CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

JeffBeckが好き・・・ブログ!

アコギとエレキのギターが大好きで正体バレバレの怪しい初老おやじのブログです。
ワシは頚椎ヘルニアに悩み、半ば家族にも見捨てられながらも必死に己の趣味の世界に没頭するのです。
さぁあなたも一緒に填まりましょう。
同級生
またまた人生の暗い話にもなろうかと思いますが、そういう年代なので致し方ありません。
自分がまだ保育所に通っていた頃、5歳離れた兄は小学生であり、3人くらいの親友が居て、年は離れていても丸太のバットで野球をしたり、して遊んで貰っていた。

Hくんは兄の親友の弟で自分と同い年でした。
小学校1年の時は同級生であり、農家育ちの野良猫のような自分とは対象的に街中に住んで都会的な雰囲気があり、滅多に声を出して怒らずいつもニコニコしている人でした。

小学校2年になると自分は区画整理の対象となり、農業地帯の小学校へ転校することになりました。
春休みに異動する担任の先生とHくんとの記念写真もあったのだと思います。

それから小学校6年になり、台風の大雨で通学途中にある橋が流されたため、自分は当時の市長にハガキで手紙を書いて「遠回りで大変だから転校させて欲しい!」とポストに入れたのでした。
1ヶ月後、教育委員会か何かの人が田んぼで働く父と母に、ハガキに決裁印を押したものを見せて「どうしますか?」と訪ねてきたそうです。

何も知らない父母は「おまえ、どうするんだ?」と聞いてきたので、その時、子供ながらに行き詰っていた自分は「転校したい」と答えたのです。

隣の地区にはもうひとつの農業地帯の小学校があったのでそこでも良かったのですが、元の街に近い方の小学校へ転校しました。

Hくんと同じクラスになりたかったが、それは叶わず違うクラスへの転入となりました。
そこでも新たな友達が広がり結果的には良かったのです。

中学校へ行ってもHくんとは3年間、クラスが異なり話をする機会が無いうちに高校へ進学。
Hくんは工業系のT市の高校に通うのでした。

その後、月日は25年も経過し、仕事でHくんのお兄さん、つまり自分の兄の親友と仕事の現場で時々会うことになります。
お兄さんも大学時代、ベースマンであったそうで音楽も仕事も趣味が合いますし、ワシの音楽部屋が出来た時には、兄貴と一緒に酒を飲みながら遊びにきてくれたり交流が続きました。

仕事でもお互いに困ったところをそれぞれの持分でカバー仕合い助け合いましたし、出張先では一泊、顔の効く旅館に泊めてくれて、寿司やお酒をご馳走してくれたのは2年前のことです。

Hくんはというと高校を出てから全国規模で道路・ダムなど土木系の土地開発を行う大手の会社に就職し、近年は地元の資材センター長や札幌での課長職を全うされてきたとのこと。

で、今週の3/6の朝、見覚えのある名前がワシの街の訃報欄にあるではありませんか。
Hくんの名前で年齢もワシと同じです。
間違いなくHくんだろうなと思いました。

兄貴の親友の自慢の弟がどうして?
今日の告別式で兄の親友が顔を見てやってくれというのでお参りしました。
安らかな顔で眠っていました。
朝、起きてこないので、見に行ったら心臓が止まっていたらしいのです。
くも膜下出血で本人も痛いと言う前に意識が飛んでいただろうとのCTの結果からのコメントらしいです。

50代半ばにして、大学生の長男・次男を抱える働き盛りだったHくんのご家族・ご親族は悲しみにくれておりました。

Hくんのお母さんは、自分の手を握り締め
「あんたのことはJRの中で一緒になったこともあり、知っていたんだよ。Hのことは本当に残念だ」
と話してくれました。

まだ50代、でももう50代。昔だとどんどん死んでいった年齢だ。
子供を育て、あと数年で退職し、旅行をしたいし家もそろそろ手を入れる頃だねと話していたという何処にでもあるような話ですが、明日はどうなるか解らない年齢に入っているということです。

