CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

JeffBeckが好き・・・ブログ!

アコギとエレキのギターが大好きで正体バレバレの怪しい初老おやじのブログです。
ワシは頚椎ヘルニアに悩み、半ば家族にも見捨てられながらも必死に己の趣味の世界に没頭するのです。
さぁあなたも一緒に填まりましょう。
<< 近況 | main | ワシが?ですか? >>
さようなら犬小屋
 JUGEMテーマ:日記・一般
昨日の日曜日は、家の桜の木の手の届かないところに鋸や剪定鋏を使って枝を切りました。
子供の頃は良く木登りをしたもので、この歳になっても何とか登れます。

その後で、ずっとやろうと思っていた、愛犬マックの犬小屋を撤去・解体することにしました。
この犬小屋は、まだマックが子犬だったころ、近所に住む長女の同級生のお父さんが大工さんで、一度庭で焼き肉を一緒に食べたことがあり、そのあとでプレゼントしてくれたものです。
しっかりとした骨組みと天井にはビニールを張り、絶対に雪や雨が入り込まないように丁寧に作られておりました。

お蔭で、釘を抜くにも時間がかかり、息子と2時間ちかくかかったと思います。
この場所に犬小屋が無いと我が家では無くなるような気もしますし、玄関側から犬小屋を覗くと、いまだにマックがそこに佇んでいるような気もしたので、解体をためらっていたのだと思います。
来月12月30日が命日なので、そろそろバラすことにしました。
なんだか、悲しいです。

ついでに冬囲いを少ししました。
桜の木は丸裸で葉っぱはほとんど落ちてしまいました。
禿げ頭のようで恥ずかしい佇まいとなってしまいましたが、これは毎年のこと。
しようがありませんね。

そんな中、秋の小さな白い花が庭にひっそりと咲いていました。
何の花だか、わしゃわかりません。

木登りとひたすらハンマーとバリで釘を抜いて、手も殴りつけ、指先は逆向けてあちこち傷だらけです。
腰も背中もやはり今夜は痛んでいました。
早う風呂に入り寝ることにします。


| 家庭 | 22:31 | comments(12) | - | pookmark |
若い頃は情熱的に悲しいことが多く
中年以降になると、しんみり哀しいことが多くなるような気がします。

なんせいろいろ失ってゆくお年頃ですからね(笑)
それもまた一興なりと思うこの頃です♪
| 浅知恵 | 2011/11/08 12:06 AM |
浅知恵さん、有り難うございます。
月日のたつのは早いものですね。
確かに最近は物悲しいことが多くなりました。
そして怒りはなくなっています。
そういう年代なのだと思います。
| jeff | 2011/11/08 7:48 AM |
犬小屋の解体は・・・切ないですね。

うちのはまだ元気ですが耳が全く聞こえなくなりました。
「ヒトと同じで耳が遠いほうが長生きするモンだ」
と言ってくれる方もいますが・・・。

マックくんが自由に空を駆け巡って行くためにも
(気持ちの整理のためにも)良かったのだと思います。

うちのは室内ですがその時が来たら
(もう15歳なので遠からずです)
ベッドを片付けられる自信が無いですね。
| M-Itoh | 2011/11/08 7:56 AM |
M-Itohさん、どうも有難うございます。
そうですか、M-Itohさんの犬には長生きして欲しいですね。

お片づけも嫌なものを無理して片付けることもないなぁと、今まで引きずってしまいましたが、そういう時期だったのだと思います。
| jeff | 2011/11/08 9:58 AM |
切ないですね(;;)
まだ一年経たないですものね。。。
よく思い切られたと思います。

白い小花はスイートアリッサムです。
我が家でも今、咲いていますよ〜。
春先、まだ枯葉色の庭で一番に咲いて、
晩秋まで良く咲いてくれます。
| Meg. | 2011/11/08 11:36 AM |
Meg.さん、どうも有難うございます。
解体していて淋しかったですね。

お花の名前、お詳しいですね。
なんだか素朴で好感がもてる花でした。
犬の分まで大事にします。
| jeff | 2011/11/08 12:53 PM |
しばらく jeffさんのブログを見ていなかったので 知らなかったです
マックちゃんのご冥福をお祈り致します
| アルパカ | 2011/11/08 6:41 PM |
アルパカさん、有り難うございます。
ペットは亀でもないかぎり長生きできず、子犬もあっという間に成犬となり老犬となります。
虚しさを覚悟して犬も猫も飼わなければなりませんね。
ただ、その小さな命が色々なことを人間に教えてくれるものがあるのです。
だからまた飼う人が多いのでしょうね。
| jeff | 2011/11/08 11:45 PM |
マック君はすっかり元気を取り戻したのだとばかり思っていました。
悲しいですね・・・。
| chiririn. | 2011/11/09 12:56 PM |
chiririn.さん、どうもありがとうございます。
マックは昨年末のワシが仕事納めを終え、正月を迎える直前に誰にも負担がかからぬ時期に死んで逝きました。
最後まで頑張りましたが、彼の一生を全うしました。
持っても一週間の余命を一年以上も更新し立ち上がり歩いた奴は実に天晴れな男でした。
| jeff | 2011/11/09 8:20 PM |
ペット、ある意味家族以上に親密になりますね・・・

先代のねこ(あさりちゃん)が亡くなった時のことは今でも鮮明に思い浮かびます・・・

心に深くあいた隙間を埋めるべく今のレオがいます。

元気で動き回ってくれるだけで、癒されます。

そんなレオも、すでに9歳。

高齢猫の仲間入り?


マックくん、もう一年経つんですね・・・

ほんと、月日の経つのは早い・・・と以前にも増して感じる今日このごろです。


マックくん
| bossa_ken | 2011/11/09 11:17 PM |
bossa_ken兄貴、もうあれから一年が経過しようとしています。
本当に早い。でも、あの日の朝の容態の変化から見とるまで、忘れません。
今でも家の玄関や外に居てくれる気がします。
心の中に生きているんですね。
| jeff | 2011/11/09 11:39 PM |