CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

JeffBeckが好き・・・ブログ!

アコギとエレキのギターが大好きで正体バレバレの怪しい初老おやじのブログです。
ワシは頚椎ヘルニアに悩み、半ば家族にも見捨てられながらも必死に己の趣味の世界に没頭するのです。
さぁあなたも一緒に填まりましょう。
<< 6度目の挑戦 | main | 近況 >>
わかめちゃん
JUGEMテーマ:健康

今日はワシの住む街では初めて積雪の朝を迎えた。
雪が静かな町を更に静めてくれる。
JRの貨物のコトンコトンいう音も、道路を走る車の音も、みんな吸収してくれるから、朝は良く寝れる。

そんな朝、母の手術のために姉とうちのが病院へ駆けつけていた。
頸椎の第5番目あたりを中心に神経の圧迫している部分を触る手術である。
もう86歳で大正15年生まれの母が、何を思って手術を決断したのだろうか。

既に30代後半に子宮筋腫で当時、この街に一つしかない病院の、それも外科が専門の先生に麻酔の効かない状態で、お腹を裂かれ、臓器を除去されたときの話はこれまで何度も聞かされている。
医院長に「痛い、痛い!!早くなんとかしてくれ!!」と叫んで耐えた3時間に比較すると、現代の手術は怖くないと母は云う。

神経を触る手術だけに失敗や後遺症があることも踏まえての決断なのですが、周囲の人はただただ驚いている。
特に、この3年は4回目の手術である。両手首と腰と今回の頸椎であります。

病院の病室で一緒になったおばさん二人が、86歳の母の面白可笑しい昔話を楽しんで聴いているとともに「本当に年齢を感じさせずしっかりとしている」との評判だそうです。
遠い昔の記憶を昨日のように話して聞かせるその独特の話術にはまると3時間は覚悟しなくてはならないらしいです。

そんな母が誇らしいと思います。午後からお休みを貰い、病院へ向かいます。
地下鉄のひばりが丘の駅から徒歩2分でその整形外科に到着します。
術後の処置室で寝ているらしい母を見ると、くぅくぅ〜寝息をたてて寝ています。

手術は一応成功ですが、両手の痺れは取れていない模様。
頸椎はかなり圧迫され癒着した部分もあり、そこをきれいにして今後癒着しないよう、人口のU字型の釘みたいなものを何か所か取り付け、後に影響のないように消える?とか。

本人が決断し手術に踏み切り、期待通りの効果も無い結果になりそうですが、母の一生ですからやることをやって駄目なら本人も諦めるでしょう。
恐らく明日には病室に戻り、痛みが引いたら早速体を動かしリハビリは始まるのでしょう。

入院は3週間程度。会社帰りに立ち寄ることも多くなりそうです。
手術の患部だけに後頭部を剃り上げるのですが、姉には「わかめちゃんみたいだね」と言われたそうです。

「もうそうろそろ、今日は帰るよ」というと意識朦朧としている母が「病室の相部屋の患者さんにも挨拶をして行け!」と言ってました。

まだまだ確かにしっかりしています。
頑張って少しでも良くなれば良いのですが、、、わかめちゃん。


 
| 親孝行 | 21:19 | comments(6) | - | pookmark |
とりあえずは無事手術終了おめでとうございます。
本当に尊敬します、わかめちゃん(^‐^)
| 浅知恵 | 2011/11/17 10:47 PM |
浅知恵さん、ありがとうございます。
結果はあまり期待できないようですが、本人も納得すると思います。
昔の苦労に比べればこんな手術どうってことないらしいのです。
それでも7年前にワシの左耳の手術の時は心配して見舞いにきたものです。
ワシの手術に比べると母の昔の痛みは想像出来ない痛みだと思います。
母は強し、女は強しです。
| jeff | 2011/11/17 11:08 PM |
無事に手術を終えられて、良かったです。
まだ合併症などのご心配もおありでしょ?
でもなんか、お母様のお話を伺ってると、
そんなのどうとでも、乗り越えられそうで頼もしいです。
どうぞ、お大事になさって順調なご回復を。
| Meg. | 2011/11/18 12:05 AM |
Meg.さん、ご主人さまといい、いつも暖かく見守り下さり有り難うございます。
お陰さまで何とか手術を終え経過は改善されないものの、良好です。
母を見ているとなんて自分はちっぽけなんだと思います。
あの小さな体でオーラがあるんですよ。
腰の曲がった母を子供の頃は恥ずかしくて歩きたくないと思いましたが、今はどこででも手を引けます。
偉大な婆様なのですよね。

また、結果は追々ご報告させて頂きます。
有り難うございました。
| jeff | 2011/11/18 12:43 AM |
手術成功おめでとうございます。
強いお母さんですね。そしてやさしいですね。
手術後も周りへの気遣いを忘れないのは素晴らしいです。
患者さんにも挨拶して行けなんて、親じゃなと言えない言葉ですね。
早くの回復を願ってます。

| いっせい | 2011/11/19 7:27 AM |
いっせいさん、ありがとうございます。
昨日また姉とうちのが病院に行ったのですが、一般病棟で元気にしているようです。
痛み止めも入り首も楽になってきています。
補聴器がずれると大声になるので、入れ直すと正常のボリュームに戻ったそうです。^^;
今日もワシと兄が見舞う予定です。
絶好調に食欲もあるようですがお粥のため「イカの珍味を出せ!」と相部屋中、臭いを充満させ看護婦に「あらら!?」という感じのようです。
また今日も朝から、わかめちゃん節を炸裂させているんだと思います。
ありがとうございました。
| jeff | 2011/11/19 8:00 AM |