CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

JeffBeckが好き・・・ブログ!

アコギとエレキのギターが大好きで正体バレバレの怪しい初老おやじのブログです。
ワシは頚椎ヘルニアに悩み、半ば家族にも見捨てられながらも必死に己の趣味の世界に没頭するのです。
さぁあなたも一緒に填まりましょう。
<< 久しぶりのBlog | main | 応援団長みたいな >>
涙の訳
JUGEMテーマ:健康
男はそんなに簡単に涙を見せるもんじゃなか。
漫画の本で子供の時、読んだ。
その通りだと思うしなるべくそうしてきたつもりだった。
しかし、その思いとは無関係に止めようもなく涙が出る。
どうしてなのか?涙をぬぐう姿はどこか女々しい。
どうにかならんものか?

数年前のBlogを見てもやっぱり、右目から涙が出ると書いてある。
それが昨年の夏場から一段と激しく、勤務中も幹部の会議中も、容赦なく滲んでくる。
ここまで来ると流石にネットで詳しく調べるようになる。
涙腺症となる病気のようで、悪化するとメスをいれなければならないケースもある。
よくね、年寄りのじっちゃんやばっちゃんがね、嬉しそうにしているのに涙流して話しているよね。
風の強い日なんかは特にね。
まれに目ヤニで爛れて涙流しているお年寄りもいるよね。
その人たちはこの涙腺症かもしれないんだよね。
ワシもね、考えたんだけど悪化する前に病院いって、チューブ通さなくても済むといいなぁと思ったけどね、数年も前から発症しているならかなり涙腺が狭くなっているし、だからこそ涙の量も増えてきたんじゃないかと思いました。
で、シリコンチューブとはどんな風にいれるかをご紹介します。
最初にアンケートを書き、診察で「これはチューブをいれないといかんな」
「いつやりますか?」
「今日だよ、今日やろう」
「・・・・(まじかよ)」
で、視力検査、眼圧検査をします。
その後、麻酔の効きをしらべる注射をちくりと腕の内側に1本打って、10分くらい放置。
そして目薬の麻酔で5分、放置。
そして麻酔が効き始めたら瞼に3か所、注射を打たれます。
まぁ歯医者でやる歯茎に最初にだし綿に麻酔を浸しやがてブスっとやるあのやり方と同じです。
ま、ま、チクリときて、少しずつ深く入れていくわけでそこそこ痛いです。
次にシリコンチューブを入れ始めたようですが、少し押される感覚があります。
やがて先生は、内視鏡で涙腺を観察しているようで、途中で狭くなり内視鏡が入らないと云っています。
で、10分ほどで気道を通り抜け目に戻ってきたようです。
プラスチックの塊の破片が内目に残るので、正面の物や右目で左を見るときなどは少し邪魔で違和感があります。
現在一日半、経過し大分違和感は減りました。
手術後は直ぐに食事をしても良く(車の運転は2-3時間、やらない方が良いそうです)
帰りに食事をして職場に復帰しました。
職場では大丈夫ですか?と声をかけられましたが、まだどうなんだろうと思っていました。
術後の痛みはありますし、完全にチューブでふさがったことから、涙の抜け道がなくなり、涙の量も増えました。
 
帰宅して食事し、寝る前に風呂に入り、指定の目薬をさして早めに寝ようと床につきました。
が、風呂が良くなかったのか、目の腫れと痛みは激しくなり、我慢して寝ましたが午前1:30に我慢できなくなり、起きてPCを起動し、ネットで術後の注意なんかを見ていたのですが、そもそもそんなに痛みは残らないと聞いておりましたし、Webの情報でもそんな感じでした。
これは鎮痛剤を飲むしかないと、コップに水を一杯用意して、買い置きのバファリンを2錠飲みました。
痛みを堪え、寝ていると朝までほぼほぼ寝れました。
朝、起きて食事をとりましたが、完全に腫れも引いていないので、大事をとり仕事は一日お休みをもらい、午前中はまたベッドで休ませていただきました。
そのチューブの破片みたいのがどんなものかというと、あかんべえ〜をするとこんな感じです。
チューブは何処?


はい、チューブはこの白い線のようなもので、太さ0.9mm程度だと思われます。

涙は外目から内目に目を洗った後、余分なものは鼻の中の気道に抜けてくるのです。
この白い線のラインで伝わってくるのです。
ここにシリコンを入れているのですね。
皆さん、悲しくて涙が大量に出た時、鼻の中にあふれてきますよね。
普段も少量ですが、涙は誰でも流れてきます。
3か月くらい入れっぱなしになりますから、経過観察をこれからしていくのですが、翌日、一週間後、以下月後とその時期は病院によって違いがあるようですね。
皆さんもどちらかの目から涙が悲しくも無いのに、ぽろんと一滴、流れたら念のために眼科に行くことをお勧めします。
お住いの地域・地区に「涙腺症 治療 病院 眼科」で検索してみてください。
眼科でも手術出来ないところは結構多いのですが、今はホームページなどで情報はけっこうあるものですし、自分もそこから検討し、病院を選びました。
私の場合の手術費は、初診料を含め15,000円あまり(現金支払いです)、目薬代は650円でした。
涙も鼻水もちゃんと流れる理由があります。
人間の体って凄いと思います。
歳をとってきたけど、まだまだ機能させておかないとね。
目ヤニだらけのギター弾きはやっぱり駄目だろうと思ったのです。
| 健康 | 22:50 | comments(2) | - | pookmark |
なんかやたら怖い手術なんですが。。。(汗)
見えてるわけですよね、やってるとこ。
麻酔の針とか迫ってくるのが見えてるんですよね?
怖すぎます。

大変でしたね。
お大事に。
| Meg. | 2016/01/22 11:20 AM |
Meg.さん、嫌なもんですね。まな板の鯉ですけどね。
みえます。見ないようにしても目ですから見えますよね。
術後のチューブも視界を少し邪魔してごろごろしますし、入れている3か月間は前よりも涙が酷いですし、朝は野良猫のように目ヤニがたっぷりついて、目が開かんくらいアカンですわ。(笑)
それでも何とかやっていくしかないので頑張ります。
| jeff | 2016/01/23 2:37 PM |