Hくんも好きな釣りのため、ご実家に専用の魚を保管したりさばいたり、釣りの道具を保管する別棟を作ってありまして、趣味は堪能していたようです。

仕事も家の中でも真面目で、本当に昔から変わらない、人を悪く言わず、気を遣う男でした。
自分も今日も生かされているんだなと思います。
好きなことをして生きるのも幸せですし、仕事や趣味を通して知り合う人が沢山持てたのは有り難いことですし、感謝の気持ちを持ちながら、そして自分に正直にある意味、我儘に生きていこうと思います。
Hくん、さようなら。お兄さんとはこれからも仲良くしていくからね。ありがとう。
| ともだっち | 11:50 | comments(4) | - | pookmark |
祝・点火式
JUGEMテーマ:音楽 
たった一人で親友の車庫に向かい、先週末に設置された薪ストーブの状況を確認し、火を焚いてみました。

いや、これは暖かい。幾らでも無限にある薪ですから、この先10年は大丈夫でしょう。


ここで秋から春まで、殆ど使えなかったのですが、これからはのんびり秋の夜長から、真冬までこのストーブが部屋を暖めてくれることでしょう。


火を焚いてEsquireを大音量で弾いてみて、これは指も暖かく、時間を忘れて練習出来そうです。

って、家でも時間を忘れてやってますけど。
温度計と湿度計も設置されていた。



今週から10/22までは仕事が忙しいので、あまり遊べませんが、月末の10/27-28あたりはここでのんびり遊べたらいいなぁと思います。


やかんを買って、お湯を沸かせるようにしたいですね。


真冬の1月〜2月を除いて、おそらく朝までどんちゃら、騒いでも楽しい場所になりそうです。
なんせ、田舎なんで、誰にも迷惑が掛からないのが素晴らしいのですよね。
で、ここに遊びに来た人は遠慮なく、参加してくださいね〜。

親友の娘さんのバイク。



何でも揃っていていいなぁ。親友はちょっぴり趣味に贅沢なんです。


これは今年新たに設置した煙突。黒い煙突は高級らしいですよ。


木々とは離隔もとれています。


段々、秋も深まってきましたよ。


車には枯葉がどんどん落ちてきます。


こうして今年の秋も深まり、冬は直ぐそこに来ているでしょうか。
| ともだっち | 18:18 | comments(6) | - | pookmark |
再会・・・。
前から連絡を頂き、計画的に北海道をご旅行される関西にお住いの浅知恵さんご夫妻と2年ぶりに再会できる日となりました。

この日をどんなに楽しみにしてきたことでしょう。
以前から初めてお会いした気がしないのですが、今回ももう10年もお話をしてきたような錯覚で再会することが出来ました。

浅知恵さんと奥様のMeg.さんはとってもお元気で良かった。
今回も2年前同様にSHIMAさんとご一緒にお会いできることになり、更に強力なお友達のmimiさんと修さんもかけつけてくれました。
皆さん、お忙しいのに有難うございます。

この日のために計画的に11:30から(何と中途半端)お休みを申請し、そそくさと帰宅。
そうして、手ごろなギターやアンプを車に詰め込み、SHIMAさんのお迎え、続いてmimiさんを某E駅にお迎え、3人でE庭道の駅に向かいました。

2年前もここで待ち合わせ、浅知恵さんとお会いしたのでした。
昨日のことのような気もしますし、10年も前だったような気もします。

ここで、浅知恵さんとワシの出会いについてご紹介しましょう。
2年前にmixiのJeffBeckのコミュニティがあるのですが、その時にわしのつまらないけど、本人にとっては重要な局面での質問をしたのですが、誰も回答者がおらず、途方に暮れていたら、しっかりと回答を下さったのが、浅知恵さんだったというわけです。

何という親切なお方でしょうか。何度かメッセージを交わすうちに、お互いのBlogなどを行き来し、そうして2年前に実際にお会いできることになったのがご縁でございます。

何と言いますか、年齢も近いですしギターにかける拘り、ししてスパッと竹を割ったようなさっぱりとしたご性格と、力強い決断力に引かれるものがございます。
そして、ギターや音楽への価値観に同じ匂いを持たれているということ。(←ここ大事!(笑))

これが浅知恵さんのメルツェデスのキャンピングカー。

2年前と変わらないスタイルですが、ちゃんとバッテリーから何からメンテナンスされているのですよね。

で、例のワシの親友の車庫の2階に移動しました。
ここで修さんとも合流、男女6人の交流が始まりました。
早速、ワシが室蘭から取り寄せたモンパリの商品など、カットし供給開始。(笑)
これはまだ発売されていない新作「バナナとくるみのパウンドケーキ」です。

