CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

JeffBeckが好き・・・ブログ!

アコギとエレキのギターが大好きで正体バレバレの怪しい初老おやじのブログです。
ワシは頚椎ヘルニアに悩み、半ば家族にも見捨てられながらも必死に己の趣味の世界に没頭するのです。
さぁあなたも一緒に填まりましょう。
決定〜!
ついに決定しました。というか、やっと情報を公開できます。
ブライアンケスラーさんの本土、初ライブを北海道で行います。
それも、札幌と恵庭市島松の2箇所で9/27〜9/28の土日の2日連続開催です。
詳しくはバナーをクリックしてみてくださいね。
バナー
9月27日(土)in キャバーンクラブ
札幌市中央区南5西2サイバーシティビル4F
http://www.fact-web.com/cavern/
17時45分開場 18時開演
チケット前売り:3,000円、当日券:3,500円

9月28日(日)in 恵庭 夢創館
http://www4.ocn.ne.jp/~musoukan/
恵庭市島松仲町1丁目2-20
PM18:30開場、19:00開演
チケット前売り:2,000円、当日券:2,500円
チケット取り扱いはバナーをクリックしてご確認くださいね。

さてどのギターでスラックキーギターを演奏するのか・・・?今からお楽しみに!
極秘情報としては、jeffとkonさんのギターを一本ずつ、使用してくれるようですよ。
さて、何でしょうね〜?!(笑)当日まで秘密です〜〜。

そしてライブの前の9/23(TUE)に、尚ちゃんの千歳市博信堂にてブライアンケスラーのインストアライブがあります。
もちろん入場は無料!!開催時刻はPM3:00ですよ。遅れないようにね。

CDの即販もありますので、この機会にサインと一緒にゲットしてみませんか?
〒066-0063 千歳市幸町2丁目9 TEL(0123)23-3386
http://hakushindo.ojaru.jp/
| アーティスト | 21:26 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
あぁぁん
ああぁぁ〜。ズームインサタデー・ズームインスーパーのTV放映が終わりました。
期待されたオヤジバンド「ひでさんずタイプB」の演奏はカット!(涙)

あんなに時間をかけて貰ったのですが、バンドものは九州地区の家具屋?さんの社長さんに取られてしまいました。
やはり定番の「TSUNAMI」をレパートリーに入れないと全国区では難しかったかと、今となって思えば残念ではあります。

是非ともひでさん亭を全国区にしたいと思って期待していただけに、まことに残念でございます。

キッキリンさんとわたくしはインタビューシーンで使われたのですが、とほほほ。私よりひでさん亭を映してよぉ。
これを見た茨城水戸の親友がメールをくれましたが・・・。
ぼそぼそした私の喋りでも高級カメラの音声+声だけの集音録音のマイクはちゃんと声を拾ってくれてましたなぁ。
自分で自分を見るのって、嫌なもんで、照れるのですが・・・・。

そんなわけで、あの場にいた皆さん。すみませんでした。(T_T;;


・・・・

さ、気持ちを切り替えて今夕方は「はぐねっと」のオフラインミーティングです。早い話、ギターをわが子のように撫でまくる、変態的なおじさんとお兄さんと女性達が集まる、大人のアコースティックギターを使った「学芸会」みたいなものです。
あの指先を喰い入るように見つめる瞳に、、ワシは、耐えれるのでしょうか・・・。

・・・・

もう駄目、、根性無しですが・・・・。konさんが居るので安心かな。^_^;
| アーティスト | 08:17 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
素顔の私
素顔の私・・・って、ワシの素顔ではない。
大好きだった八神純子のアルバムのタイトルであるのです。
このアルバムは最初に買ったオーディオで毎日のように聞いた。
やはりピークとその手前のアーティストのアルバムは最高に仕上がりが良い。
まぁレコードで45分程度ですから短いし、LPだと途中でA面からB面に引っ繰り返すわけで、今だととてもだるく感じるでしょう。
しかしそのA面、B面の切り替えと曲順が微妙に考えられていて、いくら聞いても飽きなかったなぁ。

