CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

JeffBeckが好き・・・ブログ!

アコギとエレキのギターが大好きで正体バレバレの怪しい初老おやじのブログです。
ワシは頚椎ヘルニアに悩み、半ば家族にも見捨てられながらも必死に己の趣味の世界に没頭するのです。
さぁあなたも一緒に填まりましょう。
あぁズルしてもいいですか。
ワシは小学生からRock(当時はポピュラー音楽と言った)を聴いていた。
最初は1910フルーツガムカンパニーが好きだった。
日本のグループサウンズと言われたRockというかPopsの走りもカバーしていたバンドである。
サイモンセッズやトレインでヒットして「愛の設計」という曲が大好きであったにもかかわらず、Popな曲は段々勢いを失ってきた時代である。

そうしてそのころ、急激にヒットを飛ばしてきたのがシカゴであります。
そのジャケットのロゴのchicagoのロゴの格好よさといい、全員がボーカルをとれて迫力のビートとドラムとブラスのバンド構成。
クエッションズ67&68という曲も凄く恰好が良くてイントロのドラムからして只者ではないスケールの大きさを感じさせてくれた。
なんせ、イントロの中に、ベロベロとうねるギターの音色がある。
子供心にこれは恰好が良い。

それは大人になってから解ったのだが、TerryKarth(テリー・キャス)という男だった。
Mr.テリーというくらい、洒落でもなく、Fenderのテレキャスを使っている。

ただこの人はどのギターを使っても、このうねる音色を出せる人で、ある意味、凄い人。
レスポールのレコーディングを使ったりもしてます。


たまにSGを使ったり、SGの3PUのCustomも使ったり。

これも太い音色を出す、ナチュラル仕上げのストラトキャスターもおなじみです。
風貌も結構な体格の男でして、だんだん太ってもきてます。

最後には髭も生えてくるのですが、その凄いのは独特のフレーズの荒々しさとリズム感なのです。
持って生まれたものというのでしょうか。
速弾きも現代ではまだまだ恐ろしい速さの人もいるのでしょうが、70年代でこれだけ弾ける人はそうそう居ません。

そして出てくる音は低音の太い音から、リアの硬い音まで常に意識しております。
リードボーカルを邪魔しない限界のオブリを入れます。
流れるような連続性のあるメロディーと独特の裏のリズムもあるので、よくこんなフレーズが思いつくなと思います。
もっとも手元も見ないで即興性の高いものなのでしょうけれど。

ワシが参加しているバンドでは、最近このChicagoのムーライト・セレナーデをやっていたのですが。
それは何とか出来るなと思っていました。

しかし、しかしです。ここにきて、Chicagoの「長い夜(25 or 6 to 4)」意味は午前4時25-26分頃という曲なんですが、やりましょうということで、2回ほど練習で合わせてみたのですが、いや、難しい。
本当に難しいのです。メロデイが頭にインプット出来ないのですよね。

それもそのはず、30小節に及ぶリードギターと頭から尻まで全部にオブリガードが入っております。
いやぁ〜、参りました。

ネットでタブ譜を見ても、面倒くさくて、こんな長い曲を解析する気もしませんけど、ちゃんと弾けないのが悔しいのです。
恰好の良い曲で子供の頃から好きだったのですが、全くメロディーが頭に入っていません。

MP3のファイルをキーをそのままに遅く変換して、練習して少しは解るのですが、いかんせん長すぎる曲です。

もうこの1か月、へこたれそうなので、Youtubeから上手な人のを、真似することにしました。
しかも、それを低速で再生できますので、これは時間の問題かもしれません。
耳でコピーするのに生きがいを感じてましたが、これはへこたれました。
恐らく人前では秋頃までやらないと思うので、じっくりこれから研究し、自分のものにしたいと思います。

とほほ。ズルしてごめんなさい、テリー・キャスさん。
| ロック | 21:53 | comments(6) | - | pookmark |
ペンタトニック
先週末にアコギ系の新年会もありました。
お肉を食べて、二次会には年末に続き「ペンタトニック」という札幌市中央区南3西3にある高校時代の同学年のYくんがやっているお店に行きました。
職場の忘年会に二次会でも行きましたが、最近はちょこちょこ利用させてもらってます。

Yくんは高校一年の時は油元熊蛙さんこと(はげぺぺ)あっぺちゃんと同じバンドにいてリードギターを弾いていた方です。
Yくんの恰好良さに刺激され、ワシもそこからエレキを弾くようになりました。

Yくんはその後、高校2年には別の3人ユニットとなり、高校3年の時、ワシもボーカルで誘われ一緒に遊びましたが、英語で歌えないワシはやがて、単独でエレキを練習する日々になりました。
高校を出てからYくんのことはあまり聞いていなかったのですが、昨年夏に親友のOくんがYくんのお店に寄ったことから、Yくんと再会したい気持ちが強くなりました。
ギターの講師を務めたり、音響系など色々なお仕事をされたと聞きました。
(写真は専属の歌い手のKさん。何を歌ってもとってもお上手です。奥でギターをつま弾くYくん)

Yくんのお店にはドラム、各アンプ、アコギ用プリアンプ&スピーカー、PA一式が毅然と配置され、いつでもライブが出来るお店ですが、ライブ以外は音量を控えめにするため、ドラムが叩けませんのでご了承願います。
なお、ワシのMartinD-28を常時お店に預けてありますので、私のギター仲間の方は是非弾いてやってくださいませ。














| ロック | 16:07 | comments(0) | - | pookmark |
今日はA.O.Rスピードワゴンの練習
JUGEMテーマ:音楽
今日は私の参加するバンドの練習日です。
日曜の夜の練習はついつい遅くなると辛いのかも。

そして最近、椎名林檎のCMで使われているあのスイングのリズムの難曲を初めて合わせるかも。
あの曲、途中でシャボン玉ホリデーにあったビックバンドのように複雑で気が狂いそうになる。

今日もテレギブを持って、CarvinのアンプヘッドをPeavyのスタッグに繋いで音を出してみる予定。

それから中央区宮の森にあるスタジオオーナーの弦高の高い、YAMAHAのFG-230の12弦ギターの弦を張り替え、磨いてあげるつもり。

なんだけど・・・。何故かこのYoutubeのJeffBeck先生の映像をみると嬉しくなる。
65歳を過ぎてもこうやって演奏できるのはやっぱり凄いし、こちらも元気になるねぇ。

本格的に見たい方はPCのHD画像でどうぞ〜。
| ロック | 10:35 | comments(2) | - | pookmark |
1910 Fruitgum Company
JUGEMテーマ:音楽
1910 Fruitgum Company。
恐らく1968-1970年の日本のラジオでも毎日のようにかかっていたグループです。 
兄がTheTrainを毎日聴いていたので、覚えてしまいました。

確かそれより前にヒットしたのはSiomonSaysだったと思いました。
当時の日本のGSサウンドにも影響していたような気がします。



これがそのTheTrain。後半の変調するところが加速感があり最高でした。


正直言って、その後のこのバンドは日本で聴かれなくなりました。

「愛の設計」はとても応援していた曲でジャケットも大好き。
この頃のワシは洋楽にかぶれて、周りから変人のように思われてました。
まだまだROCKには目覚めていないころのPops少年でした。
| ロック | 19:34 | comments(0) | - | pookmark |
Chicago
JUGEMテーマ:音楽
 古いWindows2000ベースのマシンに再インストールし、更にWindowsXPのSP2とSP3をあてて、車庫スタジオ用のVAIOをセッティング中です。
これにi-tuneで持っているCDを全て読み込ませて、いつでも再生できるようにしようとしています。
もちろん、録音もできる環境も作っていきたいです。

その作業をしながらYoutubeで自分のPopsやRockとの出会いの曲を見ていました。
最初は1910フルーツガムカンパニーが好きになったんですけど、その後にChicagoが好きでして。

長い夜(松山さんではないやつ)25 or 6 to 4 とかのギターは強烈です。

今までに聞いたことのなかったドラムの激しいリズムとギターのうねりが強烈です。
多分小学生6年ころだった自分は、ジャケットから見える軍人ぽいスタイルの彼らの音楽環境はどうなっているんだろうと不思議に思ったものです。

音が悪いですが、ストラスキャスターでのソロギターが始まる2:30頃からが素晴らしくワウワウも入るあたりは圧巻。
その荒々しいフレーズが小学生のワシの心をつかんだもんでした。
多分ギターを弾けないころからワウワウペダルの音が大好きになっていたのでしょうね。

Chicago 1972-Question 67 & 68

このブラスの壮大感、そして自由奔放に弾きまくるテリー・キャスのギターのうねり。
GibsonのSGやLPのみを使っているのかと思えば、25 or 6 to 4のようにストラトも使うのですね。

古き良き時代でした。
| ロック | 10:56 | comments(8) | - | pookmark |
JeffBeck Rock'nRoll Party Honoring LesPaul Blu-Ray
JUGEMテーマ:音楽
実はこの映像のDVD物が2/22あたりに同じ内容のもので届くんだなぁ。
いや、正確にはボーナスの映像が無いものなんだよね。
映像と同じくらいの価値のあるインタビューなどの映像が無いものを買ってもなぁ〜。

って、もうキャンセルも出来ないので、先生を大好きな人にあげちゃうか。 
だけど大好きならば、そんなDVDは欲しくないだろうなぁ。
ま、記念にもう一枚、保管しておくかぁ〜。(笑)


やっと2/10にBlu-rayのDISCが届きました。
既に濃いお人達が、感想を述べておりますので、いまさらですが・・・。
ワシはこれが手元に来るまで、その感想の日記をみたりしないでおりました。


やはりパッケージを手にして、ライブ映像から観てみます。
日本語に和訳された解説も後にして、まず映像を見ます。


なんて美しい映像と素晴らしい音なんでしょうか。
youtubeのHD画像も及ばないきめの細かい映像です。
音ももちろんですが、素晴らしい。

Jeffbeck先生の音楽のルーツがわかるこのアルバム。
そして先生が何より尊敬してやまない、LesPaulに捧げる曲目を並べています。
これまでネットで何度も見ている映像ですが、内容が濃く27曲も入っているのは嬉しいです。

インタビューの質問に対する回答は、ほぼ想像できていて、JeffBeck先生の嗜好というか音楽の志向がだんだん理解できるようになっている自分が少しだけ嬉しかったりします。

単に上手いとか早いとか、力強いとか、そんなもんでは語れない凄さがこのアルバムに凝縮されています。
どのギターを持っても先生の音になります。アコギでもフラットギターでも・・・。

とにかくまた1枚の宝物映像が増えたことはとても嬉しいこと。
これからもまだまだ頑張って欲しいなぁ〜。
どこまで追いかけてもちっとも追いつけない凄い人ですけど・・・・。
| ロック | 18:03 | comments(6) | - | pookmark |
大人のおもちゃ箱
JUGEMテーマ:音楽
 ふと、かず@beckyさんのmixiの日記を見ているとスーパースリンキーというERNIE BALLの弦の12セットが売られていることを知る。

<以下、一部引用させてもらいます>
SUPER SLINKY 2010 NAMM LIMITED EDITION

イケベでも売ってます。

イケベでは6,552円で、山野では在庫切れのような。
送料を入れると「7,392」円となるわけで、1セットあたり「616円」となるわけで、通常は「480円」も出せば1セット買える物を、わざわざ「136円」も高い弦をネットで購入しているのでしょうか。

それは、大人のおもちゃに近いブリキの箱にあります。
火曜日に注文し、昨日土曜日午前に到着しましたです。


どうでしょう?この格好良さ!(笑)


まぁERNIE BALLさんにすれば、世界でも超Bigネームなアーティストが使っていますよ!、と、いうことなんでしょうけど。


JeffBeck先生が中央なのは嬉しいですが、何故ブリキ箱の背面なのか、納得がいかないものの。
やはり、素直にこの大人のおもちゃ箱は嬉しい〜〜。


しかも、側面からは、透けて中身が見えるという仕掛けも、父ちゃん坊やの心を擽ります。


箱の中はこんな感じ。昔、高中正義がこの弦を使っていると聞いて、こればかり使った時代がありました。
最近、エレキギターの弦はダダリオが多く、在庫もあるのですが、当面これを使い倒すことになります。
指先のフィーリングが合えばいいなぁ〜。

たかがブリキ箱に「1,632円」を費やす、お馬鹿なオヤンジ。わっはっは。
かず@beckyさん、病気な情報をありがとうございました。(笑)
| ロック | 12:34 | comments(6) | - | pookmark |
お尻には駄目よ・・・。
JUGEMテーマ:音楽
いやはや、傍から観ると出張三昧で極楽にみえているかもしれませんが、成果を求められる時期になってきて、仕事の棚卸しで痛めつけられています。

そうなると逃げ場はギターを弾いたりとか、ちょいとしたお気に入りの物を買ったりするのが楽しみなのですよね。

前からどんなのがいいのか、考えていましたが、J先生に一歩も近づけないワシですが、あのライブのステージで「フ~」っと白い粉を吹いて、おどけているJ先生の映像がありますが、それをやりたいのではなくて、あれを両手のいたるところに付けて、滑りを良くしているように見える、その使い心地が知りたかった、

赤ちゃん用のお尻にぱたぱた塗るあれで、ライブのときに手にまぶすのはちょっと格好悪い。
で、専用の容器に入ったパウダーを探していましたが、クスリの○ルハにありました。
お値段は300円以下でお手ごろ。
20100731-204036.jpg 

付けてみた感想は、・・・・何だかいいです。
滑りは確かにいいし、手に汗をかきすぎる人にはぴったりかも。

ワシの場合、いつも下手で、忘れて、焦りまくりだから必需品になると思います。
でも気になっていたのが、ギターの塗料に影響が無いか?ってこと。
それからフレットの隙間にこのパウダーがついたり、ピックアップやボリューム・トーンのポットに悪い影響は無いか?と、ずっと思っていたんです。

J先生には専門のスタッフが居るのでクリーニング等何かやってもらっているかもしれないのですが、ワシの思うには、ギターの塗料に影響があるなら、先生は何年もこれを使っていないだろうという単純な考えであります。

後は、アーミングのバネの「ギリ・ギリン・・・」という音が消えないかなぁと思う。
純正のアメリカン・スタンダードやカスタムショップのトレモロのバネとは違う物を先生は使っているのかなぁ〜。
| ロック | 21:01 | comments(6) | - | pookmark |
反応
JUGEMテーマ:音楽
へぐねっと って、何だろう?はぐねっとと、どう違うの?
とか・・・・。濃い集まりだろうな・・・・とか。思われているのかな・・・。

参加者が無い状況かな?
きっとあの人とあの人だけなのかもね・・・。
でも、この2月13日は機材搬入もかねてワシは行かねばなりません。

大物はこんな感じです。
型番は不明ですが、写真はTUBEWORKS 7100 Comboというアンプです。
多分、こんな形ではないかなとおもいます。

TUBEWORKS 7100 Combo

100wの割りにさほど大きくはないものらしいです。
 

東京にいるY田さんが貸してくれるそうです。
ありがたいなぁ〜。これで、とりあえず3人で爆音を轟かせることが
出来そうであります。
3人もギター弾き手は今のところいないのですが・・・。

大体、集まって何をやるの?
って思いますよね。自分でもそう思いますが・・・。
何をやるのかも、演奏しながら、いや、音だしをしながら考えるのも
いいかなぁ〜と思います。

それでもちょっと寒いかもしれないので厳しいかもね。
いや、ますますこんなこと書いたら誰もこないか・・・。

とほほほ。すんません。
| ロック | 20:20 | comments(4) | - | pookmark |
Hegc−netのMiniOFMか?
JUGEMテーマ:音楽
 のんびり ダベりながら 遊びませんか?
遊びませんか?って、そう簡単に遊べない人が多いですが・・・・。

来る2010/2/13(SAT)PM3:00くらい?からPM8:00まで?
例の友人のスタジオで集まりませんか?
本当はRock専門としたいですが、アコギでもエレキでも構いません。

私のPAがありますので、歌もPAから音出しが出来ます。
一応エレキのアンプは2セット以上あります。
FenderTwinReverbとROLANDJC-90です。

小さなYAMAHAのベースアンプと安物のベースもあります。
(Bassの弾き手もいませんが)

ドラムは仲間のM中さんを誘います。 もしかしたらエレドラかもしれません。
ピアノは無いですがYAMAHAのDX-7のシンセを用意できます。

住所は
恵庭市南島松39番地 Studio OKUSON です。
(スタジオといっても車庫の2階ですからね)
スタジオ(候補?)5
http://link.maps.goo.ne.jp/map.php?MAP=E141.35.33.870N42.55.11.610&ZM=9

その車庫ですが一応、薪ストーブがあります。
朝から火を焚いてくれるそうですので 大丈夫だと思いますが、コートは必要です。
車は4〜5台なら楽に停めれます。詰めれば10台も可能かもしれません。

各自、飲み物、食べ物持ち寄って下さい。
トイレは母屋にいって使用できます。
スタジオ使用料は全員で1000円ですが、今回は私が払います〜。

ではでは皆様のお越しをお待ちしております。
って、無理かぁ〜?(笑)

それからmixiにhegc-netのコミュ作りました。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4821307
一応管理人(ワシ)の許可が必要ですが、どうぞふるって
御参加くださいませ。

| ロック | 20:46 | comments(4) | - | pookmark |