そして、もう3年前から?ワシが虜になった、チーズズコットです。
帽子の形はズコットと呼ばれるのですね。
これを冷凍したまま、クール宅急便で送ってもらうと、芯が冷えているので脳天まで伝わる冷たさと、チーズの美味さとまろやかな甘みが相まって極上の幸せを感じます。
一度、皆さんにも食べてもらいたいですね〜。

SHIMAさんの雪鶴。ふんわり軽い口あたりのブッセの中は、コクのある、とろけるようなまろやかさ。(もりもとHPより)

mimiさんが持ってきてくれた有楽製菓の白いブラックサンダー。
全国的にも有名な商品です。

お皿にとりわけ、みんなで食べました。
くるみとバナナのパウンドは甘さ控えめで、クルミがアクセントとなり美味しかったなぁ。

その後、おもむろにワシのエレキの中からテレギブとEsquireを引っ張りだし、2年ぶりの浅知恵さんとの共演。
(mimiさん、ピアノを出さなくてごめんなさいね)

その後、修さんと浅知恵さんとでアコギで遊んだり、修さんとワシで遊んだりして、時間はあっという間に夕方になりました。

そうして、車庫で一旦、お開きとし、修さんはご帰宅。
ワシら5人でもう一度、E庭の道の駅へ移動。
ここからSHIMAさんとmimiさんをお送りしました。

今度は千歳のサーモンパーク道の駅で再度、浅知恵さんご夫妻と合流。
千歳の錦町のそば屋「そばの味(そばのみ)」に行きました。
 場所は、
千歳市錦町2丁目29-2店舗は2階にあります。 
店内は、カウンター席に、小上がり、個室があり、和風の洗練された雰囲気です。
ここで、浅知恵さんご夫妻の記念撮影です〜。

3人とも合い盛りを注文。そのほか適当に3品くらいを頼みました。
ここで、まったり2時間はお話したでしょうか。
いやぁ、3人で人生を語ったような、濃い時間でありました。(^_^;)
ここは会計しようとすると、浅知恵さんがもうお支払いを済まされておりました。
大変、恐縮です。ご馳走様でした。m(__)m

更に浅知恵さんからは京都の銘菓を頂いてしまいました。
上品な味わいで、感動しました。何から何までご馳走様でございます。


SHIMAさんが撮ってくれました、浅知恵さんのベンツとワシの記念写真。
また来年以降、お待ちしておりますよ〜。
本当に楽しかった。浅知恵さん、Meg.さん、SHIMAさん、mimiさん、修さん、有難うございました。
| ともだっち | 23:01 | comments(8) | - | pookmark |
kんなに近くにいるのに
JUGEMテーマ:ビジネス
 今週の出張二日目であります。

20101221-212729.jpg
いつもの函館のホテルの無料バイキングの朝食です。
パンを食べるか迷いましたが鮭が食べたかったので和食にしました。

20101221-212658.jpg
かなり食べすぎで朝からお腹がパンパンです。

今日はワシの尊敬するギタリストでありバンド仲間の友人のkさんが勤めるあの町に行きました。
こんなに近くに会えないなんて・・・いけず〜。(笑)
会場で相談会の準備をして昼食です。

街から少しK古内よりに戻ったところにお蕎麦屋さんがあります。
20101221-212610.jpg
川浪さんのお蕎麦であります。

20101221-212536.jpg
手打ちで、短めの太い蕎麦は歯ごたえ十分。
天ぷらも良い衣で美味しかったです。

相談会は夕方で終わり、販売関係の関連会社の若きリーダーにビールを我々の自費(慈悲?)で一箱ずつ進呈しています。
これで年末まで頑張って売ってくれることでしょう?

20101221-212432.jpg
宿に戻り昨夜に続きコンビに弁当というのもなぁ〜と悩みますが、やっぱりホテルのレストランで「牛のたたき定食」を注文しました。800円!

