CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

JeffBeckが好き・・・ブログ!

アコギとエレキのギターが大好きで正体バレバレの怪しい初老おやじのブログです。
ワシは頚椎ヘルニアに悩み、半ば家族にも見捨てられながらも必死に己の趣味の世界に没頭するのです。
さぁあなたも一緒に填まりましょう。
<< 手に負えないか・・・ | main | さぁて、次は >>
フラ・ノード2009
昨日はフラ・ノード2009のイベントが芸術の森でありました。
入場するフラマニア

昨年もZeppで見たエイミー・ハナイアリイ・ギリオムさんのイベント
でも驚いた日本の、いや、北海道にこんなにフラダンスの教室が
あって先生もこんなにいて、生徒がもの凄い数です。
最初は芝生で

これからはフラダンスが更に更に広がることでしょう。
何故ならば
1)お年寄りからお子様まで誰でも踊れる種類がある
2)楽器がウクレレであり安価もあり導入しやすい
3)お婆さんが娘に=>娘が=>子供に
  これが知人・友人・親戚を通して拡大している
4)先生が素晴らしく、ああいう踊りをしたい・・・と弟子が増えている
5)曲が明るくて、ハワイアンからレゲエ、カントリー調など
  バラエティに富んでいる
などなど、理由をあげたらきりが無いくらいに要素があるのです。

もしかしたら、私もウクレレをよさげな物を買ったりして
(ハワイから買い入れるか?)更に、今ある、Fenderのスチール
ギターを駆使し、そしてアコギとエレキでハワイアンを勉強すれば
そこそこ、おじじになっても、活躍できるかもしれませんぞ。

なんて、そんな甘いものではありませぬ。とほほ。
言ってみたかっただけです。

ほんで、1部は41組程度の教室の生徒さん・お師匠さんが踊り続けます。
MCはノース・ウェイブのノビー池田さん。流石にいい喉をしておられます。
ノビーさんにも、ハワイのブライアン・ケスラーさんの新作CDを渡し
番組でかけてくれるようお願いをしてみました。
きっと近々取り上げてOnAirしてくれることと思います。


いやいや、凄いダンサーの数々。3歳から60代?まで踊り手が数十人
単位で入れ替わり立ち代り、大変なもんです。
天気も良くて暑い一日でしたが、夕方からの冷たい風が気持ちよすぎ。
更に陽が落ちるころから寒くなってきて皆さん長袖やフリースを着込み
ステージを楽しみます。

2部はトニー・Cさんのステージ。正統派のハワイアンのボーカリストで
裏声の切れ味と透明感は流石に超一級品ですね。
バンド構成はウクレレ(トニー)・ミニベース?・アコースティック
ギターの3本。
迫力の本場の踊り手が2名やってきました。皆さん、口を開けてあんぐり
見つめていました。

3部の始まり。14:00から待ちましたがやっとナ・レオの登場です。
凄い黄色い声が更に高まりました。裏声をひっくり返してあんなに
黄色い声になるのでしょうか。凄い歓声です。
踊りを踊るハワイのミスユニバース(フラ)の女性もとても人気が
ありました。

しかし、ワシらの目当ては、ブライアン・ケスラーのギターであります。
初めてオーディエンス側として見れるこの幸せをかみ締めています。
来たぞブライアン!

中盤までは1曲ごとにギターをアコギ<=>エレキギターに取り替え。
ギターはいつものコリングスのOM−2Hであります。
このギターでカッティング・指弾き・ストローク・リードなど
全てのテクニックを披露してくれます。

高域よりなライブパフォーマンスが多い今日、粒立ちの良い音で
実に、艶のあるしっとりとした音色です。
高音がキンキンしないのもいい感じです。
低音は程よい深み。中域も指弾きでポロンポロンと優しい音色です。

とにかく格好いい!
エレキは昨年も持ってきてくれたトム・アンダーソン。ストラトタイプ
ですが、ファインチューニングシステムとビックなシングルコイルが
持ち味で、ストラト特有のパリン・コリンとした高域と太い丸みを帯びた
低中域が特徴です。
例のエフェクターを使い、メロウで明るい音色ながら、しっかりと
ドライブ感も出しておられます。

ブライアンに惚れ直しました!
アンプはFenderの真空管のツインリバーブ。うぅむ。いい音だ。
ワシも手放さないで、暫く持っておくか。(笑)

って、写真が小さすぎてどれが誰なの?と思われると思います。
向かって右端がブライアンさんです。
ナ・レオの歌声とバンドとしての音量のバランスも絶妙。
これ以上、上げるとボーカル・コーラスを喰ってしまうので
ちゃんと皆さん、心得ています。

そして長年のツアーで気心もテクニックも間合いも知り尽くして
居られるのだと思いますから、正確で無駄がありません。
リードやソロだけでなく、小節の終わりのオブリも誰もカブらずに
さらりと決めてくれます。
もう一本のアコギ(テイラーのDサイズ)ともコードポジション
でさえ、一緒のところは無く、完成度が極めて高い演奏でした。

こうやって世界中をツアーで回っているのですから、旅行中の
宿泊・移動・食事・ショッピング?などなど、全ての行動を
一緒にとるわけです。
プレイ以外にも気が合い、協調性がなくては、長く続けていけない
ものでしょう。

ブライアン兄貴も、そういった人格と技術を評価されての長い
お付き合いなのだとおもいます。
実際にプレイを見て、あれ以上にナ・レオにフィットするアコギ
とエレキを両刀で使える方は、ハワイのミュージシャンも多いと
言えど、そうはいらっしゃらないと思います。

ブライアン兄貴の手元・足元(ペダル)・フレットポジション
ボリューム&トーンなど、瞬きできないくらい食い入るように
見ることが出来て、わしは満足でした。

ステージが終わり、昨年のライブをサポートした4人で打ち上げ。
昨年のライブの後の打ち上げと同じ店を使わせてもらいました。
ブライアンもご機嫌で宿泊先のホテルまで送りましたが、嬉しかった
ようであります。

さて一夜明けて、午後の飛行機で成田へ向かう空港へお見送りに
行きました。昨年の11日間の同行後、ライブが終わった後は
淋しくなり、見送りを避けたのですが、今年は行くことにしました。
千歳空港

空港でちょっとだけ気持ちばかりのお土産を買ったあと、丁度
ナ・レオ御一行と思われる人々を発見。ギターを持っているから
直ぐにわかりました。

ブライアン兄貴も周りのバンドメンバーもナ・レオの御3方も
お元気そうであります。とにかくこの3人、毎年北海道にも
来てくれるのでしょうか?
そうなると、ブライアン兄貴と毎年会えますね。

間を空けずにまたやってくるよ。昨夜は本当にありがとう。
楽しかったよ。お気に入りのJのDVDがあるんだ。
今度みせてあげるよ。

なんて言っていたのですが、ワシの英語力では「A Ha」しか言えません。(笑)

ワシは待っているよ。それしかいえませんでしたが判ってくれた
ようです。
搭乗口のブライアン(ギターを背負う)
後ろ姿をみていると淋しくなりますが、振り返らず歌姫3人と
16番ゲートから見えなくなってしまいました。とほほほ。

淋しくて、新しい「ゆるカフェ」を聴いて車をずっと運転してドライブ
してました。
「夏陰〜なつかげ」という曲が13曲目にありますが、今日の心境に
ぴったりで、沁みました。

皆さん、珈琲を飲みながら、本を読みながら、ケーキを食べながら
このアルバム聴いてみてください。本当にアコギとウクレレとエレキも
数曲ですが、美味しい味が出るところを知り尽くされた演奏だと
思います。本当にいいです!!お勧めです!!

ハワイの兄貴・・・・。また来てください。待ってます。
駄目な弾き手の日本の出来の悪い弟より。
| アーティスト | 21:41 | comments(6) | - | pookmark |
いろいろありがとうございました。
今日、帰ってきますので
お土産話を聞かせてもらうことにします。

| ちびこ | 2009/08/25 4:47 AM |
>ちびこさん
mixiにも書きましたが、素晴らしいステージ、一日
でありました。満足しました。

これで更に「ゆるカフェ」の評価も高く上がると
思います。トータルバランス・センスが流石です。

短い時間でしたがブライアンさんと再開できて
これが嬉しかったです。有り難うございました。
| jeff | 2009/08/25 7:05 AM |
私の習っている 生徒さん達も 出ていました 私は まだまだ 人前では コスプレ無しでは 踊る勇気が ありませんので 踊りませんが〜良いなあ〜見たかったわ〜
| アルパカ | 2009/08/25 12:05 PM |
>アルパカさん
そうでしたか。毎年あるようですから
次回はお見逃し無く。コスプレで踊っている人は
いないですから、是非レッスンを!
| jeff | 2009/08/25 9:38 PM |
私の勘違いで長丁場になってしまい、大変おつかれさまでしたm(_ _)m
一生ぶんのフラを見たかもしれませんが、お天気もよくてみんな楽しそうでした。

ナレオのライブの間、ボーカルの女性3名(すばらしいハーモニー!)と、ミスハワイの美しいフラのパフォーマンスと、ブライアンのギタープレイに目が右往左往しました。jeffさんはほとんどブライアンに釘付けでしたね。

ブライアンは去年夢創館でのソロプレイが印象的でしたが、バンドサウンドでのリードギターの役割が完璧でした。プロのサポートってこういう仕事なんですね。できればもっとギターソロが聴きたい!歌も!来年また会えるのを待ちます。
| mimi | 2009/08/27 12:23 PM |
>mimiさん
本当に長丁場でしたが楽しいイベントでした。
フラは大間家でたくさんみてきましたが
今回は5年分の10倍は見たような気がします。

ナ・レオのステージは心地よいハーモニーで各パート
の声質が被らない、この3人でしか表現出来ない最高
のユニットだということがよぉ〜くわかりました。

ブライアンさんは当たり前ですがプロの仕事を
されておりました。素人には10年やろうとしても
あれは無理です。流石は兄貴です。(笑)
| jeff | 2009/08/27 9:13 PM |