CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

JeffBeckが好き・・・ブログ!

アコギとエレキのギターが大好きで正体バレバレの怪しい初老おやじのブログです。
ワシは頚椎ヘルニアに悩み、半ば家族にも見捨てられながらも必死に己の趣味の世界に没頭するのです。
さぁあなたも一緒に填まりましょう。
<< そして・・・いてもうていた。 | main | 美味しい〜眩しい〜。 >>
卒業
今日は息子の卒業式だった。
朝からバタバタとして学校へ30分ほど車を走らせ向かった。

3年前、息子はこの田舎の高校に入学した。
JRとバスで果たして通えるのだろうか?と心配した。
でも何とか、登校拒否にもならず通い切った。
クラスには厭な奴もいたのだが、我慢をして通ったようだ。

体は大きくなった。180cmくらいはあるだろう。
体重も凄い。90Kgくらいあるのか。
性格は誰にも優しいが勉学は苦手。
でも何とか単位を取ったようだった。

教室 息子1

友達は・・・いない。
熱中するのはPCとTVゲームとゲームサウンド。
ワシと違い楽器も歌も何もやらない。
スポーツも、苦手である。
果たして、この先、どうなるのだろう。
地元にある専門学校でPC関係の勉強をするようだが・・・。
まぁ元気でなによりである。

卒業式は延々と授与式と校長先生、来賓、PTAの挨拶があり
そして全校生徒が、校歌と君が代を歌う。
最後に卒業生が、こちらを向き、J-popsの歌を歌う。
ふと目に涙がこみ上げ、まともに見れない。
いかんいかん。いかんのだ。

そうしているうちに、父兄の椅子が倒れ、音に驚いた。
誰かが倒れているが、足を引きずりながら体育館の
廊下を歩いていった。
式典が終わり、廊下を渡ると、先ほどの父親が倒れていた。
意識はあるが、どうやら救急車待ちの様だ。
大事に至らなければよいが・・・。

教室にいき、最後のHRを見る。
先生が「最後の話を聞いてくれ!」と熱っぽく語る。
学年指導の先生として、風紀にうるさい先生のようだが
言っていることはいつも正しい。

教室 懐かしいものが

まだ社会に出たことがない息子らに、熱っぽくこれから
旅たっていく教え子に、一生懸命、生きるとは、働くとは
勉学とはを、最後の1秒を惜しみながら語ってくれていた。

それをみていて、また目頭が・・・。
いかんいかん。どうもワシは確実に歳をとったようだ。

昼を過ぎて帰宅してから、皆で回転寿司を食べにいった。
久しぶりの回転寿司だったのですが、娘のバイトの時間が
あり、そこそこに引き上げました。息子はぶぅぶぅ文句でしたが・・・。

あと3年。子供らを社会に出せるのだろうか。
頑張って働くしかないな。とほほほ。
| 家庭 | 23:09 | comments(0) | - | pookmark |