CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

JeffBeckが好き・・・ブログ!

アコギとエレキのギターが大好きで正体バレバレの怪しい初老おやじのブログです。
ワシは頚椎ヘルニアに悩み、半ば家族にも見捨てられながらも必死に己の趣味の世界に没頭するのです。
さぁあなたも一緒に填まりましょう。
オメデトウ!
JUGEMテーマ:スポーツ
夕べは、アラームをかけて寝たのですが、少し興奮していたのか2時前から目が開きましたが3時まではベッドに入ってました。

3時前からTVをつけていましたが3時を過ぎて、そろそろ起動〜。
20100625-052920.jpg
お湯を沸かしティーパックの珈琲を入れて観戦準備をします。
冷蔵庫で良く冷えた函館プリンを出して食べながら、TVを見ます。
うぅぅむ。このプリンは何ちゅぅ〜か、キャラメル味ですが、サッパリしていてぷるぷるしてます。
とても美味しい朝であります。

試合は遠目の右側から前半強烈な本田のFKがGKの動きの逆をついて豪快にゴール左に突き刺さりました。
更にFKの二本目。また誰もが本田が蹴ると思ったのですが、いつものとおり遠藤がまたもやGKの逆を突き、右ポスト外から緩やかに柔らかい弧を描いて右隅に落として決めるという素晴らしいゴールで2点目でありました。

この時点でかなり日本は有利になり、前半を終えました。
前半が終了し、休憩を挟んでデンマークも攻撃的にパワープレイを敢行してきました。

両国とも体力を消耗してきてマークも甘くなり始め、不可解な笛ばかり吹く主審によりPKを与えてしまいました。
川嶋はコースを読み反応、いったんは前に弾きましたが、前に詰めていた選手にやられました。

気を取り直し、またチャンスを伺い、前線でチャンスがやってきました。
速攻と細かなパスワークでフリーになった本田が途中交代した岡崎にパス。
完全にGKは振られていたので、岡崎は流し込むだけ。

試合の入りなどいくつか課題もいくつかありましたがこれだけの結果を誰が予想できたでしょうか?
そして他国開催では初めて決勝トーナメントに進んだ日本。
これは新たな歴史の幕開けであります。

この先はパラグアイ。以前に何度か勝ったり引き分けたりしております。
南米の素早いパスワークと独特のリズムにどれだけDFが付いていけるかが鍵となりそうです。
互角の力とみておりますのでBEST8も夢ではありません。
また楽しみが増えて、嬉しいですね。

朝早くから起きた皆さん、徹夜した皆さん。本当にお疲れ様でした。
とにかく今日一日、われわれも頑張って働きましょうか〜。
| サッカー | 05:29 | comments(6) | - | pookmark |
引き分け
今日は久々にサッカー観戦に行きました。と、いうか、今期初観戦であります。

その前に実家のお袋からオンコの木をカットしてくれと先週あたりから頼まれたので渋々出て行きました。
オンコの木の枝や葉っぱ等がカットするたびにワシの顔、腕、頭に降り落ちてきます。
何だか気持ち悪いし、汗もじょぐじょぐ吹き出てきて最悪の気分。
でも、まぁ何とか3本のカットを1時間くらいで終えました。
全身汗まみれです。自宅もやらなきゃならいないんですが・・・・。省略・・・。^_^;

で、今日はJRで向かいました。途中快速へ乗り換え、新札幌からまたJRバスに乗り換えて聖地厚別競技場へ到着しました。
今日はSAのチケットを持っていたのですが10年来の仲間の居る所へ移動しようとすると、まずアウェイゴール裏は通行できないとのことで、一旦競技場の外を回ってあるいていました。
いつもなら入れる第3ゲートの奥の方ですが、全く入れる気配がありません。

あちこちアウェイ入り口
この看板を見ると右側へ回れといっておるようです。
炎天下の中を結局第4ゲートまで歩かされ、ヘロヘロです。
それならそうとちゃんと案内しろ〜と、言いたかったなぁ。(誰に?)