丁度21歳ころで青春の真っ最中でしたし、車のドライブでテープが擦り切れるほど聞きました。
そうしてやがてCDの時代になってしまい、私が30歳頃にCD選書で1500円で売られていたときがあったらしいのです。

私は買いそびれてしまい、いつもオークションのこのCDを羨望の眼差しで見つめていました。
落札価格はいつも5,000円以上。場合によっては1万円近い価格もある。
先月またオークションをみていたらこのCDが安い値段で出品されており、あれれ?と思ったら・・・・。

なんと再販されてました。やった〜。とても嬉しくて飛び上がりたい気持ちでした。
素顔の私/八神純子
そうしてAMAZONから商品が昨年末に届いていたのです。
さっそく聞きました。やっぱりいい〜〜。
それから毎日、寝る前には聴いています。

特にFenderのエレキの音は絶品でストラトのシングルコイルのピックアップ(ギターのマイク)特有の音を甘く聞かせてくれます。
こればかり聴いていると、そういう音を求めたくなります。
70年代風の暗い曲が出来てしまいました。タイトルもやばいです。
とほほ、これが2008年の新作と思うと情けないなぁ〜。
| アーティスト | 22:44 | comments(14) | - | pookmark |
黒いシェーカー
いつだったか、昨年の夢チカ?で押尾さんがピックを客席に投げたら、それをマイミクの「なぎらさん」が運よく拾ったって話があって、それって凄い確立だなぁ〜と思ってました。

先月の2/24(土)ザナドゥーで行われたフライドプライドのライブ余興で、リーダーの音頭に合わせ上半身のボケ防止体操を行ったそうですね。
で、リズムが段々早くなり、皆脱落していくそうで・・・・。
うちのmichyも早々に脱落(ぷぅっ)したんだけど、一緒に観にいったわがバンドのマネージャnoriさんが、最後まで付いていって、驚くことにSHIHOちゃんが選んだのはnoriさんだったそうです。
noriさんはエアロビクスの北海道大会にも出場しているスポーツウーマンなので、このくらいの振りは屁の河童らしいのですなぁ。

で、その最優秀賞として、フラプラのサイン入りシェーカーがSHIHOちゃんからプレゼントされたそうなぁ。
いいよなぁ〜〜。

ってなわけで、写真がわしのところに届いてきたので、まぁアップしてあげることにしました。
黒いシェーカーをとくとご覧あれ!
friedepride シェカー

friedepride リーダーのサイン
リーダーAKIO YOKOTAさんのサインですなぁ。

friedepride シホちゃん
SHOHOちゃんのサインです〜。
| アーティスト | 22:00 | comments(19) | - | pookmark |
11人いる!
11人いる!・・・なんじゃらほぃ?そう思う方も多いと思います。
11人いる!
まぁ1986年の映画(アニメ)のタイトルなのですが、1977年にNHK第二TVでアニメではないが放映されていたらしい。

ワシがその映画のことを知ったのも、同志に電話して初めてわかり、驚いたものだった。

この映画のメインテーマソングは「僕のオネスティ」という曲で、ワシが高校時代デュオでコンビを組んだ「川上進一郎」が歌っている。
作詞:神沢礼江さん、作曲:川上進一郎、編曲:星勝さんだ。
星勝さんといえば「たどり着いたらいつも雨降り」のザ・モップスのリードギタリストで、井上陽水さんや安全地帯のアレンジャーで知られている有名人だ。
川上はこの星勝さんグループ(安田裕美さんや安全地帯のメンバー)と一緒に仕事をしてきており、1980年代は時々、情報が入ったものだ。
安田裕美さんといえば、シンガーソングライターの山崎ハコの夫でもあり、井上陽水さんのアルバムにて殆どのアコギを弾いている人だ。
まったく、今考えるとこの川上というやつは、とんでもない男だ。

高校一年の冬のクリスマスで、今でもワシの仲間である4人と川上とワシで「将来絶対にProになろう〜〜!!」と叫んだ日があった。
しかしワシはこのデュオと平行し、ロックにのめり込み、段々彼と感性がずれていったのだった。
高校を卒業しても一緒にやろうと誘ってくれたのですが、ワシはロックの取り付かれ、そして自分のアコギの技術の限界を感じていたのでした。

