CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

JeffBeckが好き・・・ブログ!

アコギとエレキのギターが大好きで正体バレバレの怪しい初老おやじのブログです。
ワシは頚椎ヘルニアに悩み、半ば家族にも見捨てられながらも必死に己の趣味の世界に没頭するのです。
さぁあなたも一緒に填まりましょう。
<< キーレスエントリーの電池 | main | 男の病気について >>
2013サムズ・バイクのミニライブ迫る
今年もまたサムズ・バイクでのミニ・ライブの季節が来ました。
今年で3年目、4回目のステージです。
いつもはバイク(自転車)・ショップの店舗の自転車を奥へ運び、ステージと椅子がセットされます。
このお店のオーナーもギターやベースを弾いたりする音楽好き。
そして札幌市中央区円山・山鼻方面にはギターショップ「エレキ堂」の経営にも関わっておられるようです。

今年はMOONBEANSのバンド練習日と重なったため、一度は諦めましたが、バンドの練習が1週間ズレて参加出来ることになりました。
当初はアコギも弾いていなかったのでオーディエンスでと思いましたが、昨年「ふきのとう」をカバーした【ふきの50】の相方、Y田さんと今年も参加してみることとしました。

今回は40年前の青春時代に填っていた「GARO」を3曲くらいやります。
GAROのメンバーは60年代後半からキャリアを積み重ね、日本のFOLKやROCKの幕開けに大きく関与しているグループです。
TVの露出も、彼らのオリジナルではなく、レコード会社・所属事務所の思惑に従わねばならず、意図したものと違う形でのデビュー後の活躍でありました。

しかし当時のMusicLifeなどの邦楽部門のギタリストでは、アコースティックとロックの両方に、(故)日高富明氏と堀内護氏が常に上位ノミネートされた時代もあり、自分にとっては憧れのグループであります。
また当時、タイガースのメンバーやニューミュージックのサウンドに関わるそうそうたるメンバーがレコーディングに関わっており、この時代のサウンドの基礎を築いたのだなと今となっては思い起こされます。
また当時、日本に2本しかないと言われた、1960年代のMartinD-45(ハカランダ仕様)を持つグループとしても有名であり、(1本目は(故)加藤和彦氏?)誰もがそのギターを羨望の目で眺めていたのだと思います。
その堀内護氏のギターは、さだまさしのもとへ・・・。

更に、日高富明氏においてはギターのプレイヤーだけでなく、コレクターとしても有名でありました。
Gibsonのレスポールにおいては、現在所有しているとすれば大変な高額なビンテージ物を数本持っていたのだと思います。
更にFenderのストラトキャスターやテレキャスターも使いこなし、流石はクラプトンに填っただけギターも数種類使い分けします。
またCSN&YなどアコースティックサウンドにはオープンDやDADGADのチューニング、そして暗い部屋のDADGCD(トミーはDADGBD)など、様々な演奏スタイルを己のものにしていたのだと思います。

GAROは坂崎さんがよくコピーして歌っていますが、GAROと交流が一番深かったのはアルフィーで特に可愛がられていたようです。
事務所が同じだったこともあるのかもしれません。
あの3部のコーラスなどはGARO譲りなのかもしれませんね。

さて、本題に戻りまして、このサムズ・バイクにはMartinOOO-28、MartinD-41、LarriveeC10などで参加してきましたが、毎回出演されるトミー・エマニエルのコピーをされているNさんも使用している、S.yairiのYD305を久々に引っ張り出して弾いてみようと準備しています。


国産ビンテージギターも大きな箱鳴りの音がするギターが多くなっていますが、きちんとネックのコンディションが整い、更に気持ちの良い倍音やリバーブ感まで持っているギターは少ないものと思います。
このYD−305はそういう意味ではほぼ合格であり、更に最近は枯れた音色に変化してきており、手放すのが益々惜しくなっているのです。

今回はこのギターが生まれた1975年にはグループとして解散の道を辿ったGAROをやることになるのですが、どんな音色を奏でてくれるでしょうか?
あ、弾くのは自分でした。恐らく歌も演奏も失敗の連続でメロメロになりそうですが、どうかご勘弁を・・・。
| イベント | 23:58 | comments(6) | - | pookmark |
あ、GAROのこと書いてある〜、嬉しいな♪
もう明日ですねー、ライブ楽しみにしています!(^0^)/
| SHIMA | 2013/01/25 9:11 PM |
SHIMAさん、コメント有り難うございます。
にかくい一発合わせの過去にも、y田さんとも合わせたことのないもので不安が一杯です。
お手柔らかにお願い致します。(笑)
| jeff | 2013/01/26 8:44 AM |
今日ですね。
何故か私も緊張してます^^;
変なの〜笑。
受験生の母の気分です。(⌒-⌒; )
| tommy | 2013/01/26 12:29 PM |
tommyさん、そのまず、ハンドルネームがプレッシャー!(笑)
本日は宜しくお願いいたします。
酷評を覚悟で、人前でやったこともない3曲に挑みます。
ま、楽しまさせてくださいな。
| jeff | 2013/01/26 1:35 PM |
大沼さん、お疲れ様でした。
今回は、ほとんど合わすこともなく本番と聞いていたので、
何故か私もドキドキでしたが^^;
短いリハーサルを聴いてみたら…あらまっd(^_^o)
合うんですね〜。さすが、ふきの50です。
一人で行くさは、ほんっと懐かしくて嬉しくて、
とても良かったです。
今回も楽しい時間をありがとございました。

SHIMAさん、またご一緒できる時を楽しみにしていますね。
ガロまた聴きたいですよね(^-^)/
| tommy | 2013/01/27 3:12 PM |
tommyさん、先日はお忙しい中、ありがとうございました。
目と耳の肥えた御三人に重圧を感じながらの演奏になりました。
結果は不本意ではありますが、これが今の実力であります。
これからも精進していく所存ですので変わらぬご支援を宜しくお願い致します。
うむー、選挙みたいだなぁ。(笑)
| jeff | 2013/01/28 7:53 AM |