清水エスパルスサポーター
ここは清水エスパルスさんのサポーターが占めるアウェイ専用席であります。
好きにしてください。はい。なんせ1000人も北海道まで来てくれて有難い話です。

席に着くとAの里から来ているAさんが東京方面から好青年が来ると話してました。
青年といっても33歳らしいのですが、お逢いしてみますと確かに清々しい方でした。
一緒にいろいろ話が出来て楽しかったですなぁ。それからK親分にも逢えましたしね。

必勝弁当
さ、今日も恒例の必勝弁当を購入しました。

必勝弁当 解説文
これはその日の相手チームのホームタウンの名物をおかずにして食べてしまえというもの。

必勝弁当 中身
今日はシーチキンサラダが名産品らしい。頂きました〜〜。

自転車に乗るドーレ君
そんな中、ドーレくんが自転車をこいでやってきました。
子供たちにも大人気でした。
エスパルスサポからも可愛がられておりましたなぁ。

コンサドーレ ユース・ジュニア・キッズ
で、今日は試合開始前にコンサドールズユース・ジュニア・キッズの皆さんが踊ってくれました。

コンサドールズはJリーグで初めてオフィシャルダンスドリルチームとして公認されたチームです。
わたしもここのディレクターK先生とは長い付き合いになりました。
K先生も相変わらず頑張ってくれております。

さて試合開始です。エスパルスはドラム(ミニ?)を持ち込みシンバルの他、打楽器も多数使いながらサンバのリズムを刻みます。
エスパルスアウェイ応援席
まるでリオのカーニバルのようです。賑やかですなぁ。

で、試合は残念ながら引き分けでした。
先制され、追いつき、また入れられ、また追いつきという形で負けなくて良かったが、勝てた試合でもあるような、ないような。
まぁ引き分けは上々ではないですが、実力的には、こんなものなのでしょう。

ゲームの入りも良くなかったですが、MF右の起用には私は不可解でした。
後半中盤からの方が明らかにボールが動いてカバーリングも出来ていたように思えます。
しかしここらでしっかり2連勝くらいしないと、チームはかなりJ2落ちに向かうことになります。
もうJ2はさぁ。行きたくないよね。お願いだからFWはちゃんと決めて、MFはしっかりフリーで繋いで、DFは簡単にフリーな相手選手を作らないで〜〜。

帰宅した頃には腕も首も顔も額も真っ赤っかになってしまいました。
こんなに日焼けしたのは久しぶりで気持ちが良いかも。
| サッカー | 23:53 | comments(6) | - | pookmark |
今年も開幕
今年もS幌DOMEのホームでJリーグディビジョン2が開幕となりました。
今から10年前からほぼ試合を見て応援して来ましたが、毎年落胆でシーズンを終えるケースが多いのですね。
我がコンサはJ1に上がった1回目は、過去のJ1の成績による勝ち点の順位が下位3チーム入ってしまい、入れ替え戦をやる破目になりました。
これが運の無さというのか、あと数点勝ち点があれば、真ん中より下位とは言え、常時J1チームになれたかもしれないのですね。
で、その残留戦に負け、その後、日本代表監督を務めた岡田さんがやってきまして、2年でJ1にあげてもらえましたが、あれはエメルソンの爆発力よるものが大きかった。
彼の抜けたコンサはまた厳しい試合を強いられて、結局J1には1年しか居れなかったのです。

で、今年はヤンツーこと柳下さんのあとを継いだ。三浦監督でキャンプから、そこそこやれるチームだと思ってみてましたから、今日のゲームを見るのは楽しみでありました。

その前に、まずは家のものに「今月末で地方に転勤になるとサッカーも見れなくならから・・・」と言い訳をいい、切り出して、何とかサッカーを見に行けることになったのです。
いやはや、スポーツ観戦も神経を使うものなのです。^^;

で、いつもの道を歩いて札幌ドームへ続く歩道橋を渡りドームへ向かいます。
札幌ドーム 階段
正午に会場ですが、私は12:15頃入りました。キックオフは14:03の予定です。

それにしても南ゲートに抜けるこの道は外から入るととても暗くて、大人のワシも気持ちが悪い。
札幌ドーム 南ゲートへの通路
でもトイレとか綺麗で空いてます。

まずは、席を確保したあと、10年前のアウェイで仲間になった人たちに挨拶をしなければなりません。
そしてケンタッキーのカツサンドを購入し、食べながら話をしていたりしました。
昨年末に体調を崩した、たかたかさんも少し痩せましたが、元気そうで安心しました。(´▽`)

ドールズのダンスパフォーマンスもみれたし、いよいよ試合が始まります。
20070310 札幌ドーム VS鳥栖1

今日は選手入場のときに、携帯ミニ扇風機と発光ダイオード技術を応用した「メッセージミニファン」のグッズが石屋製菓からプレゼントされました。
メッセージミニファン
文字が「CONSADOLE SAPPORO」とかメッセージが変化してとても不思議です。
子供でなくてもこれは楽しめて面白いですなぁ。

今日の試合は夕張市の成人式で有名になった実行委員会メンバーの土屋美樹さんのキックオフでスタートした。
20070310 キックオフ
前半からまともにパスも繋がらず、セカンドボールも拾えなかった試合運びに厭な予感が・・・。
10分が経過しそこそこチャンスをつくれるようになりシュートも打てるようにはなった。
20070310 試合開始!
が、今一面白くない。中山も器用にヒールパスやバックパスなど小細工をしていて体は切れているようだが、あの男はもっと泥臭いサッカーをやるはずなんだが・・・・。

