CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

JeffBeckが好き・・・ブログ!

アコギとエレキのギターが大好きで正体バレバレの怪しい初老おやじのブログです。
ワシは頚椎ヘルニアに悩み、半ば家族にも見捨てられながらも必死に己の趣味の世界に没頭するのです。
さぁあなたも一緒に填まりましょう。
<< 連休も終了 | main | この半年 >>
体調はもう少しかな。
またまたのご無沙汰です。皆様、寒い日が続きましたがお元気でしょうか。
ワシは4月14日にタイヤ交換をした後で転寝をしてから喉を傷め、その後のセッションのイベントを終えてから風邪気味が続き、それが急性中耳炎まで発展してしまい、東北福島県郡山市の出張も薬を飲みながら乗り切りました。

耳の状態が左右の音の高さが異なる状況が4/20-5/5くらいまで続き、ろくにギターも弾けず音楽も聴けずの生活が続きましたが、5/6頃に完全に復調しました。
左右の音の高さというのは右耳の「ド」の音が、左は「レ」に聞こえるというものです。
一度4/23にバンド練習しましたが、混乱の音階の中で自分の音もわからない状況でギターを弾くことになったので、これはとても演奏とよべるものではありませんでした。

その後、徐々に回復しやっと練習も出来るようになった5/9(水)に職場の花見が円山公園でありました。
この花見、同じフロアのマネージャーが5000円の寄付を条件に久々に敢行することになったのですが「こんな寒いのに無理だよな」と思いながらも、当日を迎えてしまいスーツの下にはカーディガン1枚を余分に来て、公園に向かったのでした。

しかし現地に着くと皆、スーツを脱いで防寒体制に入り、しっかりとベンチコートや真冬の除キングウェアなどに着込んでおりました。
無防備なのはワシだけでありました。不安がよぎりました。

(まぁ、30分か1時間我慢して、逃げよう・・・・)

そう、思ったのですが、1時間を経過して炭を持たない別組織のグループの中に、先月一緒に出張した大部長がおり、向こうも寒かったのか此方の炭に暖を取りに来ました。
しかも席はわしのとなりにどっかりと座りこんでしまいました。
流石にこの場から逃げることは出来なくなり、約2時間耐え抜いた時には、両足は靴下1枚でテントの上に上り込んでいたため、間隔が無くなった感じです。
寒い時の凍傷にかかる直前の感じでした。
当日の気温は8-9℃でしたが風もあったのでもう少し寒く感じました。

これがたたって、翌日の10日(木)に起きて、喉の腫れと耳の奥の腫れを感じたので、業務終了後、近くのオフィスビルの耳鼻咽喉科に駆け込み、右の鼻から長いホースで喉から気管まで映像で確認してもらいました。
思った通り、全てが赤く腫れており、薬をまた1週間分貰いました。

なんだかんだで4/15から毎日、薬を飲まない日は無かったということになります。
これだけ、回復が遅いのはやはり、歳を取ったということですし、体調管理には気を配らないといけないなぁと思う次第です。

金曜日に帰宅してから一歩も外出していないのですが、そろそろ何か美味しいものでも買いに行こうかと思います。

また、ギターも久々にMartinD-41をケースから出して気持ちよくかき鳴らしました。
エレキの練習も課題曲として増えたChicagoの長い夜(25 Or 6 To 4)のリードの練習も熱が入ってきました。
この曲の奥の深さと、何度聴いてもテリー・キャス(ギターの名前では無くて、ギタリストの名前:故人)の素晴らしさというか野性味溢れるフレーズの出来栄えに改めて感動するのです。
この人、ストラトからテレキャス、レスポールと何でも弾く人でありますが、どれを弾いても彼の音になっているところが、素晴らしいのですね。
自分は、今、手持ちのギターでこの音に近いのは、テレギブだったりします。

そんなことで、今日も暇があればとことん、コピーの完成度を上げて行きたいです。
でもこの曲は完コピーを耳コピーで行うのは難しいかな。
かといって、tab譜やバンドスコアが手元にあってもそれには頼りたくない自分がおりますが。

てな、ことでまた明日から一生懸命仕事が出来るように今日も英気を養いたいです〜。
| 健康 | 14:25 | comments(0) | - | pookmark |