20101221-212355.jpg
これが牛のたたき定食です。うぅぅむ〜。量が多いかな。

20101221-212245.jpg
牛は冷え冷えというか、冷凍したものを切っているのか?
でもお味はまずまずでありました。

さ、残すは明日ですが、函館で午後から電話会議に参加することになり、札幌へ戻るのはかなり遅くなりそうです。
部下4名は明後日の祝日返上で働いてくれますが、ワシは・・・。ワシは・・・。
ぐいたぁ〜を弾いていることでしょう。すまんこって〜。
| ともだっち | 21:49 | comments(4) | - | pookmark |
11/6のこと
JUGEMテーマ:音楽

11/6(SAT)は「だべり・・・」の集いがありました。
前日まで出張でちょっとお疲れモードでしたが気合を入れました。

いよいよ天才的なキーボード奏者であられますMax Mimiさんが北海道を後にして東京でのお仕事のため、引越しされます。
この方がおられなかったら、jeffbeckのギターなんぞ、人前で弾こうとは思わなかったかもしれません。

それに一度脱退したRock系のバンドにはもう二度と足を踏み入れられないと思ったものへ、再度、突入させてもらえたのも、この天才mimiさんの発言・言動が引き金になっていたのだと思います。

最初は口で煽られてばかりだったのですが、キーボード奏者で復活してからは、そのハードなプレイでワシを煽るのであります。
前の日に譜面を手にしても、翌日までには仕上げてくる。その為には徹夜も恐れない大和撫子なのであります。

mimiさんとプレイした機会は多いようで少ないかもしれません。
でもどれもが思い出に残っています。

最初は笛を二本同時にとっかえひっかえ吹くという荒業を拝見。
あの名曲「天国への階段」や「ハイウェイスター」を笛で見事に演奏したのを思い出します。

更にあのひでさん亭のバッキングを急遽、キーボードで出演することになったときも、あっという間にマスターして本番を迎えてくれてます。

また美唄のハワイアンなフラ・ホームパーティーで飛び入りのように参加して、そこでRockからPopsまで演奏もされておりました。

また極めつけはプログレから始まったセッションな集いにも意欲的に参加。
ワシもその勢いに乗せられ、JeffBeckセッションに参加させてもらったのも昨年9月のことです。

またピアノはギターと合わないという概念を持っておられたようですが、はぐねっとのOFMでは大石学さんがイーグルスのデスペラードをJazzにアレンジしたものを弾ききっております。
その際もワシはアコギでバッキングとリードを取らせてもらいましたが、あの圧巻の突っ走りには着いて行けないほどの迫力でありました。(笑)

そういった方ともう一緒にプレイできないのかというと、きっとまた時々北海道に来てくれそうですし、じめじめとはしていられません。

ここはケーキというケーキで送り出そうではありませんか。(爆)
モンパリのケーキにjujuさん特性のシフォンケーキ2個、スコーン3種、スフレチーズケーキ。
ゆーこさんのお饅頭などなど、本当に沢山食べました。

そこにRockやプログレなら何でも来い!!という70’の音楽にめちゃめちゃ詳しい、あのT原さん(mimiさんの高校生からのお友達)もやってきて賑やかな時間となりました。

最初は女性3名でワシもたじろいでましたが、あとでSaricさんとハミングバードさんもやってきて、ちょいとセッションも出来ました。
毎度、遠いところにかけつけてくれて有難うございました。

最初のうちはやかましく独奏会になってしまい、またバンド編成で演奏は出来ませんでしたが、Saricさんとのギター2本での初期のClapton物も楽しかったと思います。

そんなことでminiOFMとまではいかない集いでしたが、石油ストーブ持参で何とかこの季節でも楽しむことが出来ました。

次回は・・・?もう真冬に近く気温になるので、ちょっとあそこでは厳しいのかもしれません。
また機会がありましたら、どこかで集まり、アコギではぐはぐしたり、エレキでちょんわちょんわしたりしたいなぁと思っています。

その時にはまたよろしくお願いいたしますねぇ〜!
| ともだっち | 22:25 | comments(6) | - | pookmark |
11/6(SAT)ダベりんぐする?
JUGEMテーマ:音楽
 2006年に逢って半年を過ぎた頃から音楽の話で盛り上がったりしたもんだ。
もっとも高校生時代にLiveとかでピンクフロイドなんかをやっているのも観ていたんだろうと思うけど、どうにもおぼろげな記憶しかない。

当時、自分はFOLKやアコースティックから逃げロックだけに身を置きたいのだが、それも中途半端で、もう終わりだなぁと思いながら音楽をやっていたのだと思う。

それから20数年経過し、その頃の話が出来るのが面白かった。
しかしそのお方はロックからJAZZまで精通されており、ピアノと笛が吹ける。(バレたか?(笑))
最初は冗談でセッションしていたのだが、流石にプロのJazzピアニストにコーチされているだけに凄い人。
次はあれを弾きたいというと1週間どころか1日で弾けるようになっているから驚いた。

もっともそのJazzピアニストのナンバーや、あのマックス・ミドルトンまで弾けてしまう人はそうそう居ないと思った。
本当に原曲に忠実に良い音色を出す人だ。

更に凄いのはその企画立案・折衝の能力だ。
英会話力を十分に生かしたった一人で渡米してまで、ある集団を呼び込んで北海道でイベントを開催し、大成功させた本人だ。
あのコータローさんを呼ぶのも、もうメジャーになった後だからやめといた方がいいよ・・・という忠告に耳も貸さず、どんどん話を進め、あっという間に実現となった。

ワシはこんな人は見たことが無いし、聞いたこともない。
まわりにこんな人はそうそういるもんじゃない。
いくつかのジャンルを超えたプロフェッショナルな能力を持った希少な人といえる。
(ロック文化功労賞をあげたいくらいだ・・・(笑))

その勇姿を近くでもう見れなくなるのかと思うと、何もいえないしコメントできないものである。

ましてや送別会などは開きたくはなかったが、内心そういうものを込めてやったつもりでいた。
まだまだ話足りないお方もいるでしょうから、短い時間ですが集まりましょうか・・・。

と、
言いたいですが、今度の週末も予定が危ない。
多分、大丈夫だと思いますが、セッションや歌声よりもダベリングとスイーツが中心となるかなと思っています。

お時間の都合の良いかた、参加をコメントで伝えてください。
直接のメールやmixiのメッセージでもかまいません。
連絡をお待ちしております。

2010年11月6日(土曜日)
時間:13:00-18:00
場所:北海道恵庭市南島松39 奥村家 車庫2F(StudioOkusong)
参加人数:12名程度?
音響:PA250W程度、アコギプリアンプ2組、エレキ用アンプ3組、マイク5本程度、電子ピアノ+シンセあり
BGM:i Tunesにて数百曲あり 
特典:室蘭モンパリスィーツ多数あり(予定)   
| ともだっち | 09:51 | comments(10) | - | pookmark |
不思議な時間
JUGEMテーマ:インターネット
 ご縁とは不思議なものである。

ワシはただただギターが好きだったのだが、一緒にやれる仲間もいないし、一人でやるには淋しすぎるし、テクニックもないし、、そう考えていると一人取り残されてやがてギターを弾かなくなった20代後半。

それから数年。仕事と私生活に疲れ果ててたどり着いたのが、5年間遠ざかったアコースティックギターであった。
K.yairiのYW-500を手に入れポロンポロンと爪弾いているだけで幸せだった。
20歳で再度手に入れたGrecoの7万円のレスポールスタンダードとこのK.yairiの2本で5年間、札幌・東京と月に1度も弾いていない日々が続いた。

そうして、札幌に戻りある日、楽器店のショールームでMIDI対応エレキに目が釘付けとなりDTMをやってみたい衝動にかられる。
一人でも出来る音楽を考えてのことだった。

結局、違うお店で電車どおり沿いにあったG楽器店でJapanのFenderのストラトを買う。
これはトレモロユニットにフロイドローズが付いていて絶対に音が狂わない最高の物と思って手に入れたのだ。
しかしこのギターではMIDI用のPIEZOのピックアップがうまく取り付けれない。
フラットなサドルのテレキャスターを購入したいとシェクター製のカスタムテレキャスを手に入れた。

しかし、そのテレキャスを買う前に試奏したOvation Eliteのネックフィールが5日間、ワシの頭を独占し、寝ても覚めても忘れられなくなる。
で、結局、テレキャスと一緒に購入して、家のものにかなり愛想をつかされた。(笑)

そうして、再びアコースティックサウンドに魅せられたワシは、家を新築し、ギターとパソコンが置く場所が無くなったため、5年後に14畳の部屋を増築時にゲット。
その間、14年間に一時、自宅は33本ものギターで溢れたときもあった。

アコギは現在、12本程度に落ち着き、後は安物のウクレレ、マンドリン、スチールギター、ベース2本。
そうしてエレキもMEXCOのテレキャス、77’のレスポールスタンダード、アメデラスタンダードFATのストラト、そうして最後に手に入れたのは昨年の6月だったでしょうか。
mixiのJeffBeckのあるコミュニティで、ヤフオクに出品されていたカスタムショップのJeffBeckモデルを購入するか、それとも少しお金を貯めてマスタービルダーのJeffBeckモデルを買うか悩んでおり、そこで優しい回答をいただいたのが、浅知恵さんでした。

何度も言いますが、浅知恵さんのその一言が無かったら、今の樽子ちゃんとの出合いもあり得なかったですし、ワシはまだ悶々と何処かで彷徨っていたことでしょう。



すっかり前置きが長くなりました。
その浅知恵さんと初めて面会する機会を得ました。
それが昨日12:00に我が街の「みちの駅」で実現するのです。

時間まで今が旬な南瓜などの販売コーナーをみておりました。

ハローウィーンも近いので、こんなカボチャのくりぬきもあり楽しいですね。


うぅむ。自分ではこんな風に作れないかも〜。


こぶりなカボチャも可愛らしいですねぇ。


さて、お昼です。お約束の通り、「思君楼」2店舗あるお店のうち、恵み野店へ行きました。
このお店では4種類の蕎麦があるのですが、白っぽい細打ちを注文。
皆さん、喉越しが堪らないといいます。


更科系に黒っぽい粉と二番粉を混ぜた黒細打ちそばです。
その丁度よい太さと腰のある歯ごたえが人気です。


さて、食べてばかりいられません。

(写真はSHIMAさん撮影です。セピア色で格好良くて感謝〜〜。写真クリックすると中サイズが・・・)

例の隠れ家である親友宅の車庫2Fにある場所で、さっそく浅知恵さんとギターセッションを始めました。
2本のストラトでとても楽しかった。浅知恵さんのプレイは音源でも聴かせてもらってましたが、艶のある音色を出されて、アンプの特性を掴むのも素早く、やはり一流のプレイヤーだなと思いました。

ワシのレスポールも良く似合っていると奥さまに言われて、まんざらでもないようでしたので(笑)関西に戻られて、きっと一本殖える日も近いと思います。
今度は、私が背中を押しますよ?!浅知恵さん。


それから千歳の「陽だまりのテラス」へ移動。
ここで美味しいスコーンを食べて、夕食まで繋いでまらいます。
写真はミルクのスコーン。浅知恵さんはココア、奥様はアップルシナモン。


珈琲は今日の日替わり珈琲やひだまりブレンド、和みブレンドなどを注文しました。

この店から再び道の駅に移動しまして、立派なベンツのキャンピングカーの車内を見せてもらって造りの良さと、機能性に感心しため息が出ました。
こういう車って、本当に憧れますねぇ〜。

最後に、本当に不思議なんだけど、ネットで知り合って1年半年たらずのワシと浅知恵さん。
道の駅でお逢いしたときなんか、何度も写真で拝見していたとは言え、初対面とは思えないのです。
もちろんネットでの会話も数々ありましたが、見えない糸で繋がれていたような不思議な「再会」の感覚すらあるのです。
文字と写真と映像だけのネットの世界で、それを超える何かがあるのかもしれません。
お人柄や考え方など、いろいろな物が知らず知らずのうちに滲み出るものなんでしょうか。

その会話は古い友人に再会したような。そして共通の話題が2時間や3時間では足りないくらい溢れ出て吹き上がってくるのです。
本当に楽しいお時間をありがとうございました。神戸のフランス洋菓子をお土産に頂きました。
素敵な奥様も寛大でとてもお話がしやすかった。
ギターにのめりこむ二人とは別にSHIMAさんと奥様のお話も楽しそうで良かった。

また、来年来て一緒にお話が出来たらなぁと思います。
それにワシも、一度くらい、本州へ出かけ、車で足を踏み入れていない関西へも行ってみたくなりました。
ギターショップ巡りでも良いんですけどね。
遠い先になる話かもしれませんが、やっぱり夢って思い続けないと駄目なんだな。
これからのワシの人生に色々な、スパイスや調味料をかけてくれる皆さんに感謝です〜。
| ともだっち | 12:06 | comments(22) | - | pookmark |
10/9(SAT)JBライクな隠れセッション&&お食事・お茶会の誘い
JUGEMテーマ:音楽
 もう直ぐ、10月が迫ってきました。

実は2009年、例のFenderStratocasterのCustomShopを買うか、マスタービルダーを買うか迷っておりましてmixiのJeffBeck先生のコミュニティで囁いていたら「浅知恵さん」という方が、色々情報を下さり、背中を押してもらいました。