退屈になってきた頃、前半29分に芳賀のパスにMF藤田が走りこみ、左足でゴールを決めた。
藤田のスピードは、時折100mの陸上の選手かと思えるほど、猛烈に速かったなぁ。
しかし、なんだか今日はしっくりした計算されたというか、練習で磨かれたプレイはあまりみれなかったなぁ。

それにくらべサガン鳥栖は決定力に欠けてはいたが、中盤からMF19山城とMF22石田が非常に粘り強いディフェンスと球回しが出来ていて、素晴らしかったなぁ。
前節5失点したサガンにこんなにかき回されているようじゃ、現在のコンサのチームの力は最下位といってもいい実力なのかもしれない。

シュートはサガンの8本にくらべ、倍近い15本を打ったが全てフィニッシュがお粗末。
今日は前半で相手が1名レッドカードで退場になり、本来は後半、2点は取らなきゃいけないゲームだった。
ボールを持ったときやパスを貰うスピードは今一で、全体的に動きが重かったなぁ。
後半もちぐはぐな連携が目立ち、まだまだチームの完成度が低かった試合であった。

んなことで、とりあえず、さっさと帰路につきましたが、帰りにはキャトルフィーユへ寄りました。
買い物もちょっとあったものですからね。

今日はキャトルに先月キャトルやハグネットOFMで衝撃のデビューを果たしたT歳のACIDSOULのギタリストT.hideくんと彼女がやってきました。
まだ2人は22歳ですよ。若くて、いいよなぁ〜。

20070310 マンゴパイ
今日も食べましたよ、ケーキセット!今日はマンゴパイですよ〜。こいつも美味かったよ〜。
20070310 マンゴパイケーキセット
改めて宣伝しますが、どのケーキも味が良いのですね。甘くない訳ではないのですが程よい甘さなのですね。
幸せな夕暮れ時でしたなぁ〜。ご馳走様でした〜〜。
| サッカー | 21:45 | comments(13) | - | pookmark |
今日は快勝!
今日はきましたよ〜。仕事を終えて何とか試合に駆けつけることが出来ました。
今日はJ2トップを走るKチームとの試合。ここのところ調子がいいコンサだが前節は辛勝しているが前々節では不甲斐ない試合をしており、まだまだ楽観できないチーム状態である。
しかし分析すると爆発的に攻撃力も無いが、そこそこボールを拾えて、そこそこ守れている。
そして数少ないチャンスの中で何とか最低限の得点もあげている。

現在5位につけているが、今日は首位との対戦とあって気合も入る。
平日の試合にも関わらず6000人以上の観客があつまり応援している。
コンサ67121
あちらさんのKチームサポはラッパ・鳴り物・拡声器の他、なにやら大音響で音楽を流すという、やりたい放題の荒々しいサポ。
まぁよくもここまで好きにやってくれるもんだ。

自分の庭を荒らされているようで腹も立つが試合でけりをつけて気分良く帰りたいと思うのだ。
ワシの描いたストーリーは・・・・
前半15分までに先制し、そして前半終了間際に追加点を取り、Kチームを疲れさせる。
そうして後半耐えに耐えて、相手をいらいらさせ、イエローカードを連発させ、相手は一人退場となり10人で戦わせる。
そして残り10分で追加点を奪い、完全に戦意を喪失させたい。

しかし実際試合をやっているとそうもいかないものだ・・・が・・・。
試合開始7分、フッキがドリブル攻め上がり、左へ走りこんだ石井へパス。これを受けた石井が左足で右ゴール隅にこれぞ基本だ!というシュートで先制。
ここまではシナリオどおりだ。

しかし22分、右サイドでサイドバックの選手に弾道や球速はそれほどでもないもののワールドクラスのコースから打たれ失点。
まさかあそこからは・・・と選手の油断がみてとれた。

まぁしょうがない。気を取り直してシナリオどおり前半終了間際にシュートを決めてもらいたい。
しかし流石に好きに攻めさせてはくれないKさん。
中盤を徐々に支配されていた前半40分フッキがペナルティエリア内で倒されてPKをゲット。
いつもPKが下手糞なフッキで心配したが、きっちり右サイドに低く決めてシナリオどおりの追加点!

