CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

JeffBeckが好き・・・ブログ!

アコギとエレキのギターが大好きで正体バレバレの怪しい初老おやじのブログです。
ワシは頚椎ヘルニアに悩み、半ば家族にも見捨てられながらも必死に己の趣味の世界に没頭するのです。
さぁあなたも一緒に填まりましょう。
<< 帰り道は遠かった。 | main | 第27回はぐねっとOFM >>
思うこと・・・・。
JUGEMテーマ:日記・一般
まずはこの度の地震で被災された方々に心からお見舞いを申し上げます。

昨日、西オホーツクの出張先で仕事を終え早めに部下に帰るぞと異例の早さで出発しレンタカーは午後2時半には高速を降りたところでした。
ラジオを聴きながら走行していると、地震が発生したとのことで震源は何処だろうと思っていましたが、M7.9とか話していて「これはただ事では無いな」と直感しました。

今回の出張前にツイッターで興味を引く呟きがありました。
それは「2/21ニュージーランドの地震の前に107頭のクジラが方向感覚を失ったのか陸に打ち上げられ死んでいた」こと。地震は2/22にやってきた。

続けて「3/4茨城県鹿嶋市の海岸で同様に50頭クジラが打ち上げられほとんどが死んでいた」というニュースである。地震は3/11に起こった。

実は今週出張へ出る前の3/7の夜、自分はそのツイッターの呟きを見た。
「茨城海岸でクジラが50頭死んでいる。ニュージーランドと同じ事象でこの2・3日に大地震が来るので怖くて寝れない」というものだった。

翌朝、出張の準備を終えていた自分は、そそくさと壁に吊るしたギター5本をハードケースに収納した。
何しろ、いつも地震があるとタンスよりギターを支えている自分だ。
そうしないと、落ち着いて出張に出発出来ない性分なのであります。

3月9日あたりに三陸沖地震があり、あのクジラはこの地震の兆候だったのかな?と思いましたが、昨日の午後2時46分頃にそれはやってきたのでした。
心の中は複雑でした。皆がそれを知っていたとしても、正式にはM8.4もの地震がくるなんて誰も思いません。

自分は子供の頃から地震が怖くて勇気もない少年でした。
昭和43年の十勝沖地震では余震が怖くて8歳年上の姉にしがみつき半べそでした。
農家をやっていた頃の実家は木造モルタル仕上げで家に沿って建てられたコンクリートの煙突が、近くで見ていた母の目の前で、ズドンと倒れたのです。M7.9の地震でしたがそれはそれは恐ろしかったものです。

その後、社会人になるまで大きな地震の記憶は無かったのですが、今の仕事になって大きな地震を経験します。
昭和58年のM7.7日本海中部地震です。通信インフラを抱える仕事でしたから、ダンプカーのように大きな岩がたくさん道路を遮断し、復旧に苦労しました。
頭から殴られるような強烈な地震でしたし、生まれて初めて津波の恐ろしさを目の前で見たのもこの時でした。

そして平成5年の北海道南西沖地震M7.8の地震です。札幌に居た私のマンションでも相当揺れた記憶があり、その日の夜にTVでは燃えている奥尻島の青苗地区の映像は知っている人もいないのですが泣けてくるくらい悲しい映像でした。

翌日から被災地の函館方面へ通信ケーブルをトラックに積み込み災害復旧として資材を運搬したりしました。
またそれから2週間後には、火災と津波で崩壊した奥尻島の青苗や西地区を車両で回り、無くなった通信ケーブルや電柱の設計の応援部隊として参加したのでした。

地震の怖さを全て知っているわけでもないですので、解ったような話もできません。
ただ液状化現象や火災、そして津波の波の海抜38Mまで上昇した跡などを見ると、自然の力って、海の力って、物凄いパワーだということ。
そして悲しいですが、周到に物の仕組みを変えないと、工法の基準を変えていかないと、この地震の小さな島国は、数年に一度、どこかで被災に苦しむ人たちが発生するのでしょう。

対策はできるものと出来ないものとがあるでしょうし、時間がかかります。
ただ、そろそろ、防波堤設置や海岸沿いの家の建築基準の変更。
倒れない電柱の検討。(特にトランスなどの重量物を高い位置に置かないなど)