高校を出て、それぞれの道を進むことになったのですが、彼は凄かった。
YMOもデビューする前に当時希少で高価な楽器シンセサイザーとアコースティックギター、そして独創的な歌声でラジオへ進出。
そして20歳頃、大手東芝EMIと契約され上京して行ったのでした。
そしてPROとなった彼は、様々な人に曲を提供しておりましたし、編曲も手がけていたようです。
その集大成が、この「11人いる!」のエンディングテーマなのです。

私が20代後半の時に、その曲があることを知りながら、今まで曲を耳にしていませんでした。(薄情!)
前からずっと探していて、2006.12にやっとVTRですが手に入れることが出来ました。
冒頭、訳のわからないストーリーから徐々に引き込まれていき、エンディングの歌声を聴いたとき感動しました。

そりゃそうです。自分と一緒に3年間歌った相棒の歌声。忘れるわけもありません。
懐かしい・・・部分もありますが「変わった」という印象と、更に磨きをかけた高音に艶のある伸びを感じました。
成長したんだなぁ〜と感慨深く思いふけってしまいました。
川上進一郎よぉ〜、ほんと、凄いよなぁ〜。約束を守った男さぁ〜。
| アーティスト | 23:59 | comments(62) | - | pookmark |
今日はお芝居
今日はたまたま年休消化のお休みだったので、E市にお住まいのギター仲間T村さんとcafeキャトルーフィーユで珈琲を啜り、ケーキをつつきながらお話しをして男同士のデートを満喫した。
そしてしばらく里子に出していたL社のC10を内密に引き取ったのであった。
帰ってきたC10は、非情なワシにどこか売られていくのだあろう。
さようなら〜、C10フライングイーグル・・・メイプル〜〜(ToT)/~~~

さて今日は夕方、いつもお世話になっている恵庭小劇場の「北へ」の舞台が、なんと野外であるのだ。
北海道文化財団アートシアター観賞事業の舞台でもあり、北海道の開拓歴史がお芝居で解るという、力作らしい。

今日は昼間、舞台の仕込をしているので、覗きに行った。
恥ずかしながら会場の恵庭郷土資料館には初めて入ったのだ。

カリンバ遺跡
ここにはカリンバ遺跡から発掘された多数の古代の土器などが展示されている。
また稲作に必要だった過去の農機具も展示されている。
昔S39製のトラクター
このトラクターなんてS39年製であり、当時はこの農機具をもっていたら大金持ちだったと思いますね。
私も農業の家業で育ちましたが、その時は耕運機を導入するのが精々でしたからね。

さて芝居の仕込みです。劇団のメンバーが舞台と照明と音響をセットしております。
北へ1
炭を起こし、火も焚いております。どんな舞台になるんだろう。
北へ2

夕方18:40頃会場に入った際には、霧雨が降っていて、ずぶぬれを覚悟したのです。きっとAppe蛙さんがいるから雨雲が集まっているんだと確信してました。
しかし、舞台に主演の2人が現ると雨雲はす〜っと何処かに消えていきました。
北へ3
火の玉のような写真で、携帯の写真ではこうなってしまいます。
露出がどうにもなりません。

Y・yukey夫妻もきてましたし、mimiさんきてまして一緒に芝居をみました。
とてもいい芝居でした。明治時代の中山久蔵さんの開拓の話がきけて
農家育ちだった私には、じ〜んときました。斉藤さんの枇杷の音も良かったです。
音を最初に聴いたとき平家の耳無し芳市の話しが始まるかと思いました・・・。
夏の怪談かなとも・・・。枇杷の音は、ちょっと怖いですが、夏の終わりの夜には凄く雰囲気がありました。
演技のMさんの熱演も面白かったし、斉藤和子さんの語りも素晴らしかった。
流石に流石・・・。北海道文化財団アートシアター観賞事業だけありまする。