まぁ失点は計算外であるし、相手は首位だからある程度の反撃はしょうがない。
問題は後半だ。後半、攻めの姿勢と、走りきりボールを失わないことが重要である。
そのうちに相手もイライラしてイエローがどんどん出るはず。
ハーフタイムに切れ味抜群のドールズさんのダンスをみて気持ちは後半へ!
コンサ67122
しかしイエローが出て退場になるのは何とフッキだ。後半24分相手DFに対するファール2枚目で退場してしまったではないか。
10人で戦うのはこっちのコンサになるとは〜〜!ゞ(▼ー▼)ゞ

しかし前節も退場の後でもしっかり守れて攻めれるのが6月以降のコンサなのである。
パワープレーが続くKチームにもひるまずギリギリの守りが続く。
GKの林も再三の冴え渡る飛び出しとシュートへの反応を見せる。
はらはらドキドキが続いて、更に前々ボールに触れないのが見えている中山を投入。
和波と上里はいいとして、何故に?中山??と思っているとやはり今日もせり負け、走り負ける。

KチームはDFに昨年のうちの池内以上の凄い得点能力を誇る32番がいる。
凄い体格でトップスピードでゴールマウスに飛び込んでくる。
もう危なくてみていられない。
FWも韓国人からブラジル人に替えて更に上背も高く本当に心配だ。
残り3分のロスタイムもねっちりと守り何とか1点差を守り切り勝利をゲット!

今日は感激した。負けない。いや勝つんだという闘志が殆どの選手から感じ取れた。
以前なら直ぐに同点・逆転されていたが、今年の6月以降は違うチームになった。
これで今日途中出場の上里がスタメンに上がると、どうなるのか?

まだまだJ2は面白い。このまま8月まであと4勝は連勝してくれればJ昇格が見えてくるというものだ。
体の都合がつく限り、音楽の傍ら応援していきたいものだ。




| サッカー | 22:58 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
久々にレポート
今日は仕事を?兼ねて??午後からサッカー観戦に出かけた。今年はワシも中々忙しくこれで2試合目の観戦である。
いつものように会場へ入場し、パンフを貰い、更に今日はハウスメイトのサンクスデーで、昨年はタオルマフラーが・・・。今年はコンサの赤いビブスが手渡された。
そしてハウスメイトから抽選用の券も配られた。Noを見ると0*148。私が選んだ席は148番・・・・。
へぇっ?と思ってなんか今日はいいことがありそうな予感だったが何も無かった。
本日の収穫
これがそのビブス。大人も子供も着用できるようにフリーサイズだが、男には少々小さめである。
ハウスメイトビススなの
それにしても毎年こんな素敵なプレゼントをしてくれるスポンサーはありがたい。
私の仕事上のお付き合いもある会社で本当に好感がもてる会社である。

さて肝心の試合は、山形のFWに縦ポンのパスから抜け出されたり、マークを振り切られたりで前半は攻めきれない状況が続いたが、頼みのフッキが果敢なドリブルでPKを誘うことに成功。
第一クルー2回もPKを外していたので、今日も不安だったが何とか決めてくれてまず1点。
そして後半19分、砂川のFKに相川がヘッドで飛び込み綺麗に同点。
最高潮に盛り上がったDOMEだったが、惜しいチャンスに決めきれず、最後は疲れた両チームのジャブの打ち合いになる。
しかし時間切れで勝ち点は1点しか奪えなかった。まだまだトンネルが長い状況で10位ではJ1への道はかなり厳しい状況だ。
現在の状態では夏場が終わるまで5・6連勝でもしない限り昇格などありえなく、その素材すら見つからないのが悲しい。

ため息をつきながら今日のお楽しみ「ももかん」のライブを見に行く。
二人とも気取りが無く関西特有の爆笑トークのMCでどんどん観客を引き込み、おちゃらけではない分厚いキャリアを惜しみなくふんだんにかもし出す音色は圧巻である。
ロックの分厚いバンドも良いがアコースティックの2本のギターというのはバッキングとリードが絡み合いながらも聴き分けができるのでとても弾き手には楽しいものだ。
スタジオミュージシャンらしくソロやバッキングのフレーズやリフはとめどなく湧き出てくる。
羨ましい二人だが、それ相応の過去の苦労話を打ち上げで聞かされると「なるほどなぁ〜」と感心することばかりでした。

それにあの私が21歳のときに後輩が填まっていた「岸田智史さん」のモーニングのアルバムに入っていた「ガール」の華麗な間奏のスパニッシュなフレーズをコピーしようとして2週間くらい頑張った時期がありました。
で、ももたろうさんに聞いてみましたら「それは僕が弾いてますね・・・」といわはりました。
「えぇぇ〜〜〜」っと驚いてそれからも話し込みました。凄くももたろうさんの人柄に惚れてしまいました。
本当に行ってよかった・・・、というかHagc-net(北海道アコースティックサークル)に所属して良かったなぁと思えた至福のひと時でした。
| サッカー | 23:59 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |