CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

JeffBeckが好き・・・ブログ!

アコギとエレキのギターが大好きで正体バレバレの怪しい初老おやじのブログです。
ワシは頚椎ヘルニアに悩み、半ば家族にも見捨てられながらも必死に己の趣味の世界に没頭するのです。
さぁあなたも一緒に填まりましょう。
<< 15,388円 | main | Grecoの揉み手 >>
GSアイドルと好きなギタリストとその音色。
JUGEMテーマ:音楽

ワシは小学生からGS(グループサウンズ)は欠かさず見ていた。
それまでの演歌中心の歌謡番組が、シャボン玉ホリデーにザ・タイガースが出演するようになり、そのブームは一気にやってきた。
 GSブームは3年ぐらいで消えてしまうのだが、まずどこから見てもアイドルなのはやはりタイガースであろう。
TVの出演する機会も多く、またバンドの演奏も良かった。
特に岸部修三(のちの一徳)の迫力のベース、そして全員歌えるコーラス。
トッポ(加橋かつみ)の透明感のあるコーラスと、リードボーカル。

次に正統派がジャキー吉川とブルーコメッツ。
サックスからフルートまでこなす井上忠夫、渋い色気のギター三原綱木、堅実なベースの高橋健二が横一列で歌うその姿は圧巻だった。

そしてちょいと個性的なのがザ・スパイダース。あのムッシュことかまやつひろし(ギター)と素晴らしいキーボード奏者の大野克夫(元々はスチールギター)、そしてワシが日本で一番尊敬するエレキの神様とする井上孝之(のちの井上堯之)先生、そして堺正章(マチャアキ」)、井上順と大物がそろっているバンドでありました。

井上堯之先生は、元々はボーカルで加入したのですが、当時は格段にギターが上手かった、ムッシュかまやつさんからリードギターポジションを譲られそこから大きく羽ばたかれていたのです。

他にはパープル・シャトウズなんかも好きだったのですが・・・。

で、その井上堯之さんがバンドを作り(原型はPYGだったのかもしれません) PYGメンバー 沢田研二Voc,萩原健一Voc,大野克夫Key,井上堯之Gui,岸部一徳Bass,大口広司Drums,原田裕臣Drums これからVocを抜いたバンドにブラスをプラスしたようなバンドであります。
 


許されない愛。確か、ジュリーがソロになって2枚目のシングルで紅白に初出場したときの映像です。歌う姿には何かが乗り移っています。2回目のサビでヤギのような声を出すところは必見!(笑) Bassのサリーも格好良いですね。SGを持った井上堯之先生の素晴らしいオブリが聞けます。あぁぁ、何て完成度が高いのでしょう。それにシカゴやチェイスを連想させるブラスの編曲も格好良い〜。
 


紅白のジュリー 危険な二人 この頃のジュリーの色気と歌唱力は素晴らしいです。
しかしそれ以上に凄いのが井上堯之先生のSGの音色。そしてサリーのノリノリのBassが最高〜。
 

もう一度、危険な二人(途中で若き加藤登紀子さんが乱入(笑))

このバックにいる井上堯之先生のギターはSGというよりもLPのジュニアっぽいハムバッキングPUのギター。これがまたsantana張りに、甘くてFATないい音を出しています。
 


時の過ぎゆくままに(悪魔のようなあいつ【三億円強奪のドラマの主題歌】にも使われました)
このギターはFenderTelecasterのデラックスかな。
でもでもいつものあの音色をちゃんと出してますよね。
 


ご存知「傷だらけの天使」です。
音が良いのでこれを選んでいます。
なんともファンキーなサウンドです。
カッティングのテレキャスターのトーンも最高にいかしてます。
リードがちょっとモジュレイトされてそこがまたお洒落な音色です。


メインテーマ映像を見たい方はこちら




太陽に吠えろ(青春のテーマとありますがGパン刑事のテーマなんです)
この抜けるようなトランペットとTelecaster特有の音色のマッチングが素晴らしい。
途中で入るローズ系の大野克夫さんの優しい音色。何もかも素晴らしいではないですか。
 


元祖 太陽に吠えろ! メインテーマイントロからハムバッキングの音色が素晴らしい。
この頃だとGibsonSGを使っていたのかな。
ただし、サイドギターのカッティングはFender系のキラキラした高域の音色と思えるのです。

 こんなに好きな曲が、テレキャスターで弾かれているならば、シンラインのテレキャスなんか一本あってもいいのではないか?と、思っているこの頃であります。
| 懐かしいもの | 17:51 | comments(12) | - | pookmark |
私なんか単純に・・・軽くて扱い易いという理由で
ソリッドなエレキの時はテレキャスターが多いです。

シンラインのテレキャスターも軽くていいですね。
| M-Itoh | 2011/05/03 8:33 PM |
M-Itohさん、いやいや、どうしてどうして、あの音は知り尽くしているとしか思えません。

最近欲しいのは重そうです。
今の'60モデルのテレより重いのは気が弾けます。
いつかTelecasで共演できると良いですね。
でもその時は、お邪魔にならないようにしますw〜。(笑)
| jeff | 2011/05/03 9:32 PM |
むふふ(^‐^)
なんだかんだ言って、もう二本とも買っちゃうしかないんじゃないですか?
むふふふふ(⌒‐⌒)

あ、ところでものすごく今更なお願いなんですが
ブログにリンク張らせてもらってもいいですか?
| 浅知恵 | 2011/05/03 9:34 PM |
浅知恵さん、どうも〜。
リンクはどうぞどうぞ〜。ワシもリンクします〜。

先ほどもテレ弾いてましたが下手くそな自分でギターも可愛そうだと思いました。(笑)

でも、きっと買ってしまうのだと思います。
久々にエレキの本数が増えそうです〜。
| jeff | 2011/05/03 10:29 PM |
「危険なふたり」に「傷だらけの天使」大好き〜〜♪
ギターのことはよくわからないけど、どれも艶っぽい音ですねー!
(^^)b
| SHIMA | 2011/05/03 11:37 PM |
GSの話、どこへ行くのかと思ったら、行き着く所は、
「そこかーい!」と突っ込んでしまいました(爆)
聞いてますよ浅知恵から。うふふ^^;

小学生の時、親を拝み倒して連れて行ってもらった初めてのコンサートがテンプターズでした。
中学に上がると友達とタイガース。
熱狂したのがオックス。
懐かしいなぁ(^‐^)
| Meg. | 2011/05/03 11:45 PM |
先々月にGSセッションがあったんですが、スパイダースの『夕陽が泣いている』が入ってたので参加しました(笑)
鍵盤が1人だったので他のタイガースやテンプターズ等もやらされました。よく知らないけど何となく覚えてる(笑)意外と複雑なコード進行にびっくりしました。
| mimi | 2011/05/04 8:11 AM |
SHIMAさん、はい。いつかこの中から福井さんのバンドでやってみたいと思うとります。(笑)
そうなんですよ、井上堯之先生、艶っぽいのです。
| jeff | 2011/05/04 10:03 AM |
Meg.さん、バレバレであります。
でもねぇ、GSからFOLKやJ-popsへブームが映る青春時代?には、必ず井上堯之さんのGuitarの音色がそこにあったんです。
だから、ね、いいでしょ?って許可を求めるか?普通・・・。(笑)

GSのメジャーなバンドはみんなTVでですが見てますね。
確かに野口ひでとは格好良かったですね。
いろんなバンドがありました。カーナビーツ、ゴールデンカップス、ジャガーズなんかも人気ありましたね。
| jeff | 2011/05/04 10:08 AM |
mimiさん、そうですか。やりましたか?スパイダース。
あのグループは一番大物がうようよしているグループでして、リーダーの田邉さんも直ぐに芸能プロダクションの会社を興してますし、ムッシュかまやつさんは親がJazzシンガーでしたから、それは一ひねりも二捻りも編曲で個性を出していますね。

でもどのバンドもBeatlesやRolling Stonesにはそうとう意識したアレンジもされていると思いますのでやってみると意外性に驚きながらも楽しめますね。
といいながらGSはバンド経験が無いワシはまた、mimiさんに置いていかれてしまった気がしてます。(笑)
| jeff | 2011/05/04 10:20 AM |
確か小学生の頃、学校から家に帰ってきた時に兄貴が食い入るように見ていたのが「ザ・タイガース」の武道館での解散コンサートだった事を覚えています。当時はタイガースを筆頭にブルコメ、スパイダース、テンプターズ、ワイルドワンズ、オックス、カーナビーズ、ゴールデンカップス等が僅かな期間でしたが大盛況でしたよね。
懐かしいです。
| 鉄火巻 | 2011/05/27 9:56 AM |
鉄火巻さん、どうも〜。
そうですか。お兄さんもGSが大好きだったんですね。
きっと太陽に吠えろもお好きだったのでしょうね。
3年で去ってしまうブームだった気がしますが、それはもう大変なものでしたね。
本当に懐かしい時代です。
| jeff | 2011/05/27 9:25 PM |