CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

JeffBeckが好き・・・ブログ!

アコギとエレキのギターが大好きで正体バレバレの怪しい初老おやじのブログです。
ワシは頚椎ヘルニアに悩み、半ば家族にも見捨てられながらも必死に己の趣味の世界に没頭するのです。
さぁあなたも一緒に填まりましょう。
<< ボランティアなイベント | main | 鼻水き・・・止まらんたまらん。 >>
はがない人生。
7月頃から母の検査で家から30Km離れている北大病院へ何回か、通っている。
そもそも80代後半なので、どこかおかしいところが出てきても普通の年齢だ。

母は30代後半から何度かこれまで体にメスを入れてきた。
40代で脊髄が歪み、腰が曲がっている母の姿は小学校高学年から徐々に普通ではなく、少し恥ずかしい立ち姿だとも思った時期もあったが、父が60歳を前に倒れ、12年間介護する母を見て、立派なものだと大人になってから感じていた。

これまで両手首、頚椎、腰椎にメスを入れ、足首も骨折したこともあった。
どれもが外科的な神経的なものであったが、今年の7月からのものは肺に小さな影が見えることから通院が始まった。

その後、お盆を前にPET検査なるもので、それが悪性であるかどうか、全身を調べた。
その結果、やはり肺にそれらしきものと、大腸にも、それがあるとのことだった。

大腸は数年前に、入院し治療をしたこともあり、昨年も地元の病院で検査しており、その時は所見なしというところでした。

それなのに、たった一年足らずで、そんなものが出来るものなのでしょうか。
母も姉、兄、そしてワシとショックは隠せませんが、この先、そんなに長生きできないかもしれないし、あまり痛い辛い治療はさせたくないなと考えていました。

そうして、今日は大腸検査の日。朝から指定された液体を自宅で飲んで出発しましたが、中々検査の出来る状態にならず、あれを2回かけてもらったようです。(失礼)

11時に自宅を出て検査が始まったのは15時。
その間にワシは、腰骨がずれているのか、この2・3週間痛かった、背中をメンテナンスに向かいました。
かなり違和感は解消され、重いものを運ばなければ大丈夫でしょう。

それで、約1時間後の、16時、結果が出ました。
母の第一声は「母さんの大腸は癌でなかった!」とのことです。
最新の機械、PETを導入して検査しても、糖分を寄せ集めたポリープが癌に見えた光を放ったのでしょう。

晴れ晴れした気持ちで、お昼ご飯を抜いた姉と母の3人で病院のレストランで食事をして帰ることにしました。
母は、ここまで食事も我慢したのだからと、お刺身と天ぷらの定食を食べる気満々で注文。
 
さぁ食べるぞ!と意気込んだとき
「あっ!入れ歯を忘れた!!」

結局、母は姉とワシが注文したスープカレーをご飯にかけてモゴモゴ食べました。(笑)
ま、この先は、肺の影とうまく付き合いながら、まだまだ頑張って貰いましょう。

夕暮れとなり、家路を急いで高速を使うことにしましたが、母がフル区間走ろうというので、ひと区間伸ばして札幌南インターを通過したとき、
「ピシっ!!!」と異音を発しました。

見ると、フロントガラスのワシの視界を1cm程度のヒビが遮っています。
やられた。前の車が跳ねた小石を拾って割れた模様です。

がぁ〜ん。母よりもワシの方が、痛い一日となりました。
とほほほ。交換すると10万円を超えるらしいですが、この程度だとガラスのリペアで修理出来るみたいですね。
早速、明日にでもSHOPに相談してみようと思います。
リペアならば12,000円〜14,000円くらいで修理可能なんですね。JUGEMテーマ:健康
| 親孝行 | 21:25 | comments(6) | - | pookmark |
お母様、何事も無く良かったですね。
フロントガラス、私は一年で二回取り替えた事があります。
うち一度は石撥ねで。
相手が特定されていなくても、石撥ねの場合は保険がおりました。
調べてみてはいかがでしょう?
| T村 | 2013/09/13 9:47 PM |
大沼さん、ドキドキしなが読んでました。
はがない人生…へっ?やっぱり?歯が取れたの?(; ̄O ̄)ってね。(笑)
歯科の先生に怒りのクレーム入れたろか!ってね(笑)
そうではなくて少し安心。
いえ、それはそれで事態はお気の毒ですから…なんと言えば良いのか…。

お母さんの検査の方は安心出来てなによりでしたね。大腸の検査は辛いですからね。
大沼さんも、体調ご自愛下さいね。

私も今日は早寝します。

歯があって良かったです。(*^o^*)
| tommy | 2013/09/13 10:45 PM |
T村さん、ありがとうございます。
石撥ねで、自分は対人対物しか入っていません。
それでも保険、降りるのでしょうか?(笑)
でもリペアでも良いかなと思っています。
母は後は肺の進行が遅れせれればいいなと思いますが、あまり医学に頼らず、自然体で暮らしてもらおうかと思います。
| jeff | 2013/09/13 10:54 PM |
tommyさん、有難うございます。
入れ歯が無いのでは、食べれないすもん。
それが母で良かったのか、どうか。(笑)

母は大腸が無事で、検査が終わったら、やったぜ!みたいな顔つきでした。
ワシも整体に行って何とかやっていけそうな気もしますが、ギターを抱えるのはあまり宜しくなく、立って弾いたほうが、腰には良さそうなので、当面そういう練習に切り替えていきます。
| jeff | 2013/09/13 10:57 PM |
いったいどこで歯が無くなるのか?という実に不謹慎な興味を持ちながら読んでしまいました。
| かず@ | 2013/09/14 11:04 AM |
かず@さん、引っ張ってしまい、済みません。
入れ歯がないと書いても、タイトルとしては儚い人生に引っ掛けたかったものですから。
母は婆になっても偉大なのです。(笑)
| jeff | 2013/09/14 11:42 AM |