CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

JeffBeckが好き・・・ブログ!

アコギとエレキのギターが大好きで正体バレバレの怪しい初老おやじのブログです。
ワシは頚椎ヘルニアに悩み、半ば家族にも見捨てられながらも必死に己の趣味の世界に没頭するのです。
さぁあなたも一緒に填まりましょう。
<< ご無沙汰です。 | main | 月2のBlogになりそうな。 >>
歳を取りメンタルも弱いワシ。
JUGEMテーマ:音楽

JeffBeckセッションライブが終わった。今回で2回目。前回は2年前。
あの時はJeffBeckシグネチャーモデルを買ったばかりで自分でなじんでいなかったので、演奏に不安に思い大好きな「哀しみの恋人達」をシングルPUの黒いテレキャスで弾いてしまった。
自分の中ではとても悶々としていた。共演者のストラトに比べ、自分のストラトはトレモロユニットの調整も甘く、またJeffBeck先生の真似事にもなっていない状況だった。


それから2年、やっとストラトのアーミングも安定してきたし、弦高も程よい高さになったし、当時固かったボリュームやトーンのポットも緩いくらいに馴染んだ。


哀しみの恋人達を弾くためのギター、テレギブも偶然見つけた「手渡しのみ落札可能」なGrecoのTL-800Jをミク友のかずさんに引き取りにいってもらい、親切にも音や造りまでチェックして、その後、豊田さんの家に送られた。


そうして、即座にリアPUを取り外し、フロントをリアに、フロントにはゼブラのハムバッキングを乗せ、ポットサーキット類をAllPartsJAPANにピックガードを黒に交換するなど、また演奏性を考えてTONEはシングルPUになるようプルスイッチが付き、Vol奏法を考慮し抵抗値も最適なものにチューニングしてもらえてある。

昨年からのライブからメインのギターとなり、Pops・Rock・Jazzっぽい曲まで色々使える便利な一本となった。
しかし最終的に、ハイフレットの高域の伸びに不満を感じ、Musikr​aft製のネックに交換し、ペグもGOTOのマグナムロックに変更されたのは先月8月のことだった。

またたまたまネットで一目惚れで昨年11月に購入したFenderEsquire(Mexico製)も8月にピックガードとシングルでもハムの構造を持つDIMAGGIOの高出力タイプに変更し、JeffBeckっぽい音へ転向できた。

当初、乗っていたノイズも先日、アースを取ってもらいほぼ解決している。
それもこれも、かずさんやとよさん、そして浅知恵さんなど、ネットで交流した仲間から情報をもらえたり、とよさんにおいてはすっかりエンジニアとして製作に関わってもらった。

こんな3本をひっさげて、会場にアンプ2つを持ち込み乗り込んだ、9/15(SAT)のHotTimeでのJeffBeck大好きセッションライブ。
正式な面識はないものの富岡荘のみょうてんさんやとらのあなの3名は4年前の親父バンドフェスティバルの北海道予選などから何度かお見かけいている。
こんな人たちと時間を共有し、共演出来るのはここまで続けてきて良かったと思うものである。

毎日、ギターを弾くわけでもなく、毎日JeffBeckばかり聞いているわけでもなく、コピーもたいして本気でやっているわけでもないのに、セッションに出るなんてやはりおこがましい気もするが、発表の機会もすくないのでここは交流していくこととしたのだ。

そもそもガラス製のボトルネックを家に忘れ、ikurumiさんが、ご自宅まで取りに行ってくれて本当に助かりました。



でも他のメンバーもセッション慣れしている人、バンドを3つ、4つ掛け持ちの人もいたりと強者ばかりで、委縮し融けていまいそうであります。
それなのに、少しでもらしく見せようと、普段やらない小さなアクションを取るだけでも、ミスをいたりする。

それに卒業証書を読み上げる初老の校長先生やPTA来賓の挨拶の原稿を読み上げるときに、肘や手首が笑い、ブルブル震える光景がありますが、あれと同じ現象が「はぐねっとのOFM(北海道アコースティックサークルの定期オフラインミーティングの発表会)」でも起きたことがありまいた。

それが今回のディフェニトリ・メイビーのボトルネックを持っているときの前半に起きました。
周りではビブラートをかけているのか?と思ったと思いますが、全然、ポジションがズレています。



真ん中の左指でふつうに弾くソロで落ち着き、後半は不思議と肘や手首の震えが止まりました。
これは高齢化が自分の中で進んできたのか?はたまた、蚤の心臓の持ち主であるのか、良くわかりませんけどきっと気持ちの面で出ているのだと思います。

それから、最近多い現象なんですが、良くシワシワのおじいちゃん、おばあちゃんが悲しくも無いのに涙を流しながら話をしていますね。

あれが自分、時々出るのです。目じりのほうからじわじわと・・・。当日も朝から自宅でも、実家でも、会場でもちびちび涙が出てました。

これはPCの液晶やスマホの液晶を長い間、仕事も遊びも見ているからだと思うんですよね。疲れ目とか色々原因があるようですけど。

と、言い訳しても次につながらないので、兎に角10/7(日曜日)に「べっくらぺいじセッションチャリティーライブ」のために、頑張りまっす。
一人でも会場に多く来ていただき、少しでもチャリティ募金を東北の復興支援に使っていただきたいと思います。
メンバーもオーディエンスのお客様も足らないのですが、どうか皆様のお力をお貸しください。

| ライブ | 13:18 | comments(0) | - | pookmark |