このお芝居、まだまだ続きます。お近くの町にいきましたらどうぞ、ご覧下さいませ。
ちなみに映像を少しだけ紹介しますと粗い動画ですが、こんな感じです。
| アーティスト | 23:55 | comments(9) | trackbacks(0) | pookmark |
早引き
今日はギターの速弾きならぬ、会社の早引けをしてしまった。
と、いうのも我がスタジオにAppeさん絡みの仲間と来客が来ることになったのです。
ハワイからブライアン・ケスラー夫妻がお見えです。
今夜は我がスタジオでの主、我々のバンド仲間も、見学、もしかしたらジャムル?ことになったのであります。

ブライアン・ケスラーさんは、ハワイにおけるコンテンポラリー・ミュージックを確立した『ハワイアン・スタイル・バンド』の中心として活躍し、ギター、ヴォーカル、コンポーズ、プロデュースまでこなすマルチ・アーティストなのです。
アルバムも発売されており、興味深いお人であります。

奥様は、昔Appeさんとバンドを組んでいたボーカリストだったことで今回の来日(来道)となりました。
アルバム「スピリット・オブ・ヒーリング〜ハワイ」はこのリンクから2曲試聴できますね。
スピリット・オブ・ヒーリング〜ハワイ
アコースティックサウンドはとてもしっとりゆったりしていて、行ったことがないですが、ハワイの長閑な雰囲気が感じられます。
一体、今日はどんなサウンドを聴かせてくれるのでしょうか・・・。とても楽しみです。

さて今日はそんなわけでスタジオに19:00には入りたいので早引きしてきました。
ちょっと早すぎたので夢創館へよってみました。4ヶ月ぶりくらいかな。
コーヒーの味は以前と変わらず深入りで美味しかったです。
夢創館cafe
喫茶のメニューも一新されていましたが、2年前からはだいたいこのような感じでしょうか。
現在の夢創館メニュー
途中でUDさんもやってきて、ライブの話しなどをしてました。

さ、そろそろスタジオへ向かう準備をしなきゃ。今日は来客、Appeの仲間。
そして我々も5名くらいと、合計12名は超えそうな予感です。
果たして入りきるのでしょうか・・・^_^;

| アーティスト | 17:40 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
ShockingblueBest
ワシの小学6年頃1970.2爆発的にヒットしたのがショッキングブルーの「ヴィーナス」だった。
これは演歌の長山洋子でもバナナラマ86.9でもスターズオンのショッキング・ビートルズ81.6でも有名だが、元祖の原曲である。

この曲は全米ヒットチャートNo1の曲で日本でも凄くヒットした。
同じ頃CCRの「雨を見たかい」もヒットしていて、サウンド的にロックとカントリーを組み合わせたものが多かった。
事実、ギターはテレキャスターをジャカジャカ弾いており、気持ちが良い。
ここに当時の貴重な映像と一部の音源があります。

当時は誰もがヴィーナスを口ずさんでおりましたが、ワシとしては物悲しいスパニッシュな香りのする曲「悲しき鉄道員」(Never Marry A Railroadman)がとても好きで、時々今でもギターのメロデイーを弾いています。

で、今日は午後から休日出勤だったのですが澄川のコーチャンフォーに寄ってCDやDVDを見てたときにこれが目に入りました。
ショッキングブルーBEST

このアルバムには通常のBESTにヴィーナスのダンスバージョンのリミックス版が2曲追加されているので520円高めの設定になってます。ですがこれも気持ちの良いビートです。
早速聴いてみましたが、当時のことを思い出すような懐かしさでいっぱいになりした。
うぅぅ〜ん、たまらんですばい。民族的な香り、シタールの音色。
しばらくは聴き込んでいたいなぁ〜。


仕事の帰りにはEvansさんとカフェ・キャトルフィーユに立ち寄り今日はブルベリーチーズケーキをチョイスしました。
ブルベリーチーズケーキ
ブルーベリーは特に好物でしっとりとしたチーズ味がたまらないです。
Appeさんと3時間も話しているとまた小腹が空いてきて^_^;もうひとつチーズケーキを上手そうにパクパク食べました。
それにつられてAppeさんも、ゆみぺ〜、俺も俺も〜と頼んでました。
Appe、給料から差し引きだよ〜〜。
| アーティスト | 22:36 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |