CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

JeffBeckが好き・・・ブログ!

アコギとエレキのギターが大好きで正体バレバレの怪しい初老おやじのブログです。
ワシは頚椎ヘルニアに悩み、半ば家族にも見捨てられながらも必死に己の趣味の世界に没頭するのです。
さぁあなたも一緒に填まりましょう。
帰り道は遠かった。
JUGEMテーマ:音楽
先日、愛しきkonさんとyohさんとダヤンママさんとワシの
車で自転車ライブの後に、聴いた曲。

日本のFOLK全集の中に入っている。
これはFOLKなのか?GSなのか?GSだとは思うが・・・。
出だしから、今聴いてみると吹き出します。(笑)
「WowWowYeiYeiYei」ですからね。
車の中で爆笑していました。
GSの中に演歌を感じる曲です。

ニコニコ動画
| フォーク | 23:03 | comments(10) | - | pookmark |
前頭は里子に
JUGEMテーマ:日記・一般
遅くなりましたが月曜日の様子を・・・。

日曜日はフラのパーティのBGM?の練習で例の
ハワイアンの名曲を3曲練習しましたが、札幌を
出発したのは20:20くらいになってしまいました。

そして例のZOOMのアコースティックギター用の
プリアンプが日曜日の夕方の自宅へやっと届きました。
遅いやんか、S川急便さん。朝、集配所に届いていたのにぃ〜。
それからM蘭へ向かって、本当は会社で月曜日のPAの
セッティングなどを確認したかったのですが、到着は
22:30くらいで、そんな気力も起こらず・・・・。

で、月曜日の当日になりました。
月曜日は何かと週の始まりなので慌しいのですが
隙をみて、PAを仮配置してある旧営業窓口のあった
場所の1Fに移動し、音のなり方を朝からチェックしていました。

ギターのD-28の電池CR-2032マンガン電池を交換し
新しいZOOMのA2もMartinD-41でテストしてみます。
プリセットの1番目のバンクにあるD-28系の音色とか
5番目のタコマの音色がフィットし、ピエゾっぽくない
自然で深い低音が出ましたので、今回は5番をチョイス。

歌物のバックには最適です。
エレキも昼休みに弾いてみましたが、既に疲れもたまって
いたのか、絶不調であまり指が動かず、なめらかな音色
ではありません。

昼からは弊社の大御所の社長が管内にやってきており
段々気持ちも焦ってきます。
食堂を14:00から借り切り、PA機材を1Fから3Fに移動
します。若者が一人手伝ってくれて助かりました。

これからが一人で全ての配線、マイクのチェック、リバーブ
ディレィのかかり具合を確認します。
MC用のマイクも入れて5本、ラインが2本の入力系です。

こんなことを仕事中にしているのはワシくらいのものだろう。
まぁある意味、1年に一回の行事と言うか儀式みたいなものだ。
今日は許して貰おう。

16:30分くらいに御一行到着、20分遅れで事業説明会が
始まる。社員60名程度が話しに聞き入り、あっという間に
退社時間となった。

そこから場所を移り会場で宴会開始。
社長は(やれやれ、今年もまたなのか?)というような諦め
顔でニヤリとしてました。

「社長、今年もやりましょう。この2曲をお願いします!」
「なんだ?これは?井上陽水か?事前に言ってくれないと・・・」
と、困惑してましたが、きっと本番はやってくれると思ってました。

乾杯が終わり30分経過。いよいよ余興の始まりです。
1曲目はM蘭の社員の選抜ボーカル(無理やり選出ですが)
が6名集まり「夢の中へ」の替え歌を、私の片腕Y主査が
作成し、それを歌ってくれました。

ギターは技術系の後輩のK主査。ワシのD41の良子さんを
ZOOMのA2のプリアンプで鳴らしてくれました。

ワシはFenderStratocasterC/Sを使いリードとアコギの
速めのオブリを入れたりしていました。

この即席のVocalが中々の声量があり女性1名も入り
コーラスと輪唱が決まりました。

社長も圧倒され、また歌詞の意味合いを理解して喜んで
おりました。

MCが「それでは社長、そろそろ」と声をかけ2曲目からは
社長の登場です。
まずは「白い一日」です。これを好んで歌う人はあまり
いない曲ですが、ワシがオブリをやってみたいだけの理由で
選曲したものでした。リハ無しでは厳しい曲だったようで
申し訳ありませんでしたが、何とか歌いきって頂きました。
ギターはD-28にYAMAHAのAG-STOMPを繋いでワシが
オブリを、バッキングはD-41でアルペジオでK主査が弾いて
くれました。

そしてシラジラとアンコールがかかり、また引っ張り出して
最後は「帰れない二人」を歌っていただきました。
これはまたエレキを交え、バッキングは多少FATなカリコリ
した音色で、そしてリードを根太く伸びやかに弾かせて
頂きました。既にもう何百回も弾いている曲でありますので
まずまずの出来栄えだったかもしれません。

あっと言う間に懇親会も終わり、片付けに入ると他の幹部は
さっさと2次会の会場へ移動しており、残ったのはワシ一人で
ありました。

タクシーに乗り、会場へ着くと皆が美味しい日本酒と鮫鰈
(サメガレイ)を箸で突っついて舌鼓を打っておりました。

社長の席も遠く、あまり話が出来ませんでしたが3次会で
話もできるかと思って近づきませんでした。

しかし体調を考慮し、今回はこの会場でお開きになることと
なってしまいました。

実はワシは、3次会で弾く小ぶりなギターを持ち込んで
いたのでした。昨年、羊屋さんで購入したM蘭での練習用
ギターHEADWAYのギターです。一応トップが単板でして
弾いてて楽で気持ちの良くなるお気に入りでした。

そいつを最後に社長にあげようと決めていたのでした。
M蘭の某総括課長へその案を耳打ちすると
「えぇぇ〜?まじかい?俺にくれよそのギター」と言われましたが
弾けないやつにやるわけにはいきません。

で、最後の乾杯をするときに
「社長にプレゼントがあります。このギターを持って帰って
もらいたいのです。」
と、切り出しました。

「えぇぇ?悪いよ。いいよぉいいよぉ。」と、一度は断って
きたのですが・・・。
「これを社長室に置きますか?」と秘書に言われ・・・。
まんざらでもない雰囲気になってきました。

そうして帰りのタクシーのトランクに、この子は積まれて
去って行ってしまいました。
ケースにはKORGのチューナーとカポタストとピックも
入っておりますので、直ぐにでも弾いていただけます。

さよなら「HEADWAY」くん。
中国生まれ 前頭くん 全容 
| フォーク | 22:51 | comments(2) | - | pookmark |
アコギとコーラス。
皆様、お休みの人は明日でお休みは終わりの方が多いのでしょうね。
ワシも明日、AMのうちに単身赴任先へ戻ります。

このお休みの間にFOLKというかGAROを少し見つめることが出来ました。
以前からお誘いを頂き、行くか行かないか、迷ってましたが・・・・。
北海道にも3コーラスをちゃんとやれるグループがあるんだと・・・。
そしてギターもちゃんとオリジナルを理解して弾きこなす凄腕が
いらっしゃるということを感じたわけです。

またギターは2本のD-45Vがあり、一本はカスタムの1981年製でした。
低音の凄いドカーンとした音色でした。
以前には3人ともD-45を持っていたことがあるという凄いユニット
ですが、それはもう圧巻です。音もマイク取りだったのでナチュラルな
リバーブがとても良かった。
他にも12弦ギター、メイプルのJ-200コピーもの、GibsonJ-45のスクエア。
そしてGibson-Doveなどがありましたが、どれもこれも涎物です。

こういうユニットが出来たら相当に楽しいだろうなと思ってましたが
打ち上げで少し一緒にギターを弾いて、遊んでもらえました。
とりあえず、ワシはどうしたいのか?と考えてみても、メンバーも
居ないので、自分なりにギターとコーラスのパートをしっかりと
練習しておく必要があるかなと思いました。
きっと人前で3コーラスなど、やる機会がないと思いますが・・・。
それでもいいのです。やっぱりギターはいいなぁ。
| フォーク | 22:49 | comments(8) | - | pookmark |
FOLKなParty
去る6月15日にも社内で社長を向かえ大勢の人の前で
Beatles物をやってからもう3ヶ月。
ワシの素性もばれていたが、これで完全にバレて・・・・。
普段仕事のことよりギターのことばかり考えているんだろう。
と、思われていてもしょうがないと、思ってました。

でも、まぁマイナスなことは何もなく、堂々と仕事して
おります。仕事中は仕事のことを考え全力を尽くすのは
当たり前のことであります。
欲しいギターは無いか?とか、よさげなエフェクターは
無いか?とか、今度何時口座にお金が入るとか・・・。
そんなことはしていません。(笑)

で、7月頃から、今度の組合のPartyで何かやってくれ・・・
と代表格の人(私と同じ職場の人)に依頼されていました。
それでまぁ何をやろうかと思ったのですが、ロックなバンド
はメンバーも居ないので出来そうもない。
やはり毎年、観楓会でやっている懐かしのFOLKしか思い
つきませんでした。

そこで私より2歳下のKさん、それから同じ職場のYさん(5歳上)
とかぐや姫、ふきのとう、陽水、拓郎などをやることにしたのです。
練習は最初の練習で2時間くらい曲の候補を選びました。
2回目の練習で、曲をほぼ確定し、3回目で仕上げに入りました。

歌いながらの演奏は厳しい曲もあり、また同じ職場の5歳年下の
KNさんにボーカルをお願いしました。
そんな即席のユニットですが、最後のほうでは、組合の女性Sさん
も入り、1曲歌を披露してもらいました。

そんなことで今日は午後から休みを取って、倉庫に機材を運びました。
会場では飲み物を業者さんが準備しておりました。飲みたい!
飲み物用意!

会場はこんな感じでかなり広い。天井も高くリバーブは必要ない
感じであります。
ステージ?は、無い。

そうしてステージは?ブルーシートの上。
準備は出来ました。

これがワシの今日のギターです。テレキャスとラリビーC10であります。
ワシのアコギとエレキ

3部に分けたステージのセットリストは
・加茂の流れに
・22歳の別れ
・雪の降る日に
・夕暮れの街
・白い冬
・東へ西へ
・翼をください
・東京(追加リクエスト曲で飛び入りあり)
・ブラック・マジック・ウーマン(さわりだけ)
・友よ
・・・・・・でした。

ビールを軽く飲んでやりましたが出来はともかく
皆が懐かしいと喜んでくれました。
反応が心配だったのですが、本当に良かった。

きっと今年の観楓会もまたこんな感じで夜が更けるまで
皆で楽しむのでしょうね。

さて、次はいよいよ9月21日のJeffbeck先生の北海道
セッションのオフ会があります。
いよいよ感性を研ぎ澄まし、練習をしていかなければ
なりません。

いかん、いかん、こういう気持ちが楽しめなくなって
しまうところであります。もうちっと緩く考えて楽に
やらなきゃぁ・・・。

と、いうことで今日はもう寝よう!!
| フォーク | 23:10 | comments(4) | - | pookmark |
さぁて、次は
さて次は何をやろうか。ブライアンさんがハワイに戻られ
何だかこの3日間、脱力感でいっぱいです。(笑)

予定では9/21にJeffbeckが好きな北海道の人及びアマチュア
ミュージシャンのオフ会で、いきなりジャムっちゃおうと
いう企画があります。
そこで百戦錬磨の人と共演するという無謀なものであります。

正直、初対面の人とジャムるというのはと、よぴょんさん
以外はあまりいないのでは・・・。いやGOODSUNが居ました・・・。
探すと結構いるかな。川上進一郎くんとも初対面で直ぐに
演奏が始まったなぁ。結構、あるのか?わははは。

曲もインストルメンタルで、先生の曲はどれもマニアック。
2曲の予定ですが、1曲アシストで新曲にもチャレンジ。
これから、練習してもどうにもならないと思いますが
とりあえずスタジオ版の音源で練習してみようと思って
おりました。が、練習は進んでいません。

それよりも、本当はやってみたい曲もあります。
ライブで一度もやったこともないのでやりたいとも言え
ませんし、これから仕上がるとも思えません。

人前で弾くのは刺激になるのですが、やはり自己満足の
世界では、まず自室で満足できるレベルに仕上げてから
にしたいところです。これからも色々練習してみたいです。

そう、思っていたら何やら、会社の組合の定期総会があり
そこで出演を依頼されました。
持ち時間は判りませんが、3〜4曲くらいでしょう。
何をやるかと言うと、またFOLKであります。

今日は軽く職場の二人と12曲くらい遊んでみました。
陽水 夢の中へ・帰れない二人 ・桜三月散歩道・たいくつ
拓郎 落陽
ふきのとう 夕暮れの街・白い冬・南風の頃・初夏
かぐや姫 加茂の流れに 僕の胸でおやすみ 雪の降る日に
・・・でした。

使用ギターはK.yairiのKW-800、ラリビーOM-01
エレキはFenderStratoCasterです。
最初はバラバラですが段々よくなってきました。
最後はエレキを交え、ソロをうる覚えで弾いてみました。

