CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

JeffBeckが好き・・・ブログ!

アコギとエレキのギターが大好きで正体バレバレの怪しい初老おやじのブログです。
ワシは頚椎ヘルニアに悩み、半ば家族にも見捨てられながらも必死に己の趣味の世界に没頭するのです。
さぁあなたも一緒に填まりましょう。
1050円と800円と980円
JUGEMテーマ:音楽
出張二日目。今日は窮地に追い込まれています。
朝から30名もの社員に囲まれまずい現状を説明する立場に・・・。
まぁあまり詳しくはかけないですが、やはりピークは今月末から3月末になりそうです。

昼過ぎまで小さな打ち合わせを行い、遅い昼食に。
今年初めてか?大好きな「てんや」やってきました。
20110216-200924.jpg

いつもの「上かき揚げ丼」ではなく「かき揚げ定食」であります。
価格も同一の1,050円。

20110216-200857.jpg
丼に乗る具材と同じものが皿に乗ってます。
やはりタレが効いた丼の方が幸せかも。でも十分な美味しさです。

そしてあっという間に夕方になり一人ぽっちで函館駅近くのラーメン屋に入る。
20110216-200818.jpg
こんなお店です。

20110216-200839.jpg
で、塩を選びたいところですが、どうしても味噌が食べたい。
で、辛味噌ラーメンをチョイス。800円。

20110216-200802.jpg
うぅぅむ〜。赤いなぁ〜。確かに。

20110216-200746.jpg
食べようとしたその瞬間、電話が入り6分間経過。伸びてしまったか?
と、思いましたが意外にしっかりとした麺でした。
でも、辛さには我慢できるギリギリかも〜。

20110216-200729.jpg
ほんでもって、何故かGuitar magazine 3月号をゲット。980円。

20110216-200712.jpg
内容は先日手に入れた「JeffBeckRock'nRollPartyHonoringLesPaul」の内容の解説が中心だ。

20110216-200632.jpg
DVDを持っている人ももっていない人もこのセットリストやアーティストの解説、そしてもちろんJeffBeck先生の使用するギターについての解説が記載されているので楽しめるのではないでしょうか。

20110216-200615.jpg
大好きなイメルダ・メイのお写真も。このヘアースタイルにはビビっとくるもんです。(笑)

20110216-200558.jpg
このロカビリーからJazzまでこなすイメルダ・メイ・バンドは素晴らしいのです。

20110216-200542.jpg
ボーナスDVDのリハーサル映像についても記載。

20110216-200519.jpg
58〜60年仕様の鮮やかなフレームメイプルトップのサンバーストのレスポールスタンダードを使用するJeffBeck先生。(一説にはリイシューかとの情報もあり)

20110216-200501.jpg
自宅倉庫で生音やアンプを使って音を聞かせてくれるJeffBeck先生。
とっても親切に解説してくれていますよ。

ここからはおまけ・・・。
20110216-200443.jpg
DVDのNo19に収録されている「スリープ・ウォーク」についてのスコア。

20110216-200420.jpg
いろいろ書いていますが、読んで弾こうと言う気はしない。(笑)

20110216-200402.jpg
さらにロカビリーロックの解説。「ベイビー・レッツ・プレイハウス」のスコアも記載。

20110216-200344.jpg
更にレス・ポールのカバーナンバーの「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」の解説も。

次のおまけです。
現在、録音で完成が近づいているToshiさんも必見?(必要ないかな?)
20110216-200320.jpg
わしも大好きなホテル・カリフォルニア(イーグルス)のギタースコアです。
弾く前に12弦ギターやカポタストのポジション、EG-気ドン・フェルダー、EG-兇ジョー・ウォルシュとパートの解説もある。

20110216-200303.jpg
イントロの出だし部分。BmとEmの二つのコードが記載されているのが味噌。

20110216-200243.jpg
あの泣けるエンディングまで続くギターソロのスコア。
この本があれば完全コピー可能!!(弾ければ?!)
ってワシは多分、見ないと思う。(笑)