今回の畑に凄い速度で家や車を動かし火災を起こした建造物まで一気に何キロも運んで、結果的に畑も川も飲み込んだ映像を見ると、対策は無いようにも思えてくる。

防ぎようがない地震でも人命を守る設備造りは色々あるのだと思う。
その対策を早期に検討・実施が必要な時期にきているのだと痛感する。

私のネットを通じた友人の方々で、被災地に近い方々は、ご無事でしょうか。
ご家族はどうでしょうか。お家は大丈夫でしょうか。
何人か連絡を取らせて頂きましたが、どうかメディアの確実な情報をもとに行動して頂きたいと思います。

そうして早期にライフラインが確保されることも望みます。
今、生きておられる方々で救えるかたを、可能な限り救助できたらと思います。
また余震の周期が長くなることも祈ります。
全然、力になれないけど、自分の勤める会社としても早くインフラの再構築を願っております。
| 恐ろしいもの | 23:06 | comments(19) | - | pookmark |
本当に恐ろしい災害ですが、これが現実です。
目を背ける事なくしっかり応対していかなければなりませんよね。
まだ救助を待つ人達がたくさんいます。一刻も早く救助されますように、そして一日も早く笑顔を取り戻せますように…
| T村 | 2011/03/13 12:11 AM |
鯨の方向感覚を失う説は、かなり
研究されていて、地球の底からの特殊な
音域で方向感覚が狂うと聞いています。
この関連性は無視できないと思います。
なまずよりも、鯨と思います。
| みゃ | 2011/03/13 12:41 AM |
本当に大変なことです。
家なんて、基礎から上が流されて・・・。
TVを見ながら、「早く逃げて!!!」って叫んでいました。
本当に、一刻も早く落ち着きを取り戻していただきたいです。
私の会社の元社員が仙台にいるです。たまたま電話がつながり、確認したところ、「今避難中なので、またあとで」といってました。
女房の親戚も無事だったようです。
| seo@sapporo | 2011/03/13 7:16 AM |
jeffさんのweb上での動きが無かったので、「出張先でなにかあったんかな?」と思ってました。無事で何よりです。
| とよ | 2011/03/13 8:36 AM |
T村さん、凄いですね。奥尻の地震が関東・東北・北海道の太平洋沿岸部を中心にやってきたような地震です。
17年あまりでどれだけ対策を講じてこれたかというとこれが極わずかでしょう。
とにかく今は見守ることしかできません。
| jeff | 2011/03/13 9:04 AM |
みゃさん、出先の北海道で地震、そして新千歳空港からの帰着も大変でしたね。
深夜を回り遅くなりましたそうですが無事に帰宅され何よりです。
鯨の現象は凄いですね。もしかしてイルカもそうかなと思っています。
ただ人類が事前に出来ることって小さなこと。
建物や道路・橋の構造や地形を直ぐに変えることは出来ないですもんね。
しっかり国が、世界が協力して対策を見直し作りあげなくては・・・。
| jeff | 2011/03/13 9:09 AM |
seo@sapporoさん、TVは本当に恐ろしい目を覆うような映像ばかりです。
元社員の方、ご無事で何よりです。
原発の状況を見守り、そして一人でも多くの救助されることを祈ります。
| jeff | 2011/03/13 9:11 AM |
とよさん、無事です。心配かけました。
ただ来週以降の対応が色々あります。
もちろん現地に行けるわけでもなく通常の業務をどうするかという検討を社員の安全や出先のご都合も考慮して相談をしていました。
私はまた道東の方になりそうです。
38歳位から現場や設計に関わる設備系の仕事と離れ災害復旧では声もかからない営業職になってしまったので、もどかしい面はありますね。
| jeff | 2011/03/13 9:15 AM |
さすがjeffさん!出張前に壁に吊るしたギター5本をハードケースに収納するなんて、さすがです!
それにしても、今回は大変なことになっていますね。現場には直接行かなくとも、jeffさんのようなバリバリのベテラン社員さんが、いろんな面で知恵とリーダーシップとってもらえれば、きっとバッチリですね。来週からの道東も気をつけて行って来てくださいね!
| miko | 2011/03/13 10:50 AM |
mikoさん、どうも〜。ギターの危機を感じて格納したのは初めてのことですがまさかこんなに東日本にダメージを与えるとは思いもしませんでした。
北海道は地震が多いですから災害対策室の指示で危機管理は出来ているほうだと思いますが東北までちゃんと支援に行けるかどうかは迅速に決断しなくてはなりません。
業界も我々が昨年から取り組んでいる事業の仕上げの真っ最中ですし、難しい問題です。

出遅れるかもしれませんがまた月曜日以降も北見方面です。頑張ります〜〜。
| jeff | 2011/03/13 10:59 AM |
車のラジオで6メートルの津波の危険がと放送されてましたが
まさか本当になるとは思いませんでした。
札幌もかなり揺れましたのでまさかと思いましたが
あんなになるなんて自然のちからはすごいです。
ただただ被災地の方のご無事と一日も早い普通の生活への
復興を祈るばかりです。
小樽の実家はあんまり揺れなかったようで一安心です。
NZといいこんな地震が続いているとまだまだ安心は
出来ないような気がします。
| いっせい | 2011/03/13 12:57 PM |
いっせいさん、どうも。何だか地球がどうなるのかと特に被災地の方は不安で堪らないでしょう。
自分は震度5くらいの経験が無いので6とか7って考えられないのですが、爪痕だけは想像できます。
日本の避けて通れない道がここにあります。
これからの救助と復興に勇気と知恵を絞り世界の方々の力を借りながら乗り越えなくてはいけないのだと思います。
| jeff | 2011/03/13 1:48 PM |
ご無事で良かったです。
これからお仕事もますますお忙しくなると思いますので、どうぞお体気をつけて下さいね。
ダヤンパパも地震の時は、出張で尾岱沼で船に乗っていたそうです。
無事帰ってきました。
これから復興に向けて力を合わせて行きたいですね!
| ダヤンママ | 2011/03/14 10:09 AM |
ダヤンママさん、どうもー。パパさん御無事で良かったですね。

本当に現地は大変です。なにもできないので歯痒いですが募金や節電から始めますか。
今日からの出張は明後日以降に延期になりました。
色々やることも地震の影響であるものです。
まずは腰を落ち着け何もしないのもひとつの方法です。
ここぞと言うときまでエネルギーを蓄えますか。
| jeff | 2011/03/14 8:12 PM |
ポールシフトってものでしょうか。鳥も飛べなくなるんですよね。今回の地震で日本の位置も変わったそうです。ハワイは。ハワイ島とかが津波の被害を受けていました。宮城県に住む友人、知人の生存が確認できて、今少しほっとしてます。風の方向では、今度は被爆の可能性が怖くなってきました。これは、人災です。どうなってしますのか・・・。
| ちびこ | 2011/03/16 4:21 PM |
誤字が多くてすみません・・・。
| ちびこ | 2011/03/16 4:23 PM |
地震と津波の恐ろしさをテレビや新聞を通して知
ったわけですが、それよりもはるかに厳しい現実
があるのだと思うと、やりきれません。

復興には、かなりの期間を要すると思いますが、
多くの方々が少しでも元気が出るように願うばか
りです。
| ARO | 2011/03/16 7:57 PM |
ちびこさん、ご無沙汰です。
故郷の日本の現状に驚かれていると思います。
悲しいニュースばかり毎日ながれています。
早く避難所に物資を届けて欲しいけど何もかも思うように機能してくれません。
原発は本当に怖いし皆が逃げたいでしょうしガソリンも無いし道路も通行できなかったり、正しい情報も伝わらなかったりで、関東も大変な様子ですね。
今は、正しい情報をまち、世界から集まる専門家のプロの方に委ねるしか無いのでしょうか。
| jeff | 2011/03/17 2:42 PM |
AROさん、どうもー。
ただただかなしいてすね。むなしいというか。
現地は大変でしょうね。とにかくストーブと毛布と水と暖かい服、温かい食べ物、電気、電話を使えるようにしてあげたいです。
| jeff | 2011/03/17 2:49 PM |