結構、面白いのですが、K.yairiのギターはピックアップも
ないので、本番は音量が心配であります。
こんなことをしていてJeffbeck先生のセッションライブは
大丈夫なのか?不安でありますが、どちらもワシの楽しみ
だから、正直に楽しもうと思っています。

職場はアラ還・アラフィフ・アラフォーが殆どですから
懐かしいものに喜んでくれると思います。
おじさんを・・・泣かしてやろう・・・ワシも鳴く。
| フォーク | 23:07 | comments(6) | - | pookmark |
この機会に・・・。
ワシがギターに本気で向き合うきっかけになった
永遠のアーティストGAROのCDがソニー・
ミュージックエンタテインメントにてオーダーメイド
ファクトリー「廃盤再プレス」対象として商品化され
ようとしている。
GARO

以前にワシが手に入れたGARO BOX CDのセットはDVDも
付属し、更に未発表曲や、過去に音源化されていない
TVでの音源なども入ったてんこ盛りのセットだった。
GARO BOX CD

しかし、自分としては思いいれがあるのは
GARO1,GARO2のBeatlesコピー以外のもの、GARO3,GARO liveなどが
一番好みであり、これさえあれば、もう何も要らないとさえ思った。

しかし聴いてみるとGARO4も良いし、コピーを続けた吟遊詩人や
サーカス、三叉路など、どれもこれも涙が出そうに懐かしい。

そして思うことは、これだけMartinD-45や
GibsonJ-200(もどきの説あり?)、そしてGARO4以降では
ギンギンのGibsonレスポールやFenderストラト、テレキャスの
音が聴ける。

Martinの音はCSN&Yの影響を受けてのサウンドではあるが
様々なギタリストの影響を受けて、実に良い音色である。
今ではほぼ手に入らないという1968年のその音色は実に
艶があり、美しい。

中学生のワシにでもそれはわかったが、どうやったらこんな
音が出るのか?ハーモニックスですら不思議であった。
その音がまだ出せない謎な部分もある。

とにかくストロークやスリーフィンガーだけでも
歌いながらこれだけのテクを持ったアーティストは
当時、日本には居なかったと思う。

それだけではなく、エレキギターを既に1969年には
完成されていたように思う。
それはGARO4で煌びやかに開花する。いやみの無い
FATな音色。

そしてサーカスではカラっとしたストラト系の音。
吟遊詩人ではストラトとレスポールの少しJazzyな
音色も聴ける。

唄は好き好きがありますが、マークの歌い方は独特
であります。一見、気の入らないシャウトを嫌う
歌い方ですが、こういう歌い方は中々出来ない。
喉を絞らないので息が続かない。
なのに綺麗なビブラートがかかっていて自然。

マークと今は無きトミーの高域の艶のあるハーモニー。
そして意外と器用にどのキーでも歌いこなせていた
ボーカル。

BOXセットは23,100円で売られていましたが現在は
あちこちでプレミアムがついているSHOPもあります。
9万円以上で売るとはアコギな売り方ではないですか。

それならば、このソニー・ミュージックからのCDを
予約した方が良いですよね。
前回、予約販売で手に出来なかった方、この機会に
御注文予約されてみては如何でしょうか。

ギター弾き手とすれば、以下の曲が好みかなぁ。
一人で行くさ
たんぽぽ
二人の世界
花の伝説
水色の世界
小さな恋
地球はメリー・ゴーランド
人は生れて
水車は唄うけど
四葉のクローバー
涙はいらない
愛の言葉
時の魔法
一人にしないよ
遠い春
明日になれば
忘れていたもの(LIVE)
暗い部屋(LIVE)
オートバイの火くぐり
猛獣使い
大男の歌
綱渡り
個人的メッセージ
大都会の羊飼い
吟遊詩人
さいごの手紙
| フォーク | 22:26 | comments(12) | - | pookmark |
・・・意味ないす。
も しもしかめよ かめさんよ
し れとこの みさきに
も う どうにも とまらない
わ たしはゆめみる しゃんそんにんぎょう
た んたんたぬきの ○○たまはかぜもないのに
し んでもおまえを はなしはしない
が くせいで にぎやかな このみせの かたすみできいていた
い つか きみといった えいがが またくる
え んぴつがいっぽん えんぴつがいっぽん ぼくのぽけっとに
を もえば とおくへきたもんだ ふるさとはなれて20ねん
た きびだ たきびだ おちばたき
て んとうむしが しゃしゃりでて サンバにあわせて おどりだす
た ゛いがくのーとの うらびょうしに さなえちゃんと
な つがくれば おもいだす はるかなおぜ とおいそら
ら じおのこえに すこやかなむねを このかおるかぜに 
ち いさなにっきに つづられたちいさな かこの ことでした
い いひたびだち ゆうやけをさがしに ははのせなかできいた
さ よなら さよなら さようなら さようなら 
な ごりゆきも ふるときをしり ふざけすぎた きせつのあとで
い つまでも たえることなく ともだちで いよう
え りもの はるは なにもない はるです
を ちてきたら こんどは もっと たかく たかく 
た んぽぽは ちいさく さいて ゆれて ゆめのせかいを
て のひらを たいように すかしてみれば
た ゛れかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた
で んでん むしむし かたつむり
し ゛ゅんこ きみのなをよべば ぼくもせつないよ
ょ ぞらに ほしが あるように
う みはきれいだな こいしてるからさ
| フォーク | 23:16 | comments(2) | - | pookmark |
はじめまして
今日は犬&猫の餌を買いに○omacへ出かけた。
まず、隣の○ローズでカー用品を見ていた。
ウンドウ・ウォッシャー液を買うためだった。
他にもキーホルダーやクロスを買ったりした。

ホーマックでCD売り場で
「ここには欲しいCDは無いよな〜」と思いながら
ウラウラしていると、、、
あった。
このシリーズ、、全部欲しい。(笑)

とりわけ欲しいのははじめましてだ。
かぐや姫 はじめまして 1
かぐや姫の第2期の初期の曲が、なんせ、懐かしい。
大好きな「雪の降る日に」も「加茂の流れに」も入っている。
かぐや姫 はじめまして 2

他にも、「さあど」「三階建の詩」「おんすてーじ」と解散時の
ラストライブなどもあり、全部で5枚あったので、全部欲しい〜と
思ってしまうのでした。
とりあえず、今回は、「はじめまして」だけを購入しました。
吉田拓郎が初プロデュースしているというアルバムです。

いやいや全体のサウンドもちょっと古めかしいですが
生ギターのザクザクしたストロークやリードもちょっと
キンキンしていますね。
エレキはSGかレスポールを使って歪ませた
「僕は何をやっても駄目な男です」が気に入ってました。
昔FMからカセットにエアチェックして録音して磨り減るほど
聴いたことを思い出します。特に「雪の降る日に」ですけど・・・。

さてクロスは何に使うかというと、車や車内の液晶モニターを
拭くのではなくて、ギター用に買ってみました。700円ちょっと
でしたが、使えれば結構お徳かもと思い・・・・。
拭き取りクロス 1

で、さっそくM社やG社のギターを拭いて見ました。
まずまずでしょうか。最初なので、布くずの小さなものが
気になりましたが、汚れ落ちは良いようです。
拭き取りクロス 2
ギターもぴかぴかになります。
マイクロファイバーという繊維の細かさが宜しいのでしょう。

その後はyukeyさんとその妹さんの家へ出かけました。
yukeyさんは引っ越す際にそのまま「ひかり」を引いて
もらい、さらに「ひかりTV」も申し込んで頂きさらに
「ウィルスクリアー」も申し込んで頂いたので設定に
伺いました。
そのパソコン周りを写させていただきました。
yukey 新居2F PC周り
2Fへ階段を上ったところに、このお洒落なスペースが
あります。

そこはこのように吹き抜けになっております。
yukey 新居2F 吹き抜け部分
いつしか、ワシは厚かましく、ここでギターを弾いて
酔いしれる日があるのかもしれませんな。(笑)

yukeyさんの家は、最新の各部屋にLAN配線の設備があり
ひかりTV用のチューナー設置場所まで配線が行き届いて
おります。それだけでなく、あちこちにお洒落なデザインが
斬新に使われているのです。
是非とも、お知り合いの方は、お邪魔して見せてもらうと
良いですよ〜〜!!

妹さん宅は現在、ADSLのY社の回線をお使いでした。
そこにyukeyさんの不要になったC社のワイヤレス無線ルーター
を、単なるアクセスポイントとして使用したいとのことでした。

いっそ、ひかりを勧めようかと悩みましたが、もうすぐこのエリア
も、NGN対応となりますので、その時にお願いしようと思って
おります。(yukeyさん、宜しくお願いいたしますm(__)m)

そして近いうちに、Y社も弊社との協力体制ができ、いずれ
フレッツ対応のプロバイダーとなってくれるような噂もあります。
そうなると、益々移行しやすくなる訳ですね。

世の中、本当に雇用も不安定の時期であり、こうやって仕事を
出来るワシはありがたい訳ですが、感謝の気持ちをこめて
少しでもお役に立ちたいと思っているこの頃であります。
| フォーク | 18:47 | comments(6) | - | pookmark |
おせっかい2
今日は久々に室蘭の拓郎にいった。
そもそも花見だったのだ。
桜も散りどこが花見だか分らないが・・・・。

花見は中島町のモルエの近くのビアガーデンで行われた。
70名程度がいっせいにジンギスカン、ホルモン、カルビーなどを突っつき、生ビールでごくごくやっている。
ワシはあんまり飲めないので、ビールを片手に日頃の労をねぎらいながらテーブルを移り歩くのであった。

帰りは真っ直ぐ帰ろうかと思っていたが、Yさんが拓郎に行こうというので、OKした。

本当に久々だった。考えてみると昨年末以来、顔を出していなかったようだ。
拓郎 1

本当にあちこちに拓郎がいる。DVDの映像もたくさんある。
ママは拓郎の喉の調子を心配している。
またライブで活躍する日を待っているのだ。
拓郎 2

「この店でお客さんが拓郎以外を歌いたいといったら?」
「だめ!」
「今まで拓郎以外を歌った人はいるよね」
「いないよ」
「ふ〜ん。」
「そんな人出て行ってもらうもん」
拓郎 3

はぁ〜、凄いわ。強烈だ。
ここまで気合が入っているお店はそうはないよね。

今日はYAMAHAのギターの弦が切れていたので、またまたお節介にも張り替えてしまった。
ワシの前回寄付した弦を張ったのだが、その間、Yさんは気持ちよく拓郎の詩を歌っている。

ワシは2・3曲、インストで拓郎の曲を弾きました。
インストでなんてやったこともなく全くいい加減なもんでした。

この店で拓郎以外を歌っていいなら、毎日のように来たいのだが・・・^_^;
「拓郎以外をやる?も〜、それは禁句よ。」
そう怒られそうでございます。
| フォーク | 22:23 | comments(2) | - | pookmark |
甘い集い・・・。
今日はイベントのための初練習日です。
2008 Eco Festival
来る5月18日(日曜日)のたった20分のための練習ですが、この日は多分、子供から大人(年配者)までいらっしゃるようで、幅広い層で聴き入れられるよう、先週はkonさんと選曲をしたりしてました。
半年以上も集まっていなかったのでギターも声も訛っておりました。

今回もカホンを取り入れての練習です。どこをどう刻むか、最初に話をしてまずはあわせてみます。
cajon

更に曲によってはシェカーを振ります。これがマッタリした曲では結構リズムが難しい。
シェーカー 譜面

次はコーラスの構成です。最初から無理して外す構成にしても苦しいですし、一番妥当な案を皆で練りました。
SHURE BETA 58A VOCAL

今回は久々にわたくしめも1曲、リードボーカルをとります。とほほほ。声が出ない。
SHURE BETA 58A VOCAL2

写真はROLAND製のVX-44という、Vocal+LINEも入れれる便利な簡易PAです。
ROLANDのVX-44

曲の構成は70’のFOLKを4曲。どれも定番であります。
最後に1984年の曲を一曲。これは途中、半音上がり転調するので忙しい曲であります。
これから毎日、一曲だけ、練習のデモをアップしようかな。未完成でありますが・・・・。
当日の出演時間も決まっていないのですが、FOLKが聴きたい方は是非お越しください。

さて、練習も中盤、お腹が空いてペコペコになってきましたが、そこは女性陣2名が気を利かして買い出していてくれました。
Sweet 1
どんぐりなど、定番の美味しそうなパン類ですが、一気に公開します。
Sweet 2
Sweet 3
Sweet 4
Sweet 5
Sweet 6
Sweet 7
Sweet 8

最後のダメ押しはB唄の銘菓「くるみ餅」であります。
美唄 くるみ餅
いつ、頂いてもほんのり甘くて、香ばしい味わいですねぇ。
konさんご馳走様でした〜〜。練習にならんくらい甘い集いですなぁ〜。わっはっは。
| フォーク | 23:23 | comments(0) | - | pookmark |