お陰さまで、そのStratocasterは今では手放せないギターになりました。
浅知恵さんとも時々、BlogやMixiでコメントをかわせるようになり、昨年北海道へキャンピングカーでお見えになったときは、JeffBeckセッションの夜でもなければ、絶対に逢いたい!と思っていました。

で、今年もお見えになります。ワシとあってもらえるのは10/9(SAT)の正午から夕方まで行動を共にします。
予定としては・・・。

10月9日(土曜日)
12:00くらいに「恵庭道の駅」へ。
13:00くらいに恵庭市恵み野の「思君楼」手打ちそばでお食事。
14:00から恵庭市南島松39のJeff親友の車庫2Fでギターセッションなどのお遊び。
16:30千歳の「陽だまりのテラス」でスコーンとお茶・珈琲。
17:30浅知恵さんは小樽へ・・・・。(千歳現地で解散)

このセッションタイムで現在お誘いしているのは、ドラムのカリウタM中さんです。
キーボードはmimiさんが東京へ出張?中。10/9は帰って来ているかな?
ただいま、ベースを募集中です。ヤンモさん、これないだろうなぁ。

メンバーが居なくてもツインリードやアコギをバックにカーペンターズのクロス・トゥ・ユーを浅知恵さんに弾いてもらって楽しめるかもしれないし・・・。

そんな風景を病気と思いながらオーディエンスしてくれる方も募集中。
もちろん、お昼のお食事、千歳のcafeもご一緒して頂けたら楽しいですよね。
参加ご希望の方は、メッセージやメールをお待ちしております。

浅知恵さんのバンドのHP Smile in a Whisper
音源もあります。ギターだけでなくドラム・ベース・ボーカル、コーラスと、とても上手ですよ。

※「知恵」さんとは?(笑)
私のネットでお付き合いのある「知恵」が付くハンドルネームの方は浅知恵さんはJeffBeckや70’RockPopsを素晴らしいギターの演奏で聞かせてくれるお方。
軽知恵さんはGAROのコピー・コーラスを完璧にやり遂げるお方。
どちらも凄腕ですねぇ。
| ともだっち | 23:31 | comments(8) | - | pookmark |
さて穴場になるか
JUGEMテーマ:音楽
 昨年から幼稚園時代からの親友の家にちょくちょく顔を出すようになった。

と、言うのも離れの1Fの車庫の上に何やら日曜大工で倉庫を造りはじめたからだ。
ワシよりはるかに木工や図工が得意だった彼は黙々と材料を集め趣味と実益を兼ねて作業に没頭した。

秋口に見に行った時、ここは凄いスペースだと感じた。
「暖房が入り壁に断熱材を入れればスタジオになるなぁ」
と呟くとあいつもその気になってくれたらしい。

年賀状にほぼ完成したその倉庫の写真が掲載されていたので今日ちらりと見に行った。
スタジオ(候補?)1
道路から入ったところ。

スタジオ(候補?)2
道路の入り口の向かい側は田舎の幼稚園です。

スタジオ(候補?)3
その幼稚園向かいにあるちょっと解りにくい入り口です。
トラ模様の反射ポールが入り口の目印になっています。

スタジオ(候補?)4
とにかく彼の家は木に囲まれているのです。
地球温暖化を抑えるために40年前から考えていたのでしょう(笑)

スタジオ(候補?)5
赤い窓枠がアクセントになっています。

スタジオ(候補?)6
こちらは奥の住宅です。広い敷地と間取りの家です。
車は5台くらいあるのかな。

スタジオ(候補?)7
積み上げられた木と除雪機の陰に入り口があります。

スタジオ(候補?)8
1Fの入り口のドアを開けるとまだ整理がついていないようでした。

スタジオ(候補?)9
ここは1Fの2台分の車庫。材料がまだ置かれています。

スタジオ(候補?)10
階段を上ると目の前に煙突があります。
この真下にマキストーブが設置されています。

スタジオ(候補?)11
2Fの道路側。日差しがいい感じです。
自転車は彼の趣味でツールド北海道にも何回か出ています。

スタジオ(候補?)12
敷地の南方向です。スキーやボードが立てかけられています。
彼も滑降のスキーヤーで様々な大会に出場しておりました。
3人の子供たちも競技スキーを6年間はやっていたと思いました。