更に更におまけ。
今更、seo-sapporoさんなんかは必要ないのかもしれませんが・・・。あえて。
20110216-200225.jpg
あの高中正義の最大のHit!! BlueLagoonまでスコアがあります。
この曲、ギターだけでディストーション、クリーン、アコースティックのストロークなどで6トラックも使っていると書かれている。へぇぇ〜〜。

20110216-200149.jpg
これがイントロの出だしです。
もちろん一番盛り上がるギターソロからラテンのリズム満載のエンディングまで全て掲載されています。
(正確かどうかは確かめてもいないですけど)

いやぁ980円でこんないい本作るなんて、GuitarMagazine、やるなぁ〜。
って、函館まできて、こんなBlog書いているワシも暇だなぁ〜。


| アーティスト | 22:02 | comments(6) | - | pookmark |
たまらん3
JUGEMテーマ:音楽
 そんでもって、3つ目のたまらんものですが・・・。
CDやDVDよりもワシにとっては価値のあるというか、こだわって買ったのがこれです。
20100708-004528.jpg
ちまたで、高いとか、同じCDを売っているのに短編DVDとこのフィギュアをおまけで付けて売り出すと言う、何だかなぁ〜というSONYさんの商法なんです。
が、まんまとワシは買ってしまいました。

20100708-004517.jpg
まるでプラモデルのようですが、どこをどうやっても誰でも組み立てOKです。

20100708-004506.jpg
それなのに、図解でご親切に解説してくれたりしています。

20100708-004456.jpg
もう一つはこの写真。実に雰囲気が良いです。

20100708-004445.jpg
べろ〜んと捲るとこんな感じです。

20100708-011410.jpg
DVDとCD。まぁ春に買ったCDと全く同じデザインですから斬新さは無いです。
これから買う方には宜しいのかな。待てば良かったとは思ってないですけど。
春にこれが欲しかったなぁ〜。

20100708-004423.jpg
で、組み立ててみて、飾りました。偶然にも?ワシのStratoと外見はほぼ同じ。(笑)
ヘッド裏のCostomShopロゴや、Jeffbeck先生直筆サイン等も全く同じように出来ています。
これも、大人のおもちゃの一つになりそうです。
爺になってもまだまだおこちゃまなワシなのでした。
| アーティスト | 01:09 | comments(10) | - | pookmark |
たまらん2
JUGEMテーマ:音楽
 意外なことに、ワシは、まだこのひとたちのCDを買ったことが無かった気がする。
20代の頃、あんなに聞いていたのに。あの頃はもうギターを弾いていなかった気がする。

玉置さんはワシと同い年。一時は白髪だったり、色々な話題で世間を賑わしたが・・・。
しかしながら歌唱力とバンドとしての実力は一級品。
誰かがカバーしても、しきれない程の技術の高さがある。

1980年代、あのリバーブ感といい、ディレイの使い方といい、ミュートの掛かった音だったり、そうかと思えばあのエンディングではスパニッシュ調のオベーションでのアル・デ・メオラの音色を想像させるアコースティックギターの音色。
素晴らし過ぎるこのバンドはワシの中では日本を代表するバンドといえるのです。

20100708-004547.jpg
そのベスト版を買いました。DVDのプロモ映像も付いています。

20100708-004538.jpg
全11曲入りで初期の名曲が入っています。
DVDは3曲+1シーン。これは完全におまけですが、現在の映像なので中々楽しめます。
昔の張りのある歌声も良いけれど、現在のハスキーで力の抜けた歌い方も上手いなぁと感心します。
もちろん二人のギタリストのGibsonSGとレスポールもとっても渋いですね。
たまにドライブでもしてじっくりと聴いてみたいです。
| アーティスト | 00:58 | comments(6) | - | pookmark |
じゅんこさん
JUGEMテーマ:音楽
なんで、この名前の人って、歌が上手い人が多いのでしょう。
もちろん本職のアーティストの方ばかりの話ですが・・・。

最初に、好きになったのは、大橋純子さん。
あのパワフルでソウルフルな歌唱力には驚きました。
夕張出身と言うこともあり、愛着感もありましたが
バックバンドがまた素晴らしかった。
美乃家セントラル・ステイションがつとめていたのですが
あのエレキギターの艶の良さといったらたまりません。
多分、土屋 昌巳さんが弾いているのだと勝手に想像してますが・・・・。

それから八神純子さん。こちらもラテンと日本のPopsを融合させ
パワフルで艶のある伸びやかな歌声に誰もがため息をつきました。
松原 正樹さんがギター、後藤 次利さんがベースで参加している
想い出のスクリーンなんかが好きでしたね。

そうして2002年の『フォークジャンボリー in さっぽろ』(札幌芸術の森)
出演: 加川 良 with すぎの暢, 南こうせつ, イルカ, 伊勢 正三, 山本 潤子
 ばんばひろふみ, 杉田 二郎, 高田 渡 (敬称略)

この映像をTVで見たとき、観客の人々が、山本潤子さんの「卒業写真」を聴き
泣いていました。
元々、赤い鳥やハイファイセットが好きだったのですが、このときのしっとりと
歌い上げる素直で艶やかで、軟らかい歌声に、ワシも参りました。
横で、MartinD-45を甘ったるく弾いている伊勢正三さんも渋かった。

ワシが好きな日本人のVocalistは特徴があるようだ。
堀内譲さんや山本純子さんには共通点があった。

ガナらない。(シャウトしない・・・していても気にならない軟らかさ)
歌いだしがすっとスラ〜気味に音程を取る。
余分なビブラートをかけない。
裏声と地声の切り替えがスムースで気付かないくらい。
コーラスが得意。
 などなど沢山ありますが・・・。


 

で、最近このアルバムを購入しました。
2枚組みのアルバムで赤い鳥からハイファイセットまで
そしてソロになってからの作品もありで満足できる内容です。

普段はエグめのRockを好きでエレキを弾いたりもしている
ワシですが、J先生が、しみじみ弾くバラードには共通点が
あるかもしれません。

スラ〜気味にアームをコントロールし、音程を取るところ。
つまり味のある歌声をJ先生は再現しようとすると、そうなる
んだなぁ・・・と、勝手に解釈していますが・・・。
できそうで、これが出来ないんだな〜。

ところでこの2枚組みに1曲だけ入れて欲しかった曲があった。
「胸のぬくもり」・・・という曲だった。歌詞が素晴らしいし歌声も
ぴったりな曲です。
アルバムハイファイセットの「卒業写真」に入った名曲です。

あなたのぬくもりを今でも忘れない。
私のこの胸が大事に覚えてる
今では悲しく震えているのよ
すすり泣くの 夜になると 小さなこの部屋で
あなた求めこの街出たい 鞄一つ携え
愛をたずね歳とったって 私はそれでもいいわ

あなたのやさしさや小さなことがらを
私は今だって 大事に覚えてる
忘れてしまえと 友達は言うが
そんなことが出来るならば
泣いたりしないでしょう

いつかきっと再び逢える
遠い町の何処かで
愛をたずね年とったって
私はそれでもいいわ
| アーティスト | 22:18 | comments(24) | - | pookmark |
フラ・ノード2009
昨日はフラ・ノード2009のイベントが芸術の森でありました。
入場するフラマニア

昨年もZeppで見たエイミー・ハナイアリイ・ギリオムさんのイベント
でも驚いた日本の、いや、北海道にこんなにフラダンスの教室が
あって先生もこんなにいて、生徒がもの凄い数です。
最初は芝生で

これからはフラダンスが更に更に広がることでしょう。
何故ならば
1)お年寄りからお子様まで誰でも踊れる種類がある
2)楽器がウクレレであり安価もあり導入しやすい
3)お婆さんが娘に=>娘が=>子供に
  これが知人・友人・親戚を通して拡大している
4)先生が素晴らしく、ああいう踊りをしたい・・・と弟子が増えている
5)曲が明るくて、ハワイアンからレゲエ、カントリー調など
  バラエティに富んでいる
などなど、理由をあげたらきりが無いくらいに要素があるのです。

もしかしたら、私もウクレレをよさげな物を買ったりして
(ハワイから買い入れるか?)更に、今ある、Fenderのスチール
ギターを駆使し、そしてアコギとエレキでハワイアンを勉強すれば
そこそこ、おじじになっても、活躍できるかもしれませんぞ。

なんて、そんな甘いものではありませぬ。とほほ。
言ってみたかっただけです。

ほんで、1部は41組程度の教室の生徒さん・お師匠さんが踊り続けます。
MCはノース・ウェイブのノビー池田さん。流石にいい喉をしておられます。
ノビーさんにも、ハワイのブライアン・ケスラーさんの新作CDを渡し
番組でかけてくれるようお願いをしてみました。
きっと近々取り上げてOnAirしてくれることと思います。


いやいや、凄いダンサーの数々。3歳から60代?まで踊り手が数十人
単位で入れ替わり立ち代り、大変なもんです。
天気も良くて暑い一日でしたが、夕方からの冷たい風が気持ちよすぎ。
更に陽が落ちるころから寒くなってきて皆さん長袖やフリースを着込み
ステージを楽しみます。

2部はトニー・Cさんのステージ。正統派のハワイアンのボーカリストで
裏声の切れ味と透明感は流石に超一級品ですね。
バンド構成はウクレレ(トニー)・ミニベース?・アコースティック
ギターの3本。
迫力の本場の踊り手が2名やってきました。皆さん、口を開けてあんぐり
見つめていました。

3部の始まり。14:00から待ちましたがやっとナ・レオの登場です。
凄い黄色い声が更に高まりました。裏声をひっくり返してあんなに
黄色い声になるのでしょうか。凄い歓声です。
踊りを踊るハワイのミスユニバース(フラ)の女性もとても人気が
ありました。

しかし、ワシらの目当ては、ブライアン・ケスラーのギターであります。
初めてオーディエンス側として見れるこの幸せをかみ締めています。
来たぞブライアン!

中盤までは1曲ごとにギターをアコギ<=>エレキギターに取り替え。
ギターはいつものコリングスのOM−2Hであります。
このギターでカッティング・指弾き・ストローク・リードなど
全てのテクニックを披露してくれます。

高域よりなライブパフォーマンスが多い今日、粒立ちの良い音で
実に、艶のあるしっとりとした音色です。
高音がキンキンしないのもいい感じです。
低音は程よい深み。中域も指弾きでポロンポロンと優しい音色です。

とにかく格好いい!
エレキは昨年も持ってきてくれたトム・アンダーソン。ストラトタイプ
ですが、ファインチューニングシステムとビックなシングルコイルが
持ち味で、ストラト特有のパリン・コリンとした高域と太い丸みを帯びた
低中域が特徴です。
例のエフェクターを使い、メロウで明るい音色ながら、しっかりと
ドライブ感も出しておられます。

ブライアンに惚れ直しました!
アンプはFenderの真空管のツインリバーブ。うぅむ。いい音だ。
ワシも手放さないで、暫く持っておくか。(笑)

って、写真が小さすぎてどれが誰なの?と思われると思います。
向かって右端がブライアンさんです。
ナ・レオの歌声とバンドとしての音量のバランスも絶妙。
これ以上、上げるとボーカル・コーラスを喰ってしまうので
ちゃんと皆さん、心得ています。

そして長年のツアーで気心もテクニックも間合いも知り尽くして
居られるのだと思いますから、正確で無駄がありません。
リードやソロだけでなく、小節の終わりのオブリも誰もカブらずに
さらりと決めてくれます。
もう一本のアコギ(テイラーのDサイズ)ともコードポジション
でさえ、一緒のところは無く、完成度が極めて高い演奏でした。

こうやって世界中をツアーで回っているのですから、旅行中の
宿泊・移動・食事・ショッピング?などなど、全ての行動を
一緒にとるわけです。
プレイ以外にも気が合い、協調性がなくては、長く続けていけない
ものでしょう。

ブライアン兄貴も、そういった人格と技術を評価されての長い
お付き合いなのだとおもいます。
実際にプレイを見て、あれ以上にナ・レオにフィットするアコギ
とエレキを両刀で使える方は、ハワイのミュージシャンも多いと
言えど、そうはいらっしゃらないと思います。

ブライアン兄貴の手元・足元(ペダル)・フレットポジション
ボリューム&トーンなど、瞬きできないくらい食い入るように
見ることが出来て、わしは満足でした。

ステージが終わり、昨年のライブをサポートした4人で打ち上げ。
昨年のライブの後の打ち上げと同じ店を使わせてもらいました。
ブライアンもご機嫌で宿泊先のホテルまで送りましたが、嬉しかった
ようであります。

さて一夜明けて、午後の飛行機で成田へ向かう空港へお見送りに
行きました。昨年の11日間の同行後、ライブが終わった後は
淋しくなり、見送りを避けたのですが、今年は行くことにしました。
千歳空港

空港でちょっとだけ気持ちばかりのお土産を買ったあと、丁度
ナ・レオ御一行と思われる人々を発見。ギターを持っているから
直ぐにわかりました。

ブライアン兄貴も周りのバンドメンバーもナ・レオの御3方も
お元気そうであります。とにかくこの3人、毎年北海道にも
来てくれるのでしょうか?
そうなると、ブライアン兄貴と毎年会えますね。

間を空けずにまたやってくるよ。昨夜は本当にありがとう。
楽しかったよ。お気に入りのJのDVDがあるんだ。
今度みせてあげるよ。

なんて言っていたのですが、ワシの英語力では「A Ha」しか言えません。(笑)

ワシは待っているよ。それしかいえませんでしたが判ってくれた
ようです。
搭乗口のブライアン(ギターを背負う)
後ろ姿をみていると淋しくなりますが、振り返らず歌姫3人と
16番ゲートから見えなくなってしまいました。とほほほ。

淋しくて、新しい「ゆるカフェ」を聴いて車をずっと運転してドライブ
してました。
「夏陰〜なつかげ」という曲が13曲目にありますが、今日の心境に
ぴったりで、沁みました。

皆さん、珈琲を飲みながら、本を読みながら、ケーキを食べながら
このアルバム聴いてみてください。本当にアコギとウクレレとエレキも
数曲ですが、美味しい味が出るところを知り尽くされた演奏だと
思います。本当にいいです!!お勧めです!!

ハワイの兄貴・・・・。また来てください。待ってます。
駄目な弾き手の日本の出来の悪い弟より。
| アーティスト | 21:41 | comments(6) | - | pookmark |
投票の御依頼!!
昨年2008年、Dellaから、発売された【Hula Jazz】が
同じく2008年【Hawaiian Jazz】という名前でハワイ
でも発売されました。

昨年9月に帰郷された、ちびこさんの旦那様であられる
ブライアン・ケスラーさんがもっと沢山の方に聴いて
もらいたいという思いで、今回、この賞にエントリー
されております。

部門は、ジャズ部門です。
こちらから、投票できます。
http://www.hawaiimusicawards.com/

ハワイ時間1月31日までです。
1つのメールアドレスに1回の投票が可能です。
是非とも、今すぐ皆様の投票をお願いいたします。

http://jp.youtube.com/watch?v=03T_ti1Vx48


40秒後に【Hawaiian Jazz】が出てきます。

Hawaiian Music Awardsのサイトにいき

1.”Vote now!!”をクリックします。
2.Eメールアドレスを入れます。
3.カテゴリーの中から、”Jazz”をクリックします。
4.【Hawaiiann Jazz】のCDジャケットの左にある丸の部分をクリックして、
  ”Submit Vote”をクリックして下さい。
5.他のカテゴリーを選択したい方もそうでない方も
  "Skip to next category"をクリックして下さい。
  そのまま、投票を終えたい方は、
  "Skip to next category"をクリックして下さい。
6.最後のページに来ると自分のEメールアドレスの下に
  コードを入れる欄があるので、その欄の上に見えるコードを入れ、
  Submit Voteをクリックすると完了です。

以上です。
今すぐ、投票を!宜しくお願いいたします!!
| アーティスト | 23:10 | comments(2) | - | pookmark |
BryanKesslerさんからのメッセージ
ブライアン・ケスラーさんから日本の皆様へ
メッセージが届きました。

彼の日本向けブログで公開されております。
是非、みてくださいね。
| アーティスト | 19:48 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
サプライズゲストで....
今日もブライアンケスラーさんご一家と同行しております。
午後からは市内のMojoHandに行ってみました。
店の中はアンティークな雰囲気でブライアンさんの息子さんも
気に入ったものがあったようです。
MojiHandにて
マスターのギターを爪弾き、歌ってくれましたよ。

その後は一度私のうちにやってきて、私の家族と対面。
私の息子は照れているのか?引っ込んでしまいました。
次回は私のタコ部屋でブライアンさんと一緒にギターを
弾いてみたいですね。

さて、それからあっぺさんとゆみぺさんのキャトル・フィーユに
向かいました。
ここでは美味しいケーキがあるので、今日だけは少々甘めのもの
を多めにみてもらえて、ブライアンさんの息子さんも楽しみにして
います。まずは、オレンジジュースを頂いてます。
キャトルフィーユでオレンジジュースを

そしてこれはバナナのシフォンケーキです。
キャトルフィーユの定番バナナシフォンケーキ
ちび子さんが小さな切れ端を食べると、息子さん...怒ります。(笑)

さて、夕方千歳の博信堂では恒例のGTライブが行われておりました。
道路は歩行者天国ですよ。(ちゃんと道路使用許可頂いております)
昨日も新聞社の取材で訪れたこのお店に今日もサプライズゲストで
出演させて頂きました。

博信堂では札幌のオープニングアクト出演するちゃむさんとご対面。
挨拶を済ますやいなや、店内のスタジオで、秘密のGIG(セッション)
実はこの曲を本番でもやる予定です。
千歳博信堂のスタジオにて
そのセッションを聴いていたGTライブ常連の皆さんも、更にGIG!
それを観ていた他の出演者さんも、舌を巻いてましたね。

挨拶では緊張気味のちゃむさんも徐々に打ち解けてきました。
千歳博信堂 ちゃむさん
本番もさらりとやってくれることでしょう。

余裕でソロプレイを繰り出すブライアンさん。
ソロを弾くブライアンさん

ちゃむさんとの打ち合わせも終わり、ブライアンさんはソロアルバムから2曲。
歌声は甘くせつなく暖かいですよね。
博信堂の店前にてGTライブへ飛び入り

9月の夜で肌寒くなってきましたが、ギターの音色がふくよかで心が暖まります。
博信堂の店前にて GTライブ店横から

博信堂 GTライブ 店正面から
沢山のお客さんが椅子に座って見守ってくれます。

博信堂の遠めから GTライブ
立って観てくれたお客さんも多数おりました。ありがたいことです。

最後にちゃむさんと先ほど打ち合わせをした曲でセッションです。
博信堂GTライブ 店横からちゃむさんとブライアンさん
音合わせしているので曲の進行もスムースです。
恵庭と札幌のライブではエレキ(ストラトキャスター)でアクロバットな
ソロの展開が見れることでしょう。

写真には無いのですが、カッキーさんのMCでいきなり、ちび子さんへ
出演が振られました。これはまずい....と、思ったのですが
逃げれない状況で、ちゃむさんとワシのバッキングで、ちびこさん
歌いました。むむむ...歌詞カードもコード譜も無いので、危ない演奏
でした。あっぺちゃんが居てくれればなぁ....とほほほ。

とにかく博信堂の尚ちゃん、典大さん、カッキーさん、スタッフの
皆様、暖かいご声援を下さった皆様方、ありがとうございました。
また23日もお待ちしております。


バナー
9月27日(土)in キャバーンクラブ
札幌市中央区南5西2サイバーシティビル4F
http://www.fact-web.com/cavern/
17時45分開場 18時開演
チケット前売り:3,000円、当日券:3,500円

9月28日(日)in 恵庭 夢創館
http://www4.ocn.ne.jp/~musoukan/
恵庭市島松仲町1丁目2-20
PM18:30開場、19:00開演
チケット前売り:2,000円、当日券:2,500円

9/23(TUE)尚ちゃんの千歳市博信堂にてブライアンケスラーのインストアライブがあります。
もちろん入場は無料!!開催時刻はPM3:00です。

CDの即販もありますので、この機会にサインと一緒にゲットしてみませんか?
〒066-0063 千歳市幸町2丁目9 TEL(0123)23-3386
http://hakushindo.ojaru.jp/
| アーティスト | 22:17 | comments(12) | trackbacks(0) | pookmark |
早速掲載!
連日の話題提供です。当面これが続くかも?(笑)

早速昨日の取材の記事が新聞に載っております。
とは言ってもこの地域だけのローカルな枠にですが。
いつもは編集に2〜3日かかるのですが、今回は
早かったですねぇ。
どうりで夕べ何度も確認の電話が入っておりましたが。
札幌方面の皆さんも記事を読んでみてください。
クリックすると拡大されます〜!!
News Mini Size
| アーティスト | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いよいよです。
去る15日、私たちの4人バンドは収束致しました。
これからの活動は未定ですが、それぞれソロでやるのか?
まだまだ何も決まっておりません。

今は友人のブライアンケスラーさんの初ソロライブを
ただ支援し、成功させることをこの先1週間後まで頑張りたい
と、思っています。皆様、どうぞ宜しくお願いいたしますね。

早速ですが、本日千歳空港にケスラーさんご一家が到着しました。
まずは軽く昼食とご挨拶を兼ねて千歳市内の食堂でご対面です。
3歳半の息子さんはお疲れで寝ておりましたが、可愛い盛りです。

ケスラー夫妻
旅の疲れも見せず笑顔で応えてくれるケスラー夫妻。

通訳班
通訳班の女性二名。ぼかしを入れましたが、左のお方はあまりにも
有名なあの人です。(笑)

この後、博信堂で2つの新聞社さんの取材を受けました。
LOCAL版にはなりますが、おそらく9/21-9/22の記事になるものと
思われます。
取材ではスラックキーギターについてと、どんな音楽のジャンルなのか?
更にハワイアンスタイルバンドとは?ヒーリングのCDについて
奥様との馴れ初め(笑)、などなど興味津々で質問が絶えませんでした。
もちろん、ちょっとギターを抱えて、暖かい音色を聴かせてくれました。

取材が終わり、いつもの陽だまりのテラスでcafeとスコーンを皆で
食べました。美味しいと気に入ってくれました。
ここでもケスラーさんはブラックバードとアンド・アイ・ラブ・ハー
のBeatlesのナンバーをしっとりと弾き語りで歌ってくれました。
お店にいらっしゃったお客様は、超ラッキーですねぇ〜。(笑)

私はこの先1週間、ケスラー夫妻と行動をなるべく共にしてチケット販売
や、プロモーションであちこち走り回ります。
皆さんのところに顔を出したら、是非暖かく応援してくださいね〜。

バナー
9月27日(土)in キャバーンクラブ
札幌市中央区南5西2サイバーシティビル4F
http://www.fact-web.com/cavern/
17時45分開場 18時開演
チケット前売り:3,000円、当日券:3,500円

9月28日(日)in 恵庭 夢創館
http://www4.ocn.ne.jp/~musoukan/
恵庭市島松仲町1丁目2-20
PM18:30開場、19:00開演
チケット前売り:2,000円、当日券:2,500円

9/23(TUE)尚ちゃんの千歳市博信堂にてブライアンケスラーのインストアライブがあります。
もちろん入場は無料!!開催時刻はPM3:00です。

CDの即販もありますので、この機会にサインと一緒にゲットしてみませんか?
〒066-0063 千歳市幸町2丁目9 TEL(0123)23-3386
http://hakushindo.ojaru.jp/
| アーティスト | 23:59 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |