCと2000CCのDOHC(ツインカム)エンジンが魅力でした。
高速では2000CCですが峠や海岸通では1600の軽さも魅力的でした。

もうひとつは「音」です。日産の6気筒のDOHCに比べるといささか
軽いですが吸気音の吸い込む音の切れ味は抜群です。
ソレックスのキャブレターにラムフロー(スポンジ状のエアークリーナー)
を取り付け、ゴワゴワ、ズボズボという音は迫力満点でした。

そうしてタコ足とフライホィール軽量、強化クラッチ、2度の全面塗装。
ストレートマフラー、4ピニオンのTRDリミテッドスリップデフ。
フルトラの電器周りなどなど。(皆さんには意味不明かもしれませんが)
給料とボーナスは全部消えていた時代がありました。

これは一度目の塗装をしたあとの写真です。
CelicaLB1600GT 折戸浜 1

タイヤは色々ありましたがピレリのP6の245が一番太かったかな。
CelicaLB1600GT 折戸浜 2

撮影者はワシ。ドライバーは後輩のTくん。
CelicaLB1600GT 折戸浜 3


そうして、これがその音です。たまりません。
今の車では無理です。S48年の排ガス規制が本格化になる前のものです。
現代のECOな時代ではもうスポーツカーとか無くなってしまうでしょう。
こうやって皆、ガソリンを消費して環境を悪くした時代であり、ワシも
その一人として反省しております。すいませんでした。

この車を廃車にした後は、整備工場に毎月1度、ワックスをかけにいったものです。
悲しくて寂しくていつもこの車に逢いにいきたかった。
夢で何度も、ナンバーを外したはずのこの車に乗ったなぁ。


もう一台。寮にいた先輩Aさんは幻の名車のべレットGT−Rを
乗っていました。これがまた素晴らしい低く切れ味の良い太い
サウンドでありました。(オレンジ色でした)
isuzu belet GT-R


興味のある方はボリュームを下げてお聴き下さいね。
あ、音源の運転者はどちらもワシですが、その筋ではありませぬ。
(どの筋だ?)
| | 23:21 | comments(19) | - | pookmark |
初めて洗うて
今日は冷えたね。早朝、ワシの自宅では-12℃くらいになったのかな。
雪も夜中に4cmくらい積もりました。軽い雪で楽でしたが・・・。
でも、道路はツルツル。日陰は恐怖のアイスバーンですなぁ。

買い物に行って駐車場で軽自動車の後ろに停めたんだけど。
買い物が終わり、車に戻ると、前の車がバックしてワシの車のノーズに
あと4cmでぶつかる寸前で、停めてあるのです。
多分、年配者だと思うのですが、奇跡の距離感ですなぁ。
まぁ接触していないので、文句もいいませんが・・・・。
この年寄りが多い街は、結構やられるのですよね。

で、今日は娘がいつものバイト先、○トー○ーカドーのコスメに
送ってくれというので、その足でM蘭へ向かいました。
あちこち、アスファルトの路面が出たり、消えたり中途半端。
空港の付近はかなり雪が降り、圧雪のアイスバーン。
T小牧付近は、ところどころにアイスバーンでノロノロ走ってました。

そして萩野あたりまできて、薄暮の中、黒い影が・・・・。
道路の左に蠢いております。「やばいな!?」
直感したワシはブレーキを踏み減速。
そして、その黒い生き物は一旦躊躇し、突如車道中央へふらりと出て
来るではありませんか。
その瞬間、フルブレーキ!!

車のスタッドレスタイヤがロックを感じ、アンチロックブレーキが作動し
ゴリゴリとブリキ板を踏んでいるような感覚です。
その生き物は目の前に迫りました!!
「そいつは、、、犬」でした。もちろん犬だと最初からわかっています。
約1.5m前で止まりましたが、黒い犬はラブラドール・レトリーバーだと
思います。首輪もあったのですが、飼い主は居ませんでした。
それどころか、もう一匹子犬もいたようで、二匹でワシの目の前の国道を
横断していくではありませんか。
対向車のトラックも急ブレーキで交わしていましたが、全く迷惑です。

でも、飛び出してきた犬を見て、何故か家の犬のマックを思い出し
「絶対にひいてたまるか!!」と脳裏でつぶやいたのです。
おかげさんで、かい出した食材も荷物もシートから落ちてしまいました。

N別市のW別に入り、まだ価格が値上がりする前の96円でガソリンを入れました。
そして今週はボディと下回りの洗車が合わせて200円らしいのですね。
高速の塩化カルシウム対策でたまには洗っておかないと・・・と洗いました。
まだ9月に買うたばかりの新しい車なので、洗車機は遠慮したかったです
が、しようがありません。
ENEOSで洗車中 1

車の中にいて、洗われると、飲み込まれそうな、恐ろしい感じもします。
ENEOSで洗車中 2

最後の乾燥させる風を受けて、出発です。でも全然乾いていないんですがね。
ENEOSで洗車中 3

車で高速と一般道を比較すると、走り方さえ間違えなきゃ、やっぱ高速は安全ですな。
特に冬は快適です。でも何が起きるか解らないのがカーライフ。
これからも、気をつけていこう〜。
| | 23:26 | comments(4) | - | pookmark |
ふんわか気分
更に価格が下がっております。
この西胆振地区のガソリン価格。

先週は111円でしたが。
今日は109円であります。

今日の価格109円

一時期、189円まで跳ね上がったガソリン価格。
もしも35Lのガソリンを入れると「6,615円」でありんす。

それが、3,800円で良い訳です。
差額は2,815円であります。
まぁ今週は満タンにしたので、ちょいとオーバーでありますが・・・・。

平均的な話をすると毎週帰省するワシとしては25Lは消費するわけです。
4,725円くらいは消費しておりました。
それが今は、2,725円で済むわけです。
差額はきっちり2,000円。ありがたい。

これが有難くなくて何が有難いのでしょう。
2,000円もあればワシの場合単身赴任のおかず代になる訳です。
美味いもんも喰おうと思えば喰えます。

他には激安のMダ石油で108.8円。
他店にも106円という価格帯もあります。
S幌もそろそろ113-115円のところもあるようです。
世の中、不景気で寒い懐具合でありますが、このお寒い季節に
助かるなぁ〜と思うわけです。
いいでしょ?西胆振。気温も夜20:30で6度もありました。
まんざらじゃないですよね。
何だかふんわかと嬉しい師走の月初めでありました。

| | 22:11 | comments(4) | - | pookmark |