スタジオ(候補?)13
東側に設けられた整理棚。スキーの靴などが収納されています。

スタジオ(候補?)14
これが階段。大きな荷物も出し入れしやすいように広めの設計です。

さてさて電気・コンセントも完備され機材を運べば多分練習場所になると思います。
何しろ回りに民家はあまりありませんし、200mくらいは離れていると思います。
更にあの無数に植えられた樹木が大きく育ち音を遮ってくれると思います。
まったく無料で借りるつもりはないですが、これは魅力的なスペースです。

って、まだ、許可を取っていないですが、多分、そうなりそうな予感です。(笑)
| ともだっち | 23:59 | comments(6) | - | pookmark |
何やらTV?
何やら誰かのブログで取材がどうのこうの、言っている人がいた。
何のことなのか、きっかけは何でなのか、深くわからない。

が、ズームイン!!SUPER(読売テレビ)の番組は確かにある。
有名キャスターもウヨウヨいる人気番組だ。
その番組でサザンのラストコンサートにて活動休止(停止?)することに関連してサザン好きな全国区のマニアを紹介しようという企画なのか?(あくまでも想像です)

全国版じゃん。へぇ〜〜。ひでさん亭って、有名になるんだねぇ。
大出世ですなぁ。頑張って欲しいものです。

と、思ってました。が、bossa_kenさんが応援に駆けつけるとのこと。
「あっ、そうなの。でも、まぁギター弾いて歌うわけじゃないじゃん」
と、思って、すっかりひでさんのコアな取り巻きの皆さんがサポートすると思ってました。

だって、今日はさ、相方、konさんとのはぐねっと向けの練習日じゃないのさ。
だから無理だよね。と、思っていたんですね。

そうしたら、昨日、ひでさんが、電話の向こうで泣いているんですね。
「しくしく・・・」と、いや、「ひくひく」と?笑っている?

取材班に「ひでさん、明日、ギター弾いて歌ってくれるんですよね?」
って言われたらしいのですなぁ。
konさんに許可を貰い、応援にわたくし目も、行くことになってしまいました。
どうせ、わしなんかはTV映りも良くないし、喋っても舌が回らず、声のトーンも低い。
まぁいらん心配しないで行ってみるか。と、思ってました。

ひでさん亭にギターを一本持ち込みに行ってみると既にコアな皆さんが勢ぞろい。
ひでさん亭のインタビュー
なんだーーー。凄いじゃん。みんなギラギラしている。
いつもより、おめかしして、気合たっぷりです。

まずはサザンマニアなグッズを撮影し、それからインタビュー。
常連さんのインタビュー
内容は放映前なので、秘密です。
そして、なんと2曲ほど、ひでさんの唄にbossa_kenさんとわたくしのギターでオヤジバンドフェスティバルの興奮が蘇る凄い歌声と店内のハイテンションな雰囲気。
一体なんなの?この盛り上がりと熱気は?熱くて倒れそうであります。

撮影は1時間くらいで終了し番組スタッフも満足されて帰られました。
この映像は恐らく2008年8月2日の午前7:20くらいから放映されるそうです。
果たしてどのくらい映像が映るのか・・・・。くわばらくわばらな、気持ちです。

ワシはkonさんと博信堂で1時間ほど、はぐねっと向けの練習。
クラギは車の中に積み込んであったので、急遽、カッキーさんのYAMAHAのクラギをお借りしました。
弾きやすいギターでしたなぁ。ありがとうございましたぁ〜。

それから前から一度、konさんをつれてきたかったのですが、陽だまりのテラスにお連れしました。
ひだまりで寛ぐkonさん
hiro.さんの愛用のAriaDreadnoughtを優しく爪弾き、hiro.さんを唸らせました。

さてさてお楽しみのcafeスコーンセットです。
今日のcafe ひだまり
本格派珈琲の味にはkonさんが唸りました。
短い時間でしたが、まったり大人の隠れ家のようなお店はkonさんにも気に入って貰えました。

ミルクスコーン
もちろんこのスコーンも二人で分け合って食べました。
今日はミルクスコーンです。このホイップした生クリームのきめ細かさに、更に二人で唸ったものです。
konさんは一家4人分、しっかりお土産に買って帰りましたよ。

こうして今週も濃い週末は過ぎていきました。ふぅぅ〜。
| ともだっち | 23:51 | comments(18) | trackbacks(